カフェバイトの評判って?きつい?仕事内容やメリット・デメリットをご紹介

学生の間で、人気が高いカフェバイト。
手際よくドリンクを作る姿に憧れを持ったり、おしゃれな空間が好きだったりという理由から、働きたいという方が多いのではないでしょうか。
カフェといってもチェーン店から個人経営のお店まで、その種類は様々です。
今回の記事では、カフェの仕事内容や時給はどうなのか、メリットやデメリットは何があるか、多くの方が気になるポイントを紹介していきます。
バイト選びに悩んでいるという方は、ぜひ記事の内容を参考にお役立てください。

目次

  • 仕事内容
    1. レジ・ホール
    2. キッチン仕事
  • 時給はどれくらい?
  • メリット
    1. おしゃれな空間で働ける
    2. コミュニケーション能力がつく
    3. コーヒーや紅茶に詳しくなる
  • デメリット
    1. 覚える内容が多い
    2. 人の入りが多い店だと忙しい
    3. 人気のチェーン店は倍率が高い
  • 気になるポイント
    1. チェーン店と個人経営店ならどっちがいい?
    2. カフェバイトはきつい?
    3. 男女比はどれくらい?
  • カフェバイトはこんな人におすすめ

仕事内容

まず、カフェの基本的な仕事内容から確認しましょう。
カフェの仕事は、大きく『レジやホールの表に立つ仕事』『キッチンの裏方仕事』に分けられます。

レジ・ホール

カフェバイトで多く募集されるのが、レジやホールの仕事でしょう。
レジとホールは兼任とするところが多く、セルフ形式であれば、接客はレジだけで完結します。
フルサービス形式であれば、レストランのように、お客さんを案内したあと注文を取りに行くという業務もあるでしょう。

レジ打ち

セルフ形式の場合、お客さんの注文を聞いてレジ打ちをします。
一般的なレジと異なり、『豆乳に変更』『ホイップ抜き』『チョコソース追加』といったオプションに対応しなければならないのが、カフェバイトの特徴と言えるでしょう。

ドリンクを作る・フードを出す

お客さんのオーダーに合わせて、ドリンクを作っていきます。なお、オプションや追加トッピングがある場合、忘れず対応しなければいけません。
材料や分量はもちろん、混ぜるスピードや、ソースやトッピングの使い方を覚えて、手際よく作る必要があります。
このドリンク作りが遅れてしまうと、お客さんを待たせてしまうため、スピードを意識するのがポイントです。
また、店舗によってはラテアートを提供することもあるようで、これはかなりの修行が必要でしょう。

フードの注文がある場合、ショーケースに入っているケーキ・お菓子を出したり、キッチンで作られたものを運んだりします。

清掃作業

衛生面を考えて、お客さんが帰った後のテーブルを適宜拭いたり、トイレの掃除をしたりします。
また、下げ場に下げられた食器やマグカップを洗ったり、ゴミをまとめるといった作業も接客の合間に行わなければいけません。

キッチン仕事

カフェで出すご飯としては、パスタやオムライス、ドリアなどがあります。こうしたメニューを提供している場合、レジスタッフとは別に、キッチンスタッフが必要となります。

オーダーに合わせて料理を作る

ホールが受けたオーダーをもとに、レシピに沿って調理します。
料理ができないという方でも、最初は材料の下ごしらえといった簡単な作業から始まるため、安心してください。
徐々に焼く、煮る、炒めるといった難易度の高い作業が任せられるでしょう。

洗い物・締め作業

食器や使い終わった調理器具が溜まらないよう、合間をぬって洗い物をしなければいけません。
また、ラストオーダー後は締め作業も行います。
締め作業では調理場の片付けや、在庫を見て食材の発注をします。

時給はどれくらい?

カフェバイトの場合、時給は『950円〜1,100円』が相場となっています。一般的なバイトの平均時給とあまり差はないでしょう。
なお、『バイトに役立つ資格を取得した場合は昇給』といった仕組みをとる店舗も中にはあります。
資格の具体例として、

  • コーヒーインストラクター検定
  • JBAバリスタライセンス
  • UCCコーヒープロフェッショナル
  • カフェプランナー

などが挙げられます。どれもコーヒーに関する知識や、カフェにおける接客技術を問われるもので、カフェのバイトに役立つものばかりです。

メリット

カフェでのバイトには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。
大きく3つのメリットが挙げられるため、順番に確認していきましょう。

おしゃれな空間で働ける

カフェや喫茶店は、全体的に落ち着いておしゃれな雰囲気です。
『アンティーク家具』『ヨーロッパ風』『アメリカ風』など、内装にこだわっている店舗も多く、そうした空間で働くのは気分が上がるでしょう。

コミュニケーション能力がつく

カフェでは、一日に何十人というお客さんと接します。
人と話す機会が多いため、自然とコミュニケーション能力を身に付けられるのが、カフェで働く大きなメリットでしょう。
中には、「このドリンク美味しいですよね」「お仕事帰りですか?お疲れ様です」と積極的に話しかけて、お店のファンを増やすというツワモノも。
実際に、自分の接客でお店や自分のファンが増えると嬉しいものです。そうした経験を就職活動で自己PRとして話す、といった先輩も多いでしょう。

また、トッピング追加やオプション変更といったオーダーも少なくありません。そのため、臨機応変に対応する力も鍛えられます。

コーヒーや紅茶に詳しくなる

コーヒー・紅茶の知識や淹れ方が身につくのも、カフェバイトならではです。
今までインスタントのコーヒーばかり飲んでいたものの、バイトで一から教えてもらうことで、コーヒーが趣味になったという方も多くいます。
バイトがきっかけで趣味が増える、というのも素敵なことですよね。

デメリット

カフェで働くには、いくつかデメリットもあることを押さえておきましょう。
下記で、具体的な3つのデメリットを紹介していきます。

覚える内容が多い

カフェバイトは、多くの内容を覚えなければいけないのが特徴です。

  • ドリンクやフードの名前
  • ドリンクの作り方
  • トッピングやオプション変更の種類
  • 季節ごとの特別メニュー
  • レジの操作

ざっと挙げただけでも、これだけのことを覚えなければいけません。
特にドリンクのオプションやトッピングについて『この場合は対応できる』『この場合は対応できない』といった判断が最初のうちは難しいでしょう。
なかなか働く時間だけでは覚えきれないため、前後の移動時間や家で勉強するという人も多いようです。

人の入りが多い店だと忙しい

駅ナカや都心、オフィス街など、来客数が多い店舗はとにかく忙しいというのも、デメリットのひとつです。
常にレジにお客さんが並んでいる、なんてことも少なくありません。
臨機応変かつスピーディーな対応が求められる、というのはカフェバイトの大変なところです。

人気のチェーン店は倍率が高い

大手チェーンの場合、応募数が多いため、倍率が高い傾向にあります。
中でも、スターバックスコーヒーの倍率は2桁を超えるとも言われるようです。こんなにも高倍率だと、就職活動よりも大変かもしれません。
それほど、カフェバイトに憧れを持つ人は多いと言えるでしょう。
また、倍率が高いぶん選考基準も厳しく、コミュニケーション能力や身だしなみについて厳しく評価されます。
大手チェーンのカフェを目指すのであれば、人通りがそれほど多くない穴場の駅だと、まだ倍率は低いでしょう。

気になるポイント

ここからは、カフェのバイトについて、多くの方が気になる疑問点にお答えしていきます。

チェーン店と個人経営店ならどっちがいい?

チェーン店の特徴は以下の通りです。

  • 店に来る客数が多い
  • マニュアルが整備されている

対して、個人経営店の特徴はこのようなものがあります。

  • 常連客が大半を占めることが多く、あまり忙しくはない
  • 雰囲気がゆるく、ゆったり働ける

それぞれの特徴を踏まえると、『忙しい環境でテキパキ仕事をこなしたい』という方はチェーン店、『和やかに働きたい』という方は個人経営店が向いているでしょう。

カフェバイトはきつい?

バイトの中では作業量や覚える量が多いため、きつい方かもしれません。
しかし、忙しいバイトをこなすことで自身の対応力やコミュニケーション能力を高めることができます。そうしたスキルは、他のバイトや社会人になったときの仕事にも生かせるでしょう。
自分を成長させたいのであれば、カフェバイトはおすすめの環境です。

男女比はどれくらい?

一般的なチェーン店の場合、男女比は半々であることが多いでしょう。
それに対し、個人経営の喫茶店や、ブランドやキャラクターとコラボした可愛らしいカフェの場合、女子の割合が高めのようです。

カフェバイトはこんな人におすすめ

今回は、カフェバイトについて詳しく紹介してきました。いかがでしたか?
記事の内容を踏まえて、以下の方にカフェバイトはおすすめと言えるでしょう。

  • おしゃれ・落ち着いた場所で働きたい
  • コーヒーや紅茶が好き
  • 細かい作業を手際よく行うのが好き

記事を読んでカフェに興味を持った方は、ぜひバイトとして働くことも検討してみてください。