短期派遣バイトとは?登録制?【仕組み】や【メリット】をご紹介!

最近、短期派遣バイトを始める学生が増えています。
普通のバイトと比べて、どのような違いがあるのでしょうか。
今回の記事では、短期派遣バイトの仕組みやメリット、デメリットなどを解説していきます。
短期派遣バイトを検討しているという方も、初めて知ったという方も、参考にお役立てください。

目次

  • 短期派遣バイトとは
    1. どういう仕組み?
    2. どんな仕事があるの?
    3. 時給はどれくらい?
  • メリット
    1. 自分のスケジュールに合わせて働ける
    2. 色々な仕事を体験できる
    3. あまり難しい仕事は任されない
    4. 採用のハードルが低い
  • デメリット
    1. 長期のものと比べて不安定
    2. 昇給がない
    3. 交通費が出ない場合がある
  • 気になるポイント
    1. 長期バイトと掛け持ちできる?
    2. 日払いしてもらえる?
  • 自分らしく働きたいなら短期派遣バイトがおすすめ

短期派遣バイトとは

そもそも、短期派遣バイトとはどのようなものなのか。
仕組みや職種について、順を追って確認していきましょう。

どういう仕組み?

短期派遣バイトでは、基本的に派遣会社に登録し、そこで募集されている求人に応募する、という仕組みがとられています。
この派遣会社に登録することは『登録会』とも呼ばれ、面接のような形式である場合が多いでしょう。
しかし、一般的なバイトの面接のように、かしこまっているわけではありません。
プロフィールをその場で記入したり、『どういった求人を紹介しているか』『応募の流れはどのようになっているか』といった説明を受けたりと、合否を出すものではないため安心してください。

なお、派遣会社から紹介してもらう求人は『職種』『時給』『スケジュール』などの条件で選べるため、ミスマッチが少ないのが特徴でしょう。
勤務期間は様々で、数週間から最長3ヶ月のものもあります。

どんな仕事があるの?

短期派遣バイトでは、幅広い職種の求人が紹介されています。
例として、

  • イベントスタッフ
  • 工場での軽作業
  • キャンペーンガール
  • ティッシュやサンプル配り
  • 試験監督
  • 引っ越し作業
  • データ入力
  • コールセンター
  • リゾートバイト

などがあり、この中から自分が応募したい求人に応募することができます。
また、派遣会社ごとに得意とする職種がある場合も。
事前に、派遣会社のホームページで自分の希望する職種の求人がありそうか、確認しておくのがおすすめです。

時給はどれくらい?

時給は職種によって大きく異なってきます。
一般に、『1,100円〜1,500円』が短期派遣で紹介してもらえる求人の時給相場です。

なお、データ入力やコールセンターなどの事務仕事や、繁忙期の引っ越しスタッフは時給が高い傾向に。
できるだけ稼ぎたいという方は、こうした職種を中心に探すと良いでしょう。
ただ、時給が高い求人には応募者が殺到しやすいです。募集枠がすぐ埋まってしまうことも少なくありません。
そのため、高時給の求人を見逃さないために、できるだけ頻繁に求人ページを確認することがおすすめです。

メリット

短期派遣バイトには、大きく3つのメリットがあります。
どのようなものか、以下で確認していきましょう。

自分のスケジュールに合わせて働ける

自分のスケジュールに合った求人を選べるのが、短期派遣バイトの特徴です。そのため、スケジュール管理がしやすいのは短期派遣バイトならではのメリットと言えるでしょう。

長期バイトだと、規定の出社日数・出勤時間があり、シフトとプライベートの兼ね合いが大変なことも多いという面があります。

  • 「応募の段階では大丈夫だと感じていたけど、初めてみると意外と大変だった・・・」
  • 「1年のときは平気だったけど、学年が上がって研究で忙しくなり、両立が難しくなった・・・」
  • 「面接では週2と言われていたのに、バイトを続けるうちに週4じゃないとだめだと言われた・・・」

長期バイトにおいて、このような悩みを持つ学生は多くいます。しかし、簡単にバイトを変えることはなかなかできないでしょう。

一方、短期派遣バイトであれば、その心配はいりません。
遊びの予定や大学の予定がある場合、事前にその日程を避けた求人に応募すれば良いのです。
『時間に余裕がある時期は週4出勤の求人に応募し、忙しい時期は週1出勤の求人に応募』という働き方ができるのも、短期派遣バイトの魅力でしょう。

色々な仕事を体験できる

上記では、短期派遣バイトでは多岐にわたって職種が紹介されていると述べました。
この様々な職種のうちから、好きなものを自由に選べるのも短期派遣バイトの魅力と言えます。
様々な仕事にチャレンジできるため、バイトに飽きるといったことがあまりないでしょう。

もちろん自分が好きな職種・得意な職種のみに応募するのでも構いません。
しかし、せっかくたくさんの職種から選べるのですから、経験を積むべく幅広い職種をこなすのもおすすめです。

あまり難しい仕事は任されない

最初から短期と決まっているため、短期派遣のバイトに対し、複雑な説明を必要とする仕事はあまり任されません。
そのため、仕事の難易度が低いというのもメリットでしょう。
簡単な説明とマニュアルさえあれば、誰にでもできるような仕事であることがほとんどです。

反面、難しい仕事内容にチャレンジしたいという方には物足りないかもしれません。そのような方は、短期派遣ではなく長期バイトがおすすめでしょう。

採用のハードルが低い

長期バイトでは、数ヶ月〜数年働くことを見越して採用するため、選考において人柄や能力を重視されます。履歴書や面接の対策をしっかりしないと、落ちることは珍しくありません。
しかし、短期派遣では最初から期間が決まっているため、採用のハードルがそこまで高くありません。
雇う側として、頼んだ仕事を最低限こなしてもらえればいいため、選考にあたって条件が少ないのもメリットのひとつでしょう。

デメリット

短期派遣には、デメリットもいくつか挙げられます。
下記のデメリットも押さえた上で、登録するかどうか決めるようにしましょう。

長期のものと比べて不安定

短期派遣バイトの場合、働き続けるには求人ひとつひとつに、自分で応募する必要があります。
しかし、一度契約が終わって、すぐ他の仕事が見つかると限りません。スムーズに求人が見つからなかった場合、仕事と仕事の間で、期間が空いてしまうことも考えられるでしょう。
求人が決まらない限り、収入が不安定になってしまう点は避けられません。

また、職場の都合により、突然前日や当日に仕事がキャンセルとなることも。
予定していた業務がなくなった場合、真っ先に切られるのは短期派遣のバイトスタッフです。
立場的に弱いということも、短期派遣バイトのデメリットとして挙げられるでしょう。

昇給がない

長期バイトの場合、長い目で評価してもらえるため、継続して働いていればバイトでも昇給のチャンスがあります。
しかし、短期派遣バイトの場合、そもそも評価という仕組みがありません。
そのため、昇給がないのは悲しいポイントと言えるでしょう。

ただ、派遣会社に長く登録している場合、働きぶりによっては『優秀な人材』と認定してもらえることがあります。そうなると、派遣会社側が時給アップの交渉をしてくれることも。
昇給のチャンスがない短期派遣バイトにとって、これは嬉しいポイントです。給料が変わらないからとサボるのではなく、コツコツ真面目に働くようにしましょう。

交通費が出ない場合がある

長期バイトであれば、『交通費全額支給』という条件が当たり前になりつつあるでしょう。
しかし、短期派遣バイトの場合、交通費がない場合が。もしくはあったとして、一部支給であることも多いのです。
時給が高くても交通費が出ない、ということが考えられるため、事前に求人情報を確認しておくようにしましょう。

気になるポイント

最後に、短期派遣バイトにおいて、多くの方が気になる疑問にお答えしていきます。

長期バイトと掛け持ちできる?

それぞれの会社で掛け持ちを禁止されていない場合、長期バイトと短期派遣バイトの掛け持ちすることは問題ありません。
しかし掛け持ちをすると、場合によっては確定申告が必要となったり、所得税を納めなければならなかったりすることが。
掛け持ちをするにあたっての注意点は、下記の記事に詳しく書いてあります。
掛け持ちを検討しているという方は、ぜひこちらもご覧ください。

バイトを掛け持ちするときのコツと注意点!税金には気をつける

日払いしてもらえる?

派遣会社によっては、日払い可能としているところもあります。
しかし、注意点がひとつ。
日払いを依頼した場合、給料を払った際の手数料が高くなってしまうことがほとんどです。
そのため、日払いで給料を支払ってもらうのは、お金が急ぎで必要となったときのみに留めましょう。

自分らしく働きたいなら短期派遣バイトがおすすめ

今回の記事では、短期派遣バイトについて詳しく紹介してきました。いかがでしたか?
不安定という面はあるものの、融通が利きやすいバイトとしておすすめでしょう。
学校や遊びで忙しい大学生にとって、ぴったりのバイトとも言えます。
自分のスタイルで働きたいという方は、ぜひ短期派遣バイトを始めることを検討してみてください。