ゲームセンターのバイトは楽?きつい?仕事内容や時給を解説

UFOキャッチャーやプリクラ、シューティングゲームなど、様々な種類のゲーム機があるゲームセンター。好きが高じて、ゲームセンターでバイトしてみたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、ゲームセンターのバイトにおける仕事内容や時給について詳しく解説していきます。『楽』と感じるメリットや、『きつい』と感じるデメリットも紹介していきますので、ゲームセンターのバイトに興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

仕事内容

まずは仕事内容です。ゲームセンターのバイトでは、主にこのような業務を行います。

  • 接客
  • 機械業務
  • 清掃
  • その他の店内業務

仕事内容は様々なものがあり、最初は覚えるのが大変かもしれませんが、わからないことがあればインカムで他のスタッフに聞けるため安心してください。

業務ごとの詳しい内容について、以下で紹介していきます。

接客

  • 店内巡回
  • トラブルがあったときの対応
  • 機械の説明
  • 忘れ物の確認

店内を巡回して、コイン詰まりやエラーなど、機械トラブルが起きていたときに対応します。なかなかUFOキャッチャーで景品が取れないというお客さんがいれば、アドバイスを行ったり、景品を取りやすい位置に移動させることも。店内は大音量の音楽が流れていることが多く、お客さんと会話するときは大きな声で話すのがポイントです。

なお、店員が巡回することで、機械破損や客同士の喧嘩といったトラブルを防止することにもつながります。

機械業務

  • 景品の補充
  • 機械のメンテナンス・設定

ゲーム機のメンテナンスや設定変更、景品の補充などを行います。

UFOキャッチャーやメダルゲーム、プリクラなど、ゲーム機には様々な種類があり、各ゲーム機のメンテナンスや設定方法を覚えなければいけません。メンテナンス後はエラーチェックや難易度チェックとして一度遊ばせてもらえるため、ゲーム好きの方にとっては嬉しいポイントでしょう。

また、メダルゲームを扱っている場合、メダルの運搬や洗浄なども行います。

清掃

ゲームセンター内やバックヤード、喫煙所の清掃やゴミ捨て、遊び終わったゲーム機のお手入れなどを行います。

お客さんが快適に遊べるよう、常に店内の清潔を保つ大切な仕事です。

その他の店内業務

上記で挙げた業務のほか、イベント・新機種についての店内放送、UFOキャッチャーの景品セッティング、レイアウト変更といった業務もバイトに任されることがあります。

ゲームセンターが好きでよく通っているという方であれば、スムーズに覚えられるものがほとんどでしょう。わからない部分は先輩バイトや社員に聞きながら進めていきます。

時給

ゲームセンターのバイトにおける時給は、一体いくらくらいなのでしょうか。地域によって差はあるものの、『850〜1,100円』が平均時給とされています。一般的なバイトの時給とほぼ変わらない時給と言えるでしょう。

交通費は支給される場合がほとんどですが、店舗によっては上限額や条件に決まりがある場合もあります。事前の求人情報や、面接の場で確認するようにしましょう。

メリット

ここからは、ゲームセンターで働くメリットについて紹介していきます。

平日はゆったり働けて楽

土日と比べて、平日は比較的ゲームセンターに訪れるお客さんの数が少なくなっています。そのため、平日であればマイペースにゆったりと働けて楽でしょう。

ただ、学校終わりや仕事終わりの夕方以降は、平日でも少し混むことがあるようです。

UFOキャッチャーの技術を習得できる

UFOキャッチャーにおける景品セッティングやメンテナンスを行った後、自身で一度遊ぶため、バイトを通してUFOキャッチャーの技術を習得できるでしょう。

ゲームセンターのバイトを始めたことで、UFOキャッチャーの景品を自由自在に取れるようになるかもしれません。

ゲーム好きの人は楽しんで働ける

上記でも述べたように、ゲームセンターのバイトでは、業務の一環としてゲームを遊べます。様々なゲーム機について詳しくなれることからも、ゲーム好きの人にとってたまらない環境と言えるでしょう。ゲーム機に囲まれながら、楽しんで働くことができます。

また、働く人たちにゲーム好きが多いというのも、ゲームセンターならではの特徴です。共通の趣味があることで話が盛り上がり、仲良くなりやすいでしょう。

常連さんと仲良くなれる

ゲームセンターには、常連さんが多くいます。毎日のように顔を合わせることで、挨拶や世間話などをしながら少しずつ仲良くなり、和やかに働くことができるでしょう。

UFOキャッチャーで景品が取れたときや、ゲーム機で良いスコアが出せたときなど、一緒になって喜べるのもバイトの楽しいポイントです。

デメリット

上記では、ゲームセンターで働くメリットについて紹介してきました。しかし、いくつかのデメリットも存在しています。

どのようなデメリットが挙げられるか、以下で確認していきましょう。

立ち仕事がきつい

ゲームセンターの仕事は、基本的に立ち仕事です。仕事中は休憩以外立ちっぱなしだったり、店内を巡回したりしなければならず、きついと感じることが多いでしょう。

バイト後、疲れた足のケアは必須です。湯船にゆっくり浸かったり、マッサージをしたりして労りましょう。

土日や祝日は忙しい

平日のお客さんが少ない分、土日や祝日は忙しいのがデメリットです。

お客さんが多い分、景品補充やゲーム機のメンテナンス、トラブルの頻度も増えることに。次から次へと滞りなく対応する必要があり、テキパキ仕事をすることが求められるでしょう。

クレーム対応がきつい

ゲームを遊んでいる中で、何度試しても景品が取れなかったり、良いスコアが出せなかったりして、イライラしているお客さんも少なくありません。時にはそういったお客さんからの八つ当たりで、理不尽なクレームを受けることもあるでしょう。慣れないうちは、クレーム対応をきついと感じる方が大半です。

もちろん、その場ではお客さんに真摯な対応をしなければいけません。ただし、クレーム対応後はうまく頭を切り替えることがポイントです。

慣れないうちは耳が痛くなることも

店舗によっては、常にゲーム機の音楽が大音量で流れているところもあります。そのため、慣れないうちは耳が痛くなったり、耳鳴りがしたりということもあるでしょう。

騒音が心配だという方は、応募する前に一度、応募先の店舗を訪れてみるといいかもしれません。

気になるポイント

最後に、ゲームセンターのバイトにおいて、多くの方が気になるポイントにお答えしていきます。

身だしなみは自由?

接客業のため、清潔感のある身だしなみを意識するようにしましょう。

派手な髪色は基本的にNGで、黒髪か茶髪が無難です。ただし、店舗によってコンセプトが設定されており、金髪や赤髪など派手な髪色でも可能なことも。

ネイルやアクセサリーは店舗ごとに方針が異なるものの、特にルールがないという店舗もあるようです。

気になる方は事前に応募先の店舗を訪れてみて、スタッフの身だしなみを確認してみるのがおすすめでしょう。

シフトの日数や時間はどれくらい?

ゲームセンターのバイトでは、『週2〜4日』のシフトが平均で、週2から働ける店舗も多くなっています。勤務時間は『5〜6時間』が平均であり、中には3〜4時間と短時間から働ける店舗もあるようです。忙しい学生にとって、比較的融通が利きやすいバイトと言えるでしょう。

ただ、ゲームセンターは土日が忙しいため、最低どちらか片方はシフトに入れないと不採用となる可能性もあり、注意しなければいけません。

年齢制限はある?

ゲームセンターの場合、風営法により『18歳未満』は働けないため注意が必要です。

18歳以上であれば、問題なく働けるでしょう。

こんな方にゲームセンターのバイトがおすすめ

今回は、ゲームセンターのバイトにおける仕事内容や時給などについて解説してきました。記事の内容を踏まえて、以下のような方におすすめのバイトと言えるでしょう。

  • ゲームセンターで遊ぶのが好き
  • 接客業に興味がある
  • 声の大きさに自信がある

クレーム対応や立ち仕事にきついと感じることもありますが、業務の一環でゲームを遊べたり、常連さんと仲良くなったりと、楽しいことも多いバイトです。ゲームが好きという方や、記事を読んでゲームセンターのバイトに興味を持ったという方は、ぜひチャレンジしてみてください。