インターン面接の持ち物や服装は?当日までに準備すべきことを確認!

インターンの面接では、持ち物を指定される場合がほとんどです。

しかし、実はそれ以外にも持っていくと便利なものがあります。

今回の記事では、面接当日までに準備しておきたい持ち物や服装について紹介していきます。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

omochiでバイトを探してみる omochiでバイトを探してみる

 

インターン面接で基本の持ち物

インターン面接の基本的な持ち物

まず、インターンの面接に必要な、基本の持ち物を紹介します。

ES(エントリーシート)・履歴書

第一に必要となるのが、ESや履歴書です。

面接の日程を決めた時点で持ってくるよう言われていることも多いですが、これらの書類は必ず持参するようにしましょう。
応募フォームがES代わりとなっている場合や、必要ないと明示されている場合は、この限りではありません。

なお、封筒に入れて持っていくことがマナーです。
すぐ取り出せるよう、封はしなくても問題ありません。

面接会場への地図

意外と見落としがちなのが、面接会場へ向かうための地図です。
スマホでも地図アプリがあり、これを使う学生が大半でしょう。

しかし、万が一電池が切れてしまったり、電波が悪かったりすると役に立ちません。
事前に最寄駅からの地図を印刷しておくと、いざという時でも安心です。

筆記用具・スケジュール帳

面接中、メモをとる必要がある場合に備えて筆記用具を持っていくことは大事です。
インターン面接に限らず、アルバイト面接や、就職活動の面接においても、筆記用具は必ず持ち歩くようにしましょう。

また、長期インターンの面接の場合、その場で合格が出てそのまま出社日まで決めることもあります。

予定が確認できるよう、メモ代わりとしてもスケジュール帳を持っていくのが良いでしょう。

身分証明書(学生証)

学生証や運転免許証など、顔つきの身分証明書を持参するようにしましょう。

大手企業のインターンの場合、面接が本社ビルで行われることも少なくありません。
大手企業の本社が入っているようなビルだと、入り口で身元確認が行われている場合があります。
そうしたときに身分証明ができるよう、顔つき身分証明書を持っていくと、当日焦らずに済みます。

万が一持っていなかった場合、受付の人に事情を話すか、当日の面接担当者に連絡するようにしましょう。

印鑑

面接当日に合格が伝えられた場合に備えて、印鑑も持って行くのがおすすめです。

特に長期インターンの場合、その場で合格を告げられることがあります。

すると、そのまま契約書のような印鑑が必要となる重要書類を書くことも。
指示されていない場合に持っていると、『予想して動くことができている』と評価してもらうことにもつながります。

印鑑はいずれは必要になるものであり、面接用のカバンに入れっぱなしにしておくと忘れずに済むでしょう。

あると安心な持ち物

インターン面接にあったら安心なもの

ここからは『なくても良いけど、あると便利』という持ち物をいくつか紹介していきます。

これらもできるだけ準備しておくと、当日心強いでしょう。

A4サイズのクリアファイル・カバン

履歴書は、クリアファイルに入れておくことで折り曲がりにくくなります。
曲がったり、しわがついたりした履歴書を渡すのは恥ずかしいですよね。

綺麗な状態で渡せるよう、クリアファイルとファイルが入る大きさのカバンを準備しておきましょう。

また、面接の最中、資料を渡されることもあります。
ファイルがないと資料をそのままカバンに入れることになり、やや粗雑な印象を持たれてしまいます。

そうした場合にも、クリアファイルにさっと入れられると良いでしょう。

洋服のホコリ取り

洋服のホコリ取りは、あると身だしなみを整えるのに役立ちます。

インターンの面接の場合、リクルートスーツを着ていくことが多いでしょう。

しかし、意外と見逃してしまうのがスーツについた毛玉です。
ちょっとした毛玉でも、スーツについていると目立ってしまいます。

会場に入る前、ささっとホコリや毛玉を落とせるよう、ホコリ取りがあると便利です。

腕時計

腕時計をつけていくと、スマートな印象につながります。

直前の時間確認を、「スマホで大丈夫だろう」と考える学生は多くいます。
たしかにスマホで時間を確認することはできますが、受付や面接場所の近くで、スマホばかりをチェックするのを見られた場合、あまり印象が良くありません。

面接会場でも堂々と時間を確認できるよう、落ち着いたデザインの腕時計を用意しておくと便利でしょう。

予備のストッキング

女子にとって、油断ならないのがストッキングの伝線です。

ストッキングは伝線しやすく、破れたままだとだらしない印象となってしまいます。
もし面接の直前に伝線してしまい、替えを持っていないとなると、焦ってせっかく準備をしてきたものが発揮できないかもしれません。

そのため、女子は予備のストッキングを持っておくと安心できるでしょう。

伝線したまま面接に行く、なんてことはないようにするべきです。
もし自宅を出たときに持っていなくても、コンビニや薬局で購入することができます。

そのため、時間があるときに買っておくと、伝線の心配せずに済むでしょう。

手鏡・整髪料・くし

身だしなみを整えるグッズも、面接の前に準備しておきましょう。

面接会場に入る前、お手洗いに寄って身だしなみを整えるのは大事なことです。
面接では、清潔感も重視されています。

整髪料やくしを持っておけば、強風や大雨などで髪型が乱れたときも、簡単に手直しすることができます。

また、お手洗いに寄る時間がなくても、エレベーターや駅からのちょっとした移動時間など、手鏡を持っておけば身だしなみを確認することができます。

身だしなみを確認して、面接会場に向かいましょう。

就活ノート

就職活動を始める学生の多くが『就活ノート』という自作のノートを持っています。

ノートの使い方は人それぞれですが『自己分析』『他己分析』『企業研究』『業界研究』『インターン情報』といった内容をまとめることが多いようです。
そんな様々な内容を書き留めた就活ノートは、努力の結晶とも言えるでしょう。

面接前の復習として読んでおくと、不安を和らげることにもつながります。

面接の服装は?

インターン面接の服装

気になるのが、インターン面接での服装です。

どんなものを着て行ったら良いか、悩んでしまう方も多いでしょう。

『服装自由』とされている場合、黒・紺・グレーなどのリクルートスーツが無難です。

また、冬だとコートを着る場合もあるでしょう。スーツの上に着るコートは、ベージュや黒など、落ち着いた色を選ぶようにします。
なお、コートは建物の外で脱いでから建物内に入るというのがマナーです。

反対に、夏でジャケットを羽織っているのが暑いということもあります。

特にサマーインターンの面接など、暑い中スーツを着用するのはかなり大変です。
その場合は、建物に入る直前でジャケットを羽織るようにしましょう。

また、建物に入ってから襟が曲がっていないか、しっかり確認することも忘れないでください。

私服の場合はオフィスカジュアルを意識

中には「私服で来てください」という指示を受けることもあります。

私服の場合は、会社に出勤するときの服装をイメージすると考えやすいでしょう。

トップスであれば『襟付きで淡い色のシャツ・ブラウス・カットソー』がおすすめです。
また『テーラードジャケット』を羽織るとよりフォーマルな印象となります。

ボトムスは『チノパン・スラックス・膝丈のスカート』を履くようにしましょう。

靴は『革靴(ローファー)や、パンプス』がおすすめです。

髪型やメイクは清潔感があるもので

髪型は、男女どちらとも黒髪であるのが無難です。
染めるとしても暗めの茶髪で、就活を意識した髪色にしていきましょう。

どちらにせよ、インターン中は暗い髪色が求められることがほとんどです。

男子は特に整髪料で髪を整えて、おでこを見せると堂々とした印象となるでしょう。

女子で髪が長い場合、ヘアゴムでまとめるとすっきりした印象になります。
前髪は目にかからないように、横に流すか、おでこを上げるのがおすすめです。

また、女子の場合は派手なメイクはしないようにし、ナチュラルメイクに留めておきます。
リップやアイシャドウ、チークの色は控えめにして、まつ毛エクステ、カラーコンタクトは控えるようにしましょう。

全くメイクをしないで行くのもNGです。

普段ノーメイクという方でも、最低限の眉毛メイクやベースメイクはしていくようにしましょう。

しっかり準備をして面接に臨もう

今回の記事では、インターンの面接における持ち物や服装について紹介してきました。

意外と見落としていたポイントも多かったのではないでしょうか。

準備万端にしておけば、自信を持って面接に挑むことができます。

記事の内容を参考に、事前の準備を整えて面接に臨みましょう。

omochiでバイトを探してみる omochiでバイトを探してみる