【大学生向け】結婚式場で働くブライダルバイト!仕事内容や時給を解説

新郎新婦にとって、一生に一度の晴れの舞台となる結婚式。そんな結婚式がスムーズに進むよう、サポートの役割を果たすのがブライダルバイトです。

今回の記事では、ブライダルバイトの仕事内容や時給などについて詳しく解説していきます。気になるメリット・デメリットや、面接に受かるためのポイントについても紹介しますので、ブライダルバイトに興味があるという方はぜひ参考にしてみてください。

目次

仕事内容

まず、仕事内容についてです。ブライダルバイトでは、主に以下のような業務を行います。

  • フロント
  • 新郎新婦のアテンド(介添人)
  • 会場設営・解体
  • ホール
  • キッチン(洗い場)
  • 音響・照明
  • 撮影・映像編集

それぞれの詳しい内容について、確認していきましょう。

フロント

  • 受付の補助
  • 上着や荷物の預かり・管理
  • 電話応対

結婚式場の見学や打ち合わせに来た新郎新婦を案内したり、式当日に受付を済ませたゲストを会場やお手洗いへ案内したりする仕事です。ゲストが席につくときは椅子を引いて、着席しやすいようにするのがポイント。『結婚式場の顔』とも呼べる存在なため、しっかりとした立ち居振る舞いが求められます。

新郎新婦のアテンド(介添人)

アテンドとは、式当日、新郎新婦の側にいてフォローする仕事のことです。本番前に流れを説明したり、本番中に扉を開けたりと、他のスタッフと連携をとりながらスムーズに式が進むよう手伝います。

さりげなく衣装のヨレを直したり、歩く・座る・立つなどの動作をサポートしたりと、新郎新婦が安心して過ごせるよう黒子に徹することが大切です。

会場設営・解体

会場のセッティングや、式終了後の片付けを行います。日によっては次に別の結婚式が予定されていることもあり、スピーディーに動くことが求められるでしょう。

ホール

披露宴において、食事や飲み物の配膳を行う仕事です。一般的な飲食店のホールと同じ仕事内容ではあるものの、披露宴の場ということで、より高いホスピタリティが求められるでしょう。飲食店の経験があると、仕事に慣れるのがスムーズです。

キッチン(洗い場)

結婚式で出されるような食事は豪華なコースが多く、難しい調理作業は全てシェフやキッチン経験者が行います。そのため、キッチン未経験の場合、洗い場で調理器具や皿を洗う仕事がメインとなるでしょう。

ただし、忙しいときは、キッチン未経験でも調理補助に入る場合があります。調理補助といっても野菜を洗う、切る、盛り付けるなど簡単な作業のみで、料理をあまりしないという方でもそれほど難しくありません。

音響・照明

新郎新婦の入場時、音楽をかけたり光を当てたりする仕事です。一見難しそうな作業に思えますが、未経験者はしっかり事前の研修があるため安心してください。

当日は決められた流れに従って機材を操作し、結婚式や披露宴をより感動的に演出します。

撮影・映像編集

結婚式や披露宴中にビデオ撮影を行い、式の終了後、映像を編集するという仕事です。また、事前に新郎新婦と打ち合わせし、披露宴で流すオープニングムービーやプロフィールムービーを制作することもあります。

特別な資格は必要ありませんが、PCの操作や編集ソフトの使用に慣れている方は優遇されやすいでしょう。

時給

ブライダルバイトの時給についてです。地域や職種によって差があり、平均時給は『900〜1,500円』と幅広くなっています。なお、実際にゲストと接するような仕事の場合は時給が高い傾向です。

また、時給ではなく、披露宴1件ごとに報酬が設定されている場合もあります。その場合、1件(前後の打ち合わせ含め5〜6時間)あたり『7,000〜10,000円』が平均報酬となっています。アテンドのみであれば、本番30分(前後の打ち合わせ含め計2時間程度)で『4,000〜5,000円』と金額が設定されていることもあるようです。

メリット

ここからは、ブライダルバイトのメリットについて紹介していきます。

感動の瞬間に立ち会える

新郎新婦にとって、結婚式は一生に一度のこと。そのような感動の瞬間に立ち会えるのは、他のバイトにないメリットでしょう。感動の空間づくりを手伝うことができ、大きなやりがいを感じられます。

高い接客スキルが身につく

新郎新婦はもちろん、ゲストも気持ちよく式場で過ごせるよう、バイトでは正しい接客マナーや言葉遣いを身につけなければいけません。結婚式場で働くスタッフは、他の接客業と比べてサービスレベルの水準が高く、研修でしっかり必要な接客スキルを教わります。

接客業に就職したいという方は、ブライダルバイトでの経験を就活の自己PRとして存分に活かすことができるでしょう。

バイト同士で仲良くなりやすい

結婚式のスムーズな進行には、スタッフ同士の連携が必須です。仕事中は密にコミュニケーションを取り合うことや、『結婚式を成功させる』という1つの目標に向けて働くことで、バイト同士で仲良くなりやすいというメリットがあるでしょう。

デメリット

上記では、ブライダルバイトのメリットについて紹介してきました。しかし、いくつかデメリットも存在しています。

どのようなデメリットが挙げられるか、以下で確認していきましょう。

仕事のプレッシャーがきつい

結婚式の仕事をする上で、失敗は許されません。仕事でミスをしてゲストを怒らせたり、式の進行をストップさせてしまったりすると、晴れの舞台を台無しにしてしまうことに。そのため、仕事のプレッシャーがきついと感じることは少なくないでしょう。

緊張しすぎると、逆に焦ってミスを起こしやすくなります。そのため、慣れないうちは『意識的にリラックスする』ということが大切です。

とにかく仕事中は忙しい

仕事中は、タイムスケジュールを意識して動きつつ、ゲストや新郎新婦に対しては丁寧に対応しなければいけません。『時間通り進行する』と『丁寧におもてなしする』の2つを両立させる必要があり、常にやることに追われて忙しくなるのを覚悟しておきましょう。

また、女性であればヒールを履かなければならず、足が痛い中でもテキパキ動かなければならないのがきついポイントです。

身だしなみのルールが厳しい

ブライダルバイトは、以下のように身だしなみのルールが徹底されています。

  • 髪色はナチュラルなカラーで、黒髪が望ましい
  • 長い髪は女性の場合ヘアゴムとネットでまとめ、男性であれば耳や襟にかからない程度の短髪にする
  • 清潔感のあるメイクにする
  • ネイルはNG

他のバイトと比べて身だしなみに厳しく、自由にカラーやネイルをしたいといった方にはあまり向いていないかもしれません。

気になるポイント

最後に、ブライダルバイトにおいて、多くの方が気になるポイントにお答えしていきます。

シフトの日数や時間はどれくらい?

結婚式のバイトがあるのは、基本的に土日祝日となっています。そのため、シフトの日数は『週1〜2回』が平均であり、多くても週3回という場合がほとんどでしょう。

勤務時間は結婚式や披露宴の時間に左右され、式の準備時間を含めて平均『5〜8時間』となっています。なお、アテンドの場合、前後の準備を含めて勤務時間は2時間のみということもあるようです。

接客業が未経験でも大丈夫?

接客業が未経験という方でも問題ありません。礼儀作法や仕事の流れは研修で教わるため、笑顔で新郎新婦やゲストと接することができれば大丈夫です。

また、ブライダルバイトは一般的な接客業のバイトと比べて客層が良く、『こちらがミスしない限りはクレームを受けにくい』という特徴があります。そのため、むしろ接客業が初めてという方にはおすすめのバイトとも言えるでしょう。

面接に受かるには?

結婚式バイトの面接に受かるには、『志望動機』『土日に働けるか』という2つのポイントが大切となります。まず、なぜ結婚式のバイトがしたいのかという志望動機をしっかり伝えられなければいけません。

「平日は大学で忙しいため土日で働ける仕事を探しており、人々の幸せを作る仕事内容が魅力的に感じました」
「ハイレベルな接客スキルを身につけ、新郎新婦やゲストの方の幸せ作りに携わりたいと思いました」

上記のように、志望動機は明確にしておきましょう。

また、結婚式は土日に行われることが多いため、少なくともどちらか片方はバイトに入れないと採用が厳しいとされています。無理に両方入る必要はありませんが、毎週どちらかは必ず出られるということを伝えると、面接でも受かりやすいでしょう。

こんな方にブライダルバイトがおすすめ

今回は、ブライダルバイトの仕事内容や時給、メリット、デメリットなどを詳しく紹介してきました。記事の内容を踏まえて、以下のような方におすすめのバイトと言えるでしょう。

  • 人の幸せを作る仕事がしたい
  • 責任感が強い
  • 体力に自信がある

仕事のプレッシャーや忙しさなど、大変な部分もありますが、それ以上の感動とやりがいを感じられるのがブライダルバイトのいいところです。他のバイトでは得られないような経験がしたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。