ドラッグストアのバイトはきつい?楽?仕事内容や時給を解説!

ウエルシア薬局やマツモトキヨシ、スギ薬局など、街には様々なドラッグストアが立ち並んでいます。私たちにとって身近な存在であり、そんなドラッグストアでバイトをしてみたいと考える方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、ドラッグストアのバイトにおける仕事内容や時給、メリット、デメリットなどを紹介していきます。ドラッグストアのバイトに興味があるという方や、新たにバイトを始めようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

仕事内容

まずは、仕事内容についてです。ドラッグストアでは、具体的に『接客』『商品管理』『清掃』の業務を行います。それぞれの内容について、以下で確認していきましょう。

接客

レジやサービスカウンターなどにおいて、お客さんの対応をする仕事です。

レジ業務では、レジを操作して会計し、商品の袋詰めを行います。会員カードやクーポンを発行している店舗では、それらの利用がないかその都度確認しなければいけません。また、ドラッグストアはサイズが小さい商品が多く、会計忘れ・入れ忘れに注意が必要です。

また、お客さんから商品の場所について聞かれることも多く、あらかじめ店内の配置について把握しておかなければならないでしょう。

商品管理

商品に関する業務全般で、品出しや商品陳列、売場づくり、整理整頓、発注、食品の廃棄処理などを行います。

ドラッグストアのバイトにおいて、特に多いのが品出しの仕事です。バックヤードから段ボールを運び出し、中に入っている商品を棚に並べていきます。主にオープン前や午前に行うことが多いでしょう。

また、営業中は随時少なくなった商品を前に出したり補充したりします。お客さんが買い物しやすいよう、綺麗に商品を並べるのも大事な仕事です。閉店後には、店頭に出している商品を片付けます。

なお、慣れてきたら商品を紹介するためのPOP作成を任されることも。魅力的なPOPを作ることで、その商品の存在を知らなかったお客さんや、買おうか悩んでいるお客さんの購買意欲が高まり、売り上げアップにつなげられます。自分の作ったPOPで商品の売り上げが上がると、大きなやりがいを感じられるでしょう。

清掃

売り場や駐車場の掃き掃除、トイレ掃除など、店舗の清掃を行います。

店舗の清潔感がないと、お客さんの購買意欲は下がってしまうでしょう。店舗の衛生を保つために欠かせない、大切な仕事です。

時給

地域によって差はあるものの、平均時給は『850〜1,000円』となっています。特に都市部であれば、1,100円から時給がスタートする店舗もあるようです。また、中には土日祝日の場合に時給がアップする店舗もあるため、求人情報をチェックするようにしてください。

なお、交通費は実費で支給される場合がほとんどですが、支給額の上限が決まっている場合もあります。店舗によって規定は異なるため、求人情報の交通費に関する欄を見たり、面接で確認したりするようにしましょう。

メリット

ここからは、ドラッグストアでバイトをするメリットについて紹介していきます。

仕事自体は単純なものが多い

忙しさはあるものの、仕事自体はそれほど難しくなく、覚えてしまえば簡単なものが多いでしょう。様々な仕事にチャレンジしたい方には物足りないかもしれませんが、難しい仕事が苦手という方にとっては無理なく働ける環境です。

また、大手チェーン店であればマニュアルや研修制度も整っています。そのため、初めてのバイトという方でも安心して働けるでしょう。

医薬品や健康食品に関する知識がつく

業務を通して、店内に置かれている医薬品やサプリメント、栄養ドリンクなどの知識がつきます。商品知識が増えることで、自分の体調が悪くなった時もどういったときにどのようなものを飲めば良いか、大まかに判断できるようになるでしょう。

また、店舗には医薬品販売を行う登録販売者や薬剤師が常駐しています。そのため、健康に関して心配なことがあれば、身近に頼れるプロがいるというのもメリットでしょう。

社割を利用してお得に買い物できる

多くの店舗では、バイトも社割(社員割引)を利用することができます。社割とは、食品や日用品、化粧品、医薬品などを割引価格で購入できるといった福利厚生のこと。割引率は店舗によって異なりますが、20%前後であることが多いでしょう。

特に女性にとっては、メイク道具やスキンケア用品を安く買えるのが嬉しいポイントです。また、トイレットペーパーや掃除用具、キッチン用品などの日用品も割引価格で買えるため、一人暮らしの学生にとっては節約になるでしょう。

デメリット

上記では、ドラッグストアでバイトをするメリットについて紹介してきました。しかし、いくつかのデメリットも存在しています。

どのようなデメリットが挙げられるか、以下で確認していきましょう。

力仕事がきつい

ドラッグストアのバイトで大変なのが、品出しにおいて重たい段ボールを運ぶ作業です。重量感のある段ボールを往復して運ぶことも多く、慣れていないと腰を痛めてしまうでしょう。持ちやすい持ち方を見つけるまでは苦労します。

また、基本的に営業中は立ち仕事のため、最初のうちは足が疲れてしまうでしょう。バイト後に身体をケアすることが必須です。

ピーク時はレジが忙しい

日中は、平日でも主婦や高齢者のお客さんで混雑します。レジが混んできたらボタンを押し、店内放送で店員を呼ぶ店舗も多くなっていますが、そもそもレジが2〜3台しかない店舗も多いため、どうしても行列になってしまうことがあるでしょう。

また、大手チェーン店では度々『ポイント5倍!』『全商品10%引き!』といったキャンペーンを行っています。キャンペーン期間中は非常にお客さんの数が増えるため、忙しさからのミスには気をつけなければいけません。

一方、21時以降の夜遅い時間帯であればお客さんの数は少なく、レジ業務も楽となっています。慣れないうちは、遅い時間帯で働くのがいいかもしれません。

クレームが入ることもある

接客業のため、「レジが遅い」「店員の態度が悪い」「買いたい商品が売り切れている」といったクレームが入ることは避けられないでしょう。

もちろんこちらに非がある場合は反省しなければいけませんが、理不尽なクレームも多くあります。あまり重く受け止め過ぎないようにして、うまく頭を切り替えることが大切です。

気になるポイント

最後に、ドラッグストアのバイトにおいて、多くの方が気になる疑問にお答えしていきます。

シフトの日数や時間はどれくらい?

ドラッグストアのバイトにおいて、勤務日数の平均は『週2〜5日』、勤務時間の平均は『3〜6時間』となっています。多くの店舗では8:00〜22:00の間におけるシフト制となっていますが、店舗によっては24:00まで営業しているところもあり、そういった店舗では終電近くまで働くこともあるようです。

週2〜3日から働ける店舗が多く、シフトの融通も利きやすいため、忙しい学生の方も学校と両立しやすいでしょう。

面接の服装や髪色など身だしなみは?

ドラッグストアのバイトは接客業のため、面接では清潔感を意識することが大切です。

面接の服装は襟付きのシャツやブラウス、ジーパン、チノパン、膝丈のスカートなど、シンプルで落ち着いた服装がおすすめでしょう。ジャージのようなラフすぎる服装やヨレ・シワだらけのだらしない服装、露出の多い服装はNGです。なお、勤務中は制服を着用する場合がほとんどとなっています。

髪色であれば派手なカラーは避けて、黒髪か落ち着いた茶髪で行くのが無難でしょう。

また、ピアスやネイルは禁止されている店舗が多いため注意してください。

出会いはある?

ドラッグストアのバイトは女性が多く、社員を含めても男女比は女性の方が多くなっています。そのため、女性にとっては出会いが少ないバイトかもしれません。

一方、女性が多い環境である分、逆に男性にとっては出会いが多いバイトと言えるでしょう。重い段ボールを率先して運んだり、仕事中はレジや商品陳列などをテキパキこなしたりすることで、『頼り甲斐がある』と好印象を持ってもらえます。バイトに出会いを期待する男性の方は、ぜひドラッグストアのバイトに挑戦してみてください。

こんな方にドラッグストアのバイトがおすすめ

今回は、ドラッグストアのバイトにおける仕事内容や時給、メリット、デメリットなどを紹介してきました。記事の内容を踏まえて、以下のような方におすすめのバイトと言えるでしょう。

  • 健康に関する知識を身に付けたい
  • 接客業に興味がある
  • 薬剤師を目指しており薬の勉強がしたい

特に大手チェーン店であれば丁寧に研修してもらえるため、初めてのバイトという方でも安心して始められるでしょう。基本的な接客スキルを身に付けたいという方にはぴったりです。

記事を読んでバイトに興味を持ったという方は、ぜひチャレンジしてみてください。