出版社のバイトは大学生におすすめ!詳しい仕事内容や時給を解説

漫画や雑誌を読むのが好きという方も多いでしょう。実は、それらを作っている出版社でバイトができることをご存知でしょうか。

今回の記事では、出版社のバイトにおける仕事内容や時給、メリット、デメリットなどを詳しく紹介していきます。本を読むのが好きという方や、将来は出版業界で働きたいという方はぜひチェックしてみてください。

このバイトをざっくり言うと
✓ 比較的時給は高め。ライティングの場合は文字数に応じた成果報酬のことも

✓ 文章力や語彙力がアップしやすい

✓ 求められるスキルのレベルが高いので、慣れるまでに時間がかかる

omochiで出版関連のバイトを探してみる omochiで出版関連のバイトを探してみる

まだ決まらないという人は、自分にどんなバイトがあっているかをキャラ診断でみてみましょう。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

仕事内容

まずは仕事内容についてです。出版社のバイトでは、具体的に以下のような業務を行います。

  • 校正
  • データ入力
  • 編集アシスタント
  • 事務
  • ライティング

それぞれの詳しい内容について、見ていきましょう。

校正

校正とは、文章の誤字脱字、文法、専門用語、表記統一などのチェックや加筆修正を行う作業です。

『どういった部分を直せばいいか』というルールはマニュアルがあるものの、全て自分の目で文章をチェックしなければいけません。そのため、非常に高い集中力が求められます。

データ入力

営業データや本の内容、アンケート内容などのデータをひたすらExcelやWord、専用ソフトに入力していく仕事です。

それほど難しい仕事ではありませんが、基本的なタイピングスキルは必要となるでしょう。

編集アシスタント

書類の確認や作成、ライター・デザイナーの進捗確認、書類・写真の整理、リサーチなど、編集アシスタントとして編集部のサポートを行う仕事です。制作の現場を、最も近くで見られるポジションとも言えるでしょう。

パソコンを使った作業が中心で、正確さや丁寧さが求められます。

事務

電話応対や伝票整理、郵便発送、来客対応(お茶出し)、備品発注、オフィスの清掃など、いわゆる一般事務の仕事です。

縁の下の力持ちとして、出版社全体を支える大切な役割を持っています。

ライティング

主に編集プロダクションにおいて、記事の企画立案から執筆、インタビュー、商品の写真撮影など、ライターとして記事の制作に携わる仕事です。雇用形態はバイトですが、長期インターンという形で募集されることも多くなっています。

1から企画を練る段階に携わることができ、ライティングだけでなくマーケティングについても学べるというメリットがあるでしょう。

時給

地域やポジションによって差があるものの、出版社のバイトにおける平均時給は『1,000〜1,400円』となっています。なお、ライティングの場合、『1文字0.5円』『1記事4,000円』というように、記事の本数や文字数に応じた成果報酬が支払われることもあるようです。

交通費は支給される場合がほとんどですが、支給額は規定されていることもあるため、事前の求人情報や面接で確認するようにしましょう。

メリット

ここからは、出版社でバイトをするメリットについて紹介していきます。

文章力や語彙力がアップする

特に、校正やライティングの業務では文章を扱うことが多く、文章力・語彙力ともにアップするというメリットがあります。大学生であれば、レポート課題や卒論に活かすことができるでしょう。

好きな分野で働ける

普段から漫画や雑誌を読むのが好きという方にとっては、自分の好きな分野で働けるというメリットがあるでしょう。

出版社のバイトでは、本や雑誌の制作過程に携わることができます。普段は知ることができないような出版社の裏側を見られるのは、とてもレアな経験です。自分の好きな分野で働ける分、得られるやりがいも大きいと言えるでしょう。

就職活動に役立つ

実際に出版社で働くことで、出版業界への理解を深めることができ、就職活動に役立つというメリットがあります。実務経験がある分、周りの学生とも差をつけられるでしょう。『出版社でバイトをするほど出版業界への思いが強い』というアピールにもなるため、出版業界を目指すのであれば出版社のバイトはおすすめです。

また、出版社のバイトでは事務作業を行うことが多く、事務職に就きたいという方にもおすすめでしょう。

omochiで出版関連のバイトを探してみる omochiで出版関連のバイトを探してみる

デメリット

上記では、出版社でバイトをするメリットについて紹介してきました。しかし、いくつかのデメリットも存在しています。

どのようなデメリットが挙げられるか、以下で確認していきましょう。

仕事の責任感が大きい

出版社では、バイトであっても責任のある仕事を任されます。

例えば校正であれば、誤りを見逃してしまうことで間違いのある文章が世に出てしまう可能性があるでしょう。また、データ入力や編集アシスタント、事務などの仕事では数字を扱うことが多く、ちょっとしたミスが後から問題になることも。

そのため、常に仕事では責任感を持つ必要があり、プレッシャーが負担に感じるという方もいるかもしれません。

求められるスキルレベルが高い

出版社のバイトでは、社会人同様のスキルを求められます。

常に複数の仕事を並行して進めることが多いため、仕事をこなす上で『マルチタスク能力』は大切でしょう。また、納期までに制作物を完成させるべく、社内外のクリエイターと交渉することも多々あります。『コミュニケーション能力』が必要となるため、コミュニケーションが苦手という人には厳しいかもしれません。

バイトに求めるスキルレベルが高く、気軽な気持ちで始めると、「思ったより難しい…」とギャップを感じることになるでしょう。

入稿日前は忙しい

入稿日とは、印刷会社に原稿を出さなければならない締切日のこと。この締め切りを過ぎてしまうと予定通りに印刷が進まず、納品が間に合わない可能性もあります。そのため、入稿日までに必ず原稿を完成させられるよう普段以上に忙しくなるでしょう。

バイトであれば、長時間の残業を強いられることはほとんどありません。しかし、雰囲気がいつもより厳しくなることは覚悟しておかなければならないでしょう。

気になるポイント

最後に、出版社のバイトにおいて、多くの方が気になるポイントを紹介していきます。

シフトの日数や時間はどれくらい?

シフトの平均日数は『週2〜5日』ですが、週5日の出社が求められる求人も多く、週2〜4日の求人はレアと言えるでしょう。また、土日は出版社自体が休みとなる場合がほとんどなため、働けるのは平日のみであり、平日が忙しいという方は働くのが難しいかもしれません。勤務時間は『9:00〜19:00の間で5〜8時間』という求人が多くなっています。

なお、長期インターンであれば比較的学生の都合に考慮してもらいやすく、週2日、3時間から働けるところも。そのため、大学で忙しいという方は長期インターンの枠で探してみると良いでしょう。

服装・髪型・髪色は自由?

基本的にはオフィス内でしか働かず、接客をすることもないため、服装や髪型、髪色は自由となっています。ただし、他の社員と一緒に働くため、派手な身だしなみは控えた方が良いでしょう。

なお、求人には『服装・髪型自由』と記載されていることも多いですが、面接時にいきなりラフな身だしなみで行くのは良い印象を持たれません。服装はスーツかオフィスカジュアル、落ち着いた髪色で行ったほうが無難です。

出版社バイトの探し方は?

基本的に、求人情報誌や求人サイトから出版社のバイト募集を探します。

しかし、会社によってはそのような媒体に求人情報を載せず、会社の求人ページのみに掲載している場合も。気になる出版社があれば、ホームページにバイト募集がないかチェックしてみるのがおすすめでしょう。

面接のコツは?

バイトの面接では、『なぜこの出版社でバイトがしたいのか』という志望動機をしっかり伝えるのが大切です。ただ本や雑誌を読むのが好きということだけでなく、『その会社である理由』『出版業界でバイトがしたい理由』も伝えるよう意識しましょう。

志望動機例

「御社で発行している女性誌は毎月購入しており、女性の知りたい情報が網羅されているという点に大変魅力を感じています。自分の持ち味である主体性を発揮しながら、御社の編集アシスタントとして幅広い業務に携わり、制作側として読者の方に楽しみを届けたいと思っています」

「私は、大学受験における模試でうまく結果が出ず落ち込んだときに、御社の漫画を読んで気分転換をしていました。漫画のおかげでうまくストレスを発散させることができ、受験を成功させられたと思っています。そうした経験から、将来は読者の方にとっての心の拠り所となるような漫画作りに携わりたいと考えています。まずは、自分が出版業界を志すきっかけとなった御社で制作の現場に携わりたいと思い、この度応募いたしました」

こんな方に出版社のバイトがおすすめ

今回は、出版社バイトの仕事内容や時給、メリット、デメリットなどを詳しく紹介してきました。記事の内容を踏まえて、以下のような方におすすめのバイトと言えるでしょう。

  • 本や雑誌を読むのが好き
  • 将来は出版業界で働きたい
  • 文章を読んだり書いたりするのが苦にならない

締め切り前は忙しく大変なこともありますが、普段読んでいる本がどのように作られるのかを知ることができる、非常にレアなバイトです。記事を読んで興味を持った方は、ぜひチャレンジしてみてください。

omochiで出版関連のバイトを探してみる omochiで出版関連のバイトを探してみる

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)