初めての引越しバイトはきつい?時給は?気になるポイントをご紹介

春になると増えるのが、引っ越しです。
引っ越しが増えるにつれて、引っ越しバイトの求人を目にすることも多くなるのではないでしょうか。
引っ越しバイトというと、大変できつい、というイメージを持つ方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、きついだけではないのが引っ越しバイト。メリットがちゃんとあることを知っていただければ、そのイメージも変わるのではないでしょうか。
今回の記事では、引っ越しバイトの仕事内容や給料、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

目次

  • 仕事内容
    1. 荷物を運ぶ
    2. 梱包・荷ほどき・家具の解体・組み立て
  • 時給はどのくらい?
  • メリット
    1. やりがいが大きい
    2. 重いものを運ぶコツが身につく
    3. 体が鍛えられる
  • デメリット
    1. 体力を使う
    2. 社員や先輩に怒られることがある
    3. スケジュールがきつい
  • 気になるポイント
    1. スムーズに荷物を持つコツは?
    2. 女性でも働ける?
    3. バイト先の選び方は?
  • こんな人に向いている

仕事内容

まず、引っ越しバイトの仕事内容についてです。仕事内容として、メインとなるのは荷物の運搬作業です。引っ越しバイトと聞いて、最初に思い浮かべるのはこの作業でしょう。しかし、それ以外の引っ越し作業に付随する小さな作業も、引っ越しバイトの仕事となります。
それぞれ具体的にどういった内容か、確認していきましょう。

荷物を運ぶ

引っ越しにおける基本的な作業で、ダンボールや家具・家電を家からトラックへ、トラックから家に運びます。
その姿を想像すると分かるかもしれませんが、これがものすごく大変です。
エレベーターがある家ならまだしも、一軒家やエレベーターなしの場合、重たい荷物を運ぶのはかなりきついでしょう。
また、うっかり落としてしまうと大変なことに。場合によっては損害賠償を求められることになってしまいます。
大事な荷物を傷つけないよう、力仕事でありながら、慎重さも求められるのが引っ越しバイトの大変なところです。

梱包・荷ほどき・家具の解体・組み立て

引っ越しというと、とにかく荷物を運ぶというイメージが強いでしょう。
しかし、オプションサービスで用意されている梱包や荷ほどき、家具の解体・組み立てといった、細々とした作業を行うこともあります。
家具の難しい組み立て・解体は、経験豊富な社員が担当する場合がほとんどでしょう。一方で、比較的カンタンな梱包や荷ほどきは、依頼主の指示に従いながらバイトも行うことが多いです。

時給はどれくらい?

時給の相場は、通常期で『950円〜1,200円』、3〜4月や9〜10月などの繁忙期はもう少し高くなり、『1,100円〜1,600円』ほどです。忙しくてもたくさん稼ぎたい、という方は繁忙期でシフトに入ることをおすすめします。
また、多くの場合、移動時間も労働時間に含まれます。特に作業していないにもかかわらず、時給が発生するというのは嬉しいポイントでしょう。

なお、繁忙期はまとまった時間に入ってほしいからと、日給制をとるところも多いようです。
日給制の場合、8時間で『9,000円〜14,000円』が相場となっています。

メリット

ここからは、引っ越しバイトのメリットについて紹介していきます。
一体どのようなものがあるか、順番に確認していきましょう。

やりがいが大きい

引っ越しバイトは力仕事で大変なぶん、直接お客さんに「ありがとう」と感謝を言われる機会が多いものです。
どれだけ疲れていても、お礼を言われるのは嬉しく、やりがいが感じられるでしょう。中には、頑張ってくれたからと、お菓子やジュースを差し入れしてくれるお客さんもいます。
また、多くの荷物を運び終わった後は達成感も大きいです。作業中は大変でも、終わってからすっきりした気持ちになれるのは嬉しいですね。

重いものを運ぶコツが身につく

バイトを続けるうちに、最初は必死に運んでいたような重量のある荷物でも、だんだん運びやすいコツが掴めてきます。
コツがわかると、もちろんバイトで生かせるだけでなく、自宅の引っ越し作業や模様替えでも生かすことができるでしょう。
自分が引っ越しをするときに、運搬作業に加わることで業者の人数を減らし、引っ越し費用を安く済ませられる、といったメリットもあります。

体が鍛えられる

重いものを運んだり階段を何往復もしたりで、体が鍛えられるのは引っ越しバイトならではです。
終わったあとは全身筋肉痛になるくらいですから、何日も続けていればかなり筋肉がつくでしょう。
運動不足な方にはいい筋トレやダイエット代わりとなり、運動不足が解消できるというメリットがあります。ジムに行かずとも、バイトを通して体を鍛えられるのは嬉しいポイントですね。

デメリット

上記ではメリットについて紹介してきましたが、引っ越しバイトにはデメリットもいくつか挙げられます。

体力を使う

とにかく重たいものを運ぶため、体力勝負という面はあるでしょう。慣れないうちは、バイトが終わった次の日に全身筋肉痛なんてことも珍しくありません。
特に真夏・真冬の引っ越しや、階段がない集合住宅という環境だと、かなり過酷な作業になることが考えられます。
油断していると、怪我を負ってしまうリスクも。大きい荷物を複数人で運んでいた場合、自分だけでなく他の人を巻き込みかねないため、注意が必要です。

社員や先輩に怒られることがある

引っ越し会社で働く方々は、基本的に体育会系の人が多い傾向だと言われています。体育会系とは、運動部に所属していた方はイメージがつきやすいかもしれませんが、よく言えばノリが良く、悪く言うと厳しく当たりが強い方達です。
運ぶのが遅かったり、もたもたしていたりすると、依頼主の前だろうと大声で怒られることも少なくありません。ただでさえ作業が大変な中、怒鳴り散らされるのはきついですよね。
怒られることに慣れていないと、身体疲労だけでなく、精神面におけるダメージも大きいでしょう。

スケジュールがきつい

引っ越しバイトの一日は、何件か引っ越し作業をこなす場合がほとんどです。
特に繁忙期は忙しく、移動の間しか休憩をとれないなんてこともあるでしょう。
午前から遅い時間まで予定がぎっしり、なんてことは珍しくありません。
そのため、シフトを組むときは自分の体力も考慮してシフトを組むようにするのが賢明です。慣れないうちは、丸一日シフトに入らない方が無難でしょう。

気になるポイント

最後に、引っ越しバイトにおいて多くの方が疑問に思う点について、お答えしていきたいと思います。

スムーズに荷物を持つコツは?

荷物を持ち上げるときは、腕の力だけで持とうとするのはNGです。

  • 少し腰を落とす
  • 目線は荷物ではなく前に向ける
  • 荷物を体から離さず密着させる

これらのポイントを意識すると、荷物を持ち上げる時に全身に力を分散させられるため、持ち上げやすくなります。
また、運ぶときも体に密着させ、ダンボールの角を指でしっかり掴むようにすると、腕の負担を減らせるでしょう。
いくつかダンボールを運ぶときは、『下側に重いもの、上に軽いもの』とすると重心が安定しやすくおすすめです。

女性でも働ける?

はい、働けます。意外に思われるかもしれませんが、女性でも引っ越しバイトをする方は多くいるようです。
運搬作業では、比較的軽めの荷物を担当させてもらえるため、荷物を運べるか不安な方も安心してください。
また、梱包や荷ほどきのような細かい作業は、女性の方が得意ということも。テキパキ効率よく作業を進めるため、女性が重宝される現場も少なくないようです。
ただ、全く体力がないという方にはあまり向いていないかもしれません。スポーツの経験があったり、休日は積極的に外出したりする方には向いていると言えるでしょう。

バイト先の選び方は?

引っ越し業界は、交通費がついていないことが多いです。
そのため、『交通費支給』とするバイト先は貴重でしょう。そうした求人を見つけた場合、積極的に応募してみるのがおすすめです。
特にシフトに入る日数が多いほど、交通費があるとないとで、かなりの違いがあるでしょう。

また、残業が多いのも引っ越しバイトの特徴です。
そのため、『残業代が出る』というのもバイト先を選ぶポイントとなるでしょう。
中には、少しの残業代はサービス残業とするブラックな会社もあります。
残業手当がきちんと出るか、事前に口コミや求人情報ページを確認し、残業代いついて明記されているところを選ぶようにしましょう。

こんな人に向いている

今回の記事では、引っ越しバイトがどのようなものか、詳しく紹介してきました。いかがでしたか?
記事の内容を踏まえて、以下のような方に引っ越しバイトはおすすめと言えます。

  • 体力・メンタルともに鍛えられている方
  • 運動部出身の方
  • 体を鍛えたいが、あまりお金は使いたくない方

きつい部分が多い、ということは間違いありません。しかし、そのぶん感じられるやりがいも大きいでしょう。
もし続けられるか不安だという方は、短期・単発から始めるという手段もあります。
厳しい環境で自分を鍛えたいという方は、ぜひ引っ越しバイトに挑戦してみてください。