遊園地バイトの特徴は?仕事内容やメリットを詳しくご紹介!

遊園地といえば、夢が詰まった楽しい場所。そんな夢がある空間に憧れて、バイトをしてみたいと考える方もいるかもしれません。

今回の記事では、遊園地でのバイトにおける仕事内容や時給、メリット、デメリットといった特徴を詳しく紹介していきます。
遊園地でのバイトに興味がある方や、これから新たなバイトを探そうと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

目次

仕事内容

まずは、遊園地におけるバイトの仕事内容です。
具体的に、以下のような業務が挙げられるでしょう。

  • 受付
  • アトラクションスタッフ
  • 着ぐるみでの接客
  • 販売
  • レストラン内の配膳・調理
  • 清掃

それぞれの詳しい内容について、以下で説明していきます。

受付

  • 入場受付
  • チケット販売
  • 落し物の対応
  • 迷子の対応

遊びに来たお客さんが一番はじめに通る場所で、遊園地の顔とも言える役割です。一日楽しく過ごしてもらえるよう、笑顔で対応しなければいけません。主に女性に任されるポジションでもあります。

アトラクションの誘導・案内

  • 列の誘導や案内
  • 整理券の配布
  • チケットの確認
  • アトラクションの内容や注意事項のアナウンス
  • 出発前の安全点検

各アトラクションにて、お客さんの対応や機会操作などを行う仕事です。

安全バーの固定やシートベルトのチェックなど、出発前の安全点検は特に重要な業務。安全点検を適当にしていると重大事故に繋がる恐れがあるため、必ず責任持って行わなければいけません。

また、ジェットコースターやコーヒーカップなどに乗った後、気分が悪くなりその場で吐いてしまうお客さんも中にはいます。そのような場合も笑顔で速やかな対応を行う必要があり、精神力が試される仕事とも言えるでしょう。

着ぐるみでの接客

マスコットキャラクターの着ぐるみを着用し、園内を歩き回ってお客さんとコミュニケーションを取る仕事です。

特に子供達からの人気が根強く、一緒に写真を撮ったり触れ合ったりして、人気者の気分を味わえるのが、着ぐるみの楽しいところでしょう。キャラクターになりきるのがポイントです。

なお、夏場は暑いため水分補給が必須。熱中症で倒れることがないように、体調管理を徹底しなければいけません。

販売

園内のショップで、お土産や飲食物の販売を行う仕事です。

一般的な販売店のように、レジ業務や品出し、陳列などを行います。大規模な遊園地でない限りは販売している商品の数が少なく、初心者でもスムーズに仕事を覚えられるでしょう。

レストラン内の配膳・調理

園内のレストランで、配膳・調理業務を行います。こちらも一般的なレストランと仕事内容はほぼ変わらず、お客さんから注文を聞いてキッチンにオーダーを飛ばし、出てきた料理を運ぶという仕事がメイン。

また、中にはレジでオーダーし、カウンターで料理を受け取って席へ運ぶセルフスタイルのレストランもあるようです。

清掃

その日のスタッフでポジションを分担し、園内の清掃作業を行います。お客さんが気持ちよく過ごせるよう、園内の衛生を保つ大事な仕事と言えるでしょう。
基本的に接客を行うことはないため、コミュニケーションが苦手という方でも無理なくこなせます。

また、大規模な遊園地の場合、清掃スタッフが掃除用具を使いながらパフォーマンスを披露することも。
最初は一般的な清掃作業から始めるものの、訓練を重ねたスタッフは、パフォーマーとしてお客さんを楽しませる役割も持つようになります。

時給

地域によって異なるものの、遊園地におけるバイトの平均時給は『1,000〜1,400円』となっています。一般的なバイトの時給と比べ、やや高めの時給と言えるでしょう。
22時以降の勤務であれば、深夜手当として時給が25%上がるため、より稼ぎやすくなります。

なお、看護師の資格や救護関連の資格を持っていると時給を高くしてもらえることもあるようです。

メリット

ここからは、遊園地のバイトにおけるメリットを紹介していきます。

楽しい空間で働ける

一番のメリットは、遊園地の楽しい空間で働けるということでしょう。

お客さんは、誰もがワクワクした気持ちで遊園地に訪れます。
ショーやアトラクションなどで楽しんでいる様子をそばで感じられ、充実感を持って働くことができるでしょう。

遊園地の裏側を知ることができる

遊園地の裏側を知れるというのも、遊園地で働くバイトならではのメリットです。
誰しもが一度は、遊園地の裏側が気になったという経験があるでしょう。遊園地のスタッフとして働くことで、アトラクションやショーを運営するためにはどのような工程があり、どのような人たちが関わっているのかがわかります。

運営の裏側がわかると同時に、数多くの支えによって夢の空間が実現しているのだと実感するでしょう。遊園地で働いてみないとわからない部分を見られるのは、貴重な体験です。

休みの日は社割価格で利用できる

施設にもよりますが、バイトでも社員割引が利用できることが多いようです。
入場価格が安くなったり、施設内のレストランや販売店を安く利用できたりと、嬉しいメリットばかり。友人や家族を誘って一緒に楽しむことができます。

デメリット

上記では、遊園地のバイトにおけるメリットを紹介してきました。しかしながら、デメリットもいくつか存在しています。

どのようなものが挙げられるか、以下で確認していきましょう。

繁忙期は大変

GWや長期休暇、クリスマスなどの時期は遊園地の繁忙期となります。
普段以上にお客さんが来るため、どのポジションのスタッフもてんてこ舞いとなるでしょう。
業務が忙しくなる上、シフトにも多く出なければならないため大変です。

気候の影響を受けやすい

特に、アトラクションスタッフや着ぐるみスタッフ、清掃スタッフは屋外にいることが多い仕事です。
そのため気候の影響を受けやすく、暑さや寒さへの対策が必須となるでしょう。

夏場は水分補給を欠かさず行い、冬場はカイロを持ち歩くなどして対策しなければいけません。また、日焼け止めを塗ることも忘れないようにする必要があります。

体力負担が大きい

遊園地のバイトは基本的に立ち仕事で、一日中園内を歩き回ることも少なくありません。そのため、とにかく疲れるというのがデメリットでしょう。

最初のうちは、バイト終わりは疲れて何もできないことがほとんど。そのため、バイトの後に予定を入れるのは避けたほうが良いでしょう。
バイトがあった日はゆっくり湯船に浸かったり足をマッサージするなどして、身体を労わるのが大切です。

気になるポイント

最後に、遊園地のバイトにおいて、多くの方が気になるポイントにお答えしていきます。

髪色やネイルは自由?

遊園地のバイトは、一般的な接客業以上に身だしなみには厳しいとされています。お客さんの目からどのように映るか、ということを意識して身だしなみを整える必要があるでしょう。

髪色は基本的に黒髪で、茶髪が認められる場合も明るいトーンはNG。また、ネイルは禁止とする場合がほとんどのため気をつけてください。

シフトの日数や時間はどれくらい?

シフトは基本的に『7〜8時間』と、長時間になる場合がほとんどです。ただ、雨や台風など、天候が悪い時はお客さんの数も少ないため、早上がりとなることがあります。

日数は『週1〜2』からでも可能なものの、土日のどちらか片方は必ず出勤しなければならないことが多いでしょう。特に、平日は授業やサークルで忙しくバイトに出られない場合、バイトは土日が中心となります。

そのため、休日は友達と遊んだり、自分の時間を過ごしたりしたいという方にはあまり向いていないバイトかもしれません。

出会いはある?

意外なことに、遊園地のバイトは『出会いが多いバイト』とされています。
遊園地で働くバイトはコミュニケーションが得意な人が多いため、すぐに打ち解けてバイト同士仲良くなりやすい傾向に。
特にシフトが被りやすいバイト同士だと、より距離が縮まりやすいでしょう。
また、同世代が多いこともあり、バイト内恋愛に発展する可能性は大いにあると言えます。

こんな方に遊園地でのバイトがおすすめ

いかがでしたか?
記事の内容を踏まえて、以下のような方におすすめのバイトと言えるでしょう。

  • コミュニケーションを取るのが得意
  • 接客スキルを身に付けたい
  • 遊園地の空間が好き

お客さんが一日を楽しく過ごせるかどうかは、遊園地で働くスタッフにかかっています。立ち仕事で大変だと感じることも多いですが、笑顔で楽しむお客さんを見ると、大きなやりがいを得られるでしょう。

バイトとして遊園地を支える一員となり、お客さんの思い出作りをサポートしてみませんか。