【2021年版】インターンを探すならアプリで!おすすめ9選をご紹介

スマホで手軽かつ効率よく探せるということで、多くの学生がアプリからインターンの募集を探しています。

しかし、一口にアプリと言ってもその種類は様々です。

それゆえ、「どれを選んでいいかわからない・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回の記事では おすすめのアプリとその特徴 を紹介したいと思います。今後のアプリ選びの参考にお役立てください。

自分の性格に合ったバイトを探したい方はこちらから診断できます。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了) omochiでバイトを探してみる omochiでバイトを探してみる

インターン探しにアプリがおすすめな理由

インターン アプリ 探し方

まずはじめに、『 なぜインターンを探すのにアプリが良いのか 』、説明したいと思います。

条件に合ったものを検索できる

アプリ最大のメリットは、『 条件をつけて検索できる 』ということです。
複数の条件を掛け合わせて検索することができるため、自分に合ったインターンを見つけることができます。

こだわりが多い場合、条件をひとつひとつ確認しながら調べるのは大変ですよね。
アプリであれば、大量のインターン募集の中から、効率よく自分にマッチするものを見つけられるのです。

一度プロフィールを登録すると再入力しなくて済む

 プロフィールを再入力する手間が省ける 、というのもアプリのメリットです。


氏名や住所、大学名など、自分のプロフィールをいちいち手打ちするのは意外と面倒でしょう。

 

 アプリであれば一度登録するとその情報を残せる ため、手打ちする必要がないという利点があります。

インターン探しでおすすめのアプリ9選!

インターン 探し方 おすすめ アプリ

ここからは、厳選したおすすめアプリをその特徴とともに紹介していきます。

アプリごとに特徴が異なるため、ぜひ自分に合ったアプリを見つけてみてください。

インターンから就活までサポート【 マイナビ2022 

マイナビのアプリには、インターン募集のみならず、就職活動に必要な情報をトータルでサポートしているという強みがあります。
インターンを探す上でも、業界研究や自己分析は必要となってきますよね。

マイナビアプリでは、86業界について知識を学べる『業界地図』や自分の適性をチェックする『適性診断MATCH plus』など、様々な機能が充実しています。

インターンを探す上で 必要な準備も全てこのアプリから できてしまうのが、マイナビアプリのメリットでしょう。
アプリ上から企業のインターンや合同説明会の予約もでき、誰でも使いやすいアプリとなっています。

インターン募集の企業数No.1!【 リクナビ2022 

インターンの応募可能企業数が6年連続1位(2020年6月時点・主要な就職準備サイトとの比較)という実績を誇るリクナビ。
その企業数の多さから、「どんなインターンを探せばいいか、いまいちわからない・・・」という方でも、リクナビのアプリを入れておけば安心と言えるでしょう。

また、リクナビアプリには、シンプルな質問に答えるだけで自分に向いている仕事がわかる『リクナビ診断』の機能もあります。

どんなインターンに参加しようか悩んでいる方も、この診断機能を試し、インターン選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

ベンチャーから大手まで網羅【 Wantedly Intern  インターン ・就活アプリ】

Wantedly Internの強みは、なんといっても『登録企業の幅広さ』です。ヤフーやリクルートといった大手の企業から、サイバーエージェントやメルカリのような勢いのあるベンチャー企業まで、あらゆる規模の企業を網羅しています。

また、インターン先で働く先輩のインタビューも掲載されており、生の声が聴けるというのもこのアプリのメリットでしょう。
他にもFacebookと連携していることで、面倒なプロフィール登録を省けるという便利さがあります。

エン・ジャパンが運営するアプリ【 キャリアバイト 

キャリアバイトは、大手求人メディアであるエン・ジャパンが運営しているアプリです。

長期インターンの募集に特化』しており、希望業界からシフト条件、時給など、あらゆる条件でインターンを探すことができます。

また、企業でインターンをするリアルな学生のストーリーもインタビューとして載せているのが特徴です。

そのため、「長期インターンに参加してみたいけど不安・・・」という方でもインタビューを見れば、インターンのイメージが膨らみやすくなるでしょう。

長期インターンに採用されると奨学金がもらえる【 Infra 

Infraは、実践型の長期インターンのみに絞られたアプリで、なんといっても最大の特徴は『奨学金がもらえる』ということです。

インターン採用後、体験記を提出することで奨学金が支給される仕組みとなっています。

奨学金がもらえるということであれば、よりインターン探しのモチベーションも上がりますよね。

また、応募後の企業とのやり取りもアプリ内のチャットで行うことができ、使い勝手の良いアプリと言えるでしょう。

ベネッセが運営!オファーが届く【 dodaキャンパス 

dodaキャンパスは、ベネッセが運営する就活アプリです。そのため、就職活動に役立つ機能が豊富となっています。

中でも特徴的なのが『キャリアノート』。ここに過去の経験や自己PRを書くことで、インターンや選考のオファーが企業から届く仕組みです。自分からアクションせずとも、企業側からのオファーが届くのは嬉しい機能ですよね。

また、就職活動を目前に控えた大学3年生だけでなく、大学1・2年生でも参加できるイベントや機能が盛りだくさんとなっています。学年を問わず入れておきたいアプリと言えるでしょう。

穴場の優良企業に出会える【 あさがくナビ2022 

 中堅・中小企業のインターン募集に強い 』というのが、あさがくナビ最大の特徴です。

大手企業のインターンは毎年話題にもなり、人気が殺到しているでしょう。そのスキマに隠れた優良企業に出会えるというのが、このアプリのメリットです。

中には、あさがくナビでしか見つけることのできないインターン募集も

また、朝日新聞と学情が提供する『就活ニュースペーパー』も、アプリ内で人気のコンテンツです。就職活動への情報収集がしたい、という方にもおすすめでしょう。

審査に通った厳選企業のみからスカウトが来る【 iroots 

irootsは、『独自の審査基準』を設けています。倍率にして10%という、 非常に狭き門をくぐり抜けた優良企業 に絞って掲載しているのがirootsの特徴です。

なお、優良企業と聞くと、「大手企業しかないのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。もちろん業界トップの大手企業もありますが、それだけでなく、最先端を走るスタートアップ企業も登録しています。

幅広い規模で優良企業を探せる、というのがirootsのメリットでしょう。

また、スカウト機能や性格・価値観診断によるリコメンド機能もあり、機能性に優れたアプリとも言えます。

約10万件の口コミから探せる【 ワンキャリア  就活対策アプリ】

ワンキャリアのアプリでは、短期のインターンから長期インターンまで、6,000社にも及ぶトップ企業を掲載しています。

その特徴は、約10万件という『圧倒的な数の口コミ』です。インターンに参加した先輩の点数と感想を知ることができ、企業のホームページからはわからないような生の声が聞けるのです。

インターンの評判もしっかり調べてから参加するものを決めたい、という方にはぴったりのアプリでしょう。

アプリで効率よくインターン先を探そう

インターン 探し方 アプリ おすすめ

今回の記事では、インターン探しにおいておすすめしたいアプリを紹介してきました。

ぜひアプリを活用して、行きたいと思えるインターン先を見つけてみてください。

自分の性格に合ったバイトを探したい方はこちらから探せます。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了) omochiでバイトを探してみる omochiでバイトを探してみる