事務のバイトはきつい?楽?気になる評判についてご紹介!

最近、学生の間で人気急上昇中なのが、事務バイト。


事務というと社員のイメージ、という方も多いのではないでしょうか。意外とバイトの求人もあるのです。


しかし、事務の仕事は難しそうな印象を持つ方も少なくありません。


そこで今回の記事では、事務バイトにおける仕事内容や時給、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

 

omochiで事務のバイトを探してみる omochiで事務のバイトを探してみる

 

自分に合ったバイトがわからない方は、こちらのボタンから診断してみてください!

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

 

 

仕事内容

まず、事務バイトの仕事内容がどのようなものか、いくつかの種類に分けて見ていきましょう。

パソコン作業

事務バイトでメインとなるのは、パソコンを使った作業です。

パソコンを使う作業として、主に以下のような業務が挙げられるでしょう。

データ入力

議事録や各種伝票の数字、顧客データなど、様々なデータをパソコンに入力していく作業です。

また、入力するデータもPDF形式があれば、手書きのもの、音声データの文字起こしなど、様々な形式となっています。

データ・ファイルの整理

業務をスムーズに進める上では、必要なデータやファイルをすぐに取り出せる状態にしておくことが大切です。

そのため、『種類』『重要度』『緊急度』などを意識して、分かりやすくデータやファイルを整理しておくのも、事務バイトの仕事です。

分かりやすく整理しておくことで、業務の効率化だけでなく、データの紛失といったリスクの回避にもつながります。

メール対応

取引先・顧客に対し、簡単な内容であれば、バイトがメール対応をすることもあります。

ほとんどマニュアルやテンプレートに沿って文章を作成し、必要に応じて添付ファイルも付けてメールを送る、といった内容で、それほど難しいものではありません。

しかし、宛先や添付するファイルを間違えてしまうと、会社の信用を失うことにもつながります。

メールを送る前には、宛先・件名・本文・添付ファイルが正しいか、慎重に確認する必要があるでしょう。

書類・資料作成

請求書・発注書といった各種書類や、プレゼン・商談で使用する資料を作成するのも、事務バイトの仕事です。

特に資料作成においては、パワーポイントを使うことが多く、営業担当などから指示を受けて、それに沿った資料やスライドを作ります。

分かりやすく魅力的な資料だと、商談が成功する確率も高くなるでしょう。

そのため、図や表を使ったり、フォントや文字の大きさを意識したりと、見やすい資料を作るセンスが求められます。

来客対応・電話応対

オフィスにお客さんが来たときの窓口として、受付業務にあたることも。

特にお茶出しや席の案内など、マナーが求められる仕事と言えるでしょう。

また、外部から電話がかかってきたときに対応するのも事務の仕事です。

 

  • 正しい言葉遣い
  • 用件を聞いたあとは復唱して確認する
  • 電話を置くときは丁寧に置く

といったマナーが必要となるでしょう。


いずれにおいても、入社時に研修をしてもらえることがほとんどのため、最初は知識がなくても大丈夫です。

オフィスの雑務

上記で述べた業務のほか、オフィスにおける様々な雑務をこなすのも事務バイトの仕事です。


具体的に、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 書類のコピー・印刷
  • インクやコピー用紙、文房具など消耗品の補充・発注
  • 共用部の清掃
  • 書類・ファイルの整理整頓

時給

事務バイトにおける時給相場は『1,000円〜1,400円』と、一般的なバイトの中ではかなり高めになっています。
また、『ウォーターサーバー完備』『コーヒー飲み放題』『弁当・昼食代支給』といった好条件の求人が多いのも、事務バイトの特徴でしょう。

メリット

ここからは、事務バイトのメリットについて紹介していきます。
大きく3つのものが挙げられるため、順番に確認していきましょう。

あまり体力を使わない

事務バイトでは、基本的にデスクワーク中心です。

座りっぱなしのため、体力を使わなくて済むのは大きなメリットでしょう。

また、オフィスの場合、冷暖房が完備されている場合がほとんど。

そのため、快適な環境で働けるという魅力も挙げられます。

服装・髪型の自由度が高い

決まった制服があることは少なく、髪型も決められていないのが事務バイトの特徴です。

飲食業・販売業のような接客バイトと比べると、服装や髪型の自由度が高いと言えるでしょう。

ただ、勤務場所はオフィスのため、奇抜なものはNGです。

また、来客対応が必須となっている職場も中にはあるでしょう。

その場合、ある程度オフィスカジュアルを意識することが大事となります。

事務職に就きたい人は良い経験になる

事務のバイトは、事務社員とあまり仕事内容が変わりません。

責任の重い仕事は社員で行うこともありますが、仕事の流れとしてはほとんど社員同様となっています。

そのため事務職に就きたい場合、未経験の学生と比べ、『自分は即戦力になれる』ということを就職活動でアピールできるのが、事務バイトのいいところです。

中でも、多くの新社会人が苦戦するビジネスマナーをバイトで身に付けているとなれば、人事からの評価はかなり高くなるでしょう。

ビジネスマナーはどの職種でも必要とされるため、事務職に限らず、全ての職種における就職活動で、バイトの経験をアピールすることができます。

デメリット

上記では、メリットについてお伝えしました。

しかし、残念ながらデメリットも存在しています。

どのようなものが挙げられるのか、以下で見ていきましょう。

腰や肩、目が疲れる

座りっぱなしのため、体力を使わないことがメリットだと上記ではお伝えしました。

その反面、長時間座っているために腰が疲れてしまう、ということもデスクワークだと避けられません。

またパソコン作業が多く、肩こりや眼精疲労に悩まされることも。


その対策として、以下のようなことが挙げられます。

  • デスクの椅子にクッションを置く
  • 休憩時に肩を回したり、眉間を揉んだりする
  • パソコン作業用の目薬をさす
  • 寝るときに、温かいアイマスクで目の疲れを取る

こうしたセルフケアを行うことで、多少の疲れが軽減できるでしょう。

パソコンに慣れていないと最初は大変

事務バイトでは、エクセルやワード、パワーポイントといったソフトを使います。

それぞれのソフトにおいて、複雑なスキルを覚えておく必要はありません。

難しい操作が求められる場合、その都度調べていけばいいですが、基本の操作ができないと最初のうちは苦労するでしょう。

また、キーボードで文章や数値などを打ち込む作業が多いため、タイピングにはある程度慣れておくことも求められます

細かい作業を正確にこなさないといけない

事務バイトの業務では、数字やデータの入力など、慎重さが求められる作業が多くあります。

ちょっとでも間違えると、それがきっかけで大問題に発生することもあるでしょう。

そのため、いつも大雑把な方や確認ミスが多い方は、注意が必要です。

気になるポイント

最後に、事務バイトにおいて、多くの方が気になる疑問にお答えしていきます。

事務のバイトはきつい?

体力を使ったり、常にスピーディーな仕事を求められたりといったことは少ないため、そういった意味ではきつくないと言えます。

しかし、事務作業において丁寧な仕事が求められたり、会社の人と明るくコミュニケーションをとったりする必要があるでしょう。

それらが苦手な人にとっては大変かもしれません。

男女比はどれくらい?

職場全体で考えた場合、男女比はほぼ同じだと言えます。

事務バイト自体は女性の方が多い傾向にあり、半分以上を女性が占める、といった職場も少なくありません。

しかし、オフィスには企画やマーケティング、営業、コンサルティングなど、様々な部署があります。社員を含めると、男性の方が多いという部署も。

そのため、全体として見ると、男女比はあまり変わらないと言えるでしょう。

勤務時間はどんな感じ?

事務バイトの勤務時間として、『フルタイムでも短時間(4時間〜)でもOK』とする職場が多いようです。

主に9:00〜17:00の間で、入れる時間帯にシフトを出します。

業種によるものの、土日は休みとしていることがほとんどでしょう。

また週1から勤務可能な職場も多く、スケジュールの調整がしやすいバイトと言えます。

こんな方に事務バイトはおすすめ!

今回の記事では、事務バイトについて詳しく紹介してきました。
記事の内容を踏まえて、以下のような方に事務バイトはおすすめと言えるでしょう。

 

  • 真面目にコツコツと仕事をこなせる
  • 将来は事務の仕事に就きたい
  • 細かい作業が好き
  • ビジネスマナーを身に付けたい

慎重さや丁寧さが求められるため、窮屈に感じる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、お金を稼ぎながら事務スキルを身に付けられるのは嬉しいポイントです。

初めてのバイト探しという方や、バイトを変えようと思っている方は、ぜひ事務バイトを検討してみてください。

 

omochiで事務のバイトを探してみる omochiで事務のバイトを探してみる

 

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)