葬儀屋バイトはきつい?詳しい仕事内容や時給などを解説

葬儀屋と聞くと、仕事内容が難しく、働いているのは正社員のみというイメージを抱く方も多いでしょう。

しかし、実際に葬儀屋では大学生も対象としたバイトが多く募集されています。
遺族や参列者に寄り添いながら葬儀の進行をサポートする葬儀屋のバイトは、一体どのような仕事内容となっているのでしょうか。

今回の記事では、葬儀屋のバイトにおける仕事内容や時給、メリット、デメリットを詳しく紹介していきます。

新たにバイトを始めようと考えている方は、ぜひバイト探しの参考にしてみてください。

このバイトをざっくり言うと
✓ 正しい接客マナーや言葉遣いなど、高い接客スキルが身につく

✓ 重たい雰囲気になるので、悲しみに共感しすぎるとつらいことも

✓ 設営など意外と力仕事が多い
omochiで葬儀屋のバイトを探してみる omochiで葬儀屋のバイトを探してみる

まだ決まらないという人は、自分にどんなバイトがあっているかをキャラ診断でみてみましょう。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

 

仕事内容

まずは仕事内容についてです。

葬儀屋のバイトでは黒いスーツを着用し、『受付・誘導』『配膳・調理補助』『生花の設営』『データ入力』『清掃』『ドライバー』『警備』といった業務を行います。

それぞれの詳しい内容について、以下で確認していきましょう。

受付・誘導

葬儀に訪れた弔問客の受付や誘導、セレモニー会場にかかってきた電話の応対などを行います。

受付では芳名帳に記入してもらい、香典袋を受け取った後に返礼品を渡すというのが基本の流れです。

香典は両手で丁寧に受け取ったり、「お忙しい中ご参列くださりありがとうございます」と言葉をかけたりと、葬儀の場ならではのマナーが求められるでしょう。
クロークが用意されているセレモニー会場では、大きな荷物や上着を預かります。

また、弔問客の中にはパニックになっていたり、動揺してしまっていたりという方も少なからずいるでしょう。

そのような時も慌てず「大丈夫ですか?」「お手伝いしましょうか?」と声をかけたり、席まで案内したりと、臨機応変な対応が求められます。

配膳・調理補助

通夜や葬儀で出す食事(通夜料理・精進落とし)の配膳・調理の補助を行います。

配膳スタッフはお茶出しや食事、お酒の配膳や、おしぼりの提供などを行いますが、一般的な飲食店の配膳スタッフとは勝手が異なるため注意してください。

通常の飲食店であれば活気ある接客が求められますが、葬儀の場でそのような対応をするのはNGです。
遺族や参加者の気持ちを思いやり、落ち着いた対応をとるようにしましょう。

調理補助スタッフは簡単な調理作業や盛り付け、皿洗いなどを行います。
一般的なキッチンバイトと内容はほぼ同じですが、中には配膳と兼務する場合もあるようです。

生花の設営

セレモニー会場で生花祭壇の飾り付けを行う仕事です。

飾りつけを担当するほか、生花の配達・搬入を行うこともあります。
業務に生花の配達も含まれる場合、運転免許が必要になるので、あらかじめ確認するようにしましょう。

なお、生花自体は専門スキルを持ったスタッフが制作するため、特別な技術や知識は必要ありません。

データ入力

香典袋に記載されている名前や住所、会社名などをパソコンに入力し、香典帳を作成する仕事です。

ひたすら文字を入力していくという作業のため、タイピングが得意な方や集中力がある方には向いているでしょう。

ただし、中には崩し文字や読みにくい字で書かれたものもあり、打ち間違いには注意が必要です。

清掃

通夜や葬儀前後におけるセレモニー会場やトイレ、控え室の清掃・片付けを行います。

大きな祭壇を片付けるのは大変に思えるかもしれませんが、祭壇はキャスター付きのものが多いため、力がないという方でもあまり苦労せず動かせるでしょう。

また、遺族や弔問客と接することはほとんどなく、コミュニケーションが苦手という方に向いている仕事と言えます。

ドライバー

霊柩車・寝台車の運転や葬儀用品・資材の配送・搬入、遺族の送り迎えなどを行う仕事で、普通自動車免許が必要となります。

遺族と接することが多く、言動や立ち振る舞いには注意しなければいけません。

なお、マイクロバスを運転する場合は普通自動車免許だけでなく『中型免許』または『大型免許』も必要となるため、事前に確認するようにしましょう。

警備

セレモニー会場や駐車場の警備をする仕事です。
不審な人物がいないかを確認する巡回や、駐車場内に来る車の誘導を行います。

長時間立ちっぱなしとなる仕事であるため、ある程度の体力が必要となるでしょう。

時給

地域によって差があるものの、バイトの平均時給は『900〜1,100円』となっています。

なお、22:00〜翌5:00の時間帯であれば深夜手当として時給が25%アップするため、より稼ぎたい方は深夜シフトに入るのがおすすめでしょう。

現在は24時間営業の葬儀場も増えており、特に警備の仕事であれば夜勤のシフトも多くなっています。

メリット

ここからは、葬儀屋でバイトをするメリットを紹介していきます。

正しい言葉遣いや接客マナーが身につく

セレモニー会場では、礼儀正しく遺族や弔問客に接することが求められます。

一般的な接客業よりも、言葉遣いや接客マナーに気をつける必要があるでしょう。

バイトを通して身につけた言葉遣いやマナーは、社会人になってからも十分役立ちます。

葬儀に関する知識が身につく

これまであまり葬儀に参加する機会がなかったという方も、バイトを通して葬儀の流れやマナーを身につけることができます。

葬儀におけるマナーや作法は、社会人として押さえておきたい常識の一つ。自ら葬儀に参加する際、バイトで身につけた知識が役に立つでしょう。

やりがいを感じられる

葬儀屋のバイトでは、遺族から「良いお葬式になった」「ありがとう」と感謝の言葉をかけられる機会が多くあります。

良い葬儀にできるよう精一杯取り組んだ後でこのような言葉をかけられると、大きなやりがいを感じられるでしょう。

omochiで葬儀屋のバイトを探してみる omochiで葬儀屋のバイトを探してみる

デメリット

上記では、葬儀屋でバイトをするメリットについて紹介してきました。
しかし、いくつかのデメリットも存在しています。

どのようなデメリットが挙げられるか、以下で見ていきましょう。

精神的な負担が大きい

葬儀では遺族や弔問客の故人を悼む気持ちが強く、どうしても重たい雰囲気になります。
そのような場における遺族や参列客への接し方は難しく、相手の心を傷つけることにならないよう、細心の注意を払わなければいけません。

また、周りが悲しい雰囲気に包まれている中でも、冷静に粛々と葬儀の進行をサポートする必要があります。

感受性が高く、遺族や弔問客の悲しみに深く共感してしまうという方にはあまり向かないでしょう。

意外と力仕事が多い

葬儀用品や資材の運搬業務では、重たいものを運ぶ作業が続きます。

体力をかなり使うため、力仕事が苦手という方は注意が必要でしょう。

体力に自信がない方は、受付・誘導や配膳スタッフなど、できるだけ力仕事が少ない業務の求人へ応募するのがおすすめです。

夜勤がきつい

葬儀屋のバイトには夜間の来館案内や巡回警備、電話応対といった夜勤があり、事前に夜間の当直スタッフとして募集されます。

深夜帯であれば深夜手当があるため稼ぎやすいですが、体力面できついと感じることが多いでしょう。

気になるポイント

最後に、葬儀屋のバイトにおいて、多くの方が気になるポイントにお答えしていきます。

シフトの日数や時間はどれくらい?

葬儀屋のバイトにおけるシフトの平均日数は『週に2〜4日』で、平均的な勤務時間は『4〜7時間』となっています。
1日のうちに行われる通夜や葬儀の回数に応じて勤務時間が異なり、1回の式にしか参加しない場合、勤務時間が2〜3時間になることもあるようです。

学業を考慮してシフトを組んでもらえる職場が多く、忙しい大学生でも学校と両立しやすいでしょう。

髪型・髪色・アクセサリーなどの身だしなみは自由?

葬儀は厳粛な場であり、身だしなみにおいて華美なものは避けなければいけません。

長い髪はヘアゴムやネットでまとめ、前髪は目にかからないよう注意してください。

男性であれば、整髪料で適度にまとめると良いでしょう。
髪色は基本的には黒髪が求められますが、会社によっては暗めの茶髪であればOKとされることもあるようです。

ピアスやネックレスといったアクセサリーは、結婚指輪以外の着用を禁止されていることが多いため注意してください。

面接の服装はどんなものを着るべき?

面接における第一印象は採用を大きく左右するでしょう。
葬儀の場で働くため、派手な服装ではなく落ち着いた服装が望ましいとされます。

Yシャツやブラウス、カットソー、チノパン、膝丈のスカート、清潔感のあるジーンズなど、カジュアルすぎない服装で行くようにしましょう。

迷った際はスーツを着用していくのがおすすめ。
ジャージのようなラフな服装や、露出が激しい服装は悪印象につながるため避ける方がベターです。

こんな方に葬儀屋のバイトがおすすめ

今回は、葬儀屋のバイトにおける仕事内容や時給、メリット、デメリットなどを紹介してきました。

記事の内容を踏まえて、以下のような方におすすめのバイトと言えるでしょう。

  • 責任感が強い
  • 体力やメンタルに自信がある
  • ホスピタリティを発揮したい

高齢化に伴い、葬儀屋の需要は今後も増えていくと考えられます。

葬儀屋と聞くと敷居が高い印象を受けるかもしれませんが、バイトで身につけた葬儀のマナーや作法は社会人になってからもきっと役立つでしょう。
他のバイトではできない貴重な経験がしたいという方は、ぜひ葬儀屋のバイトにチャレンジしてみてください。

omochiで葬儀屋のバイトを探してみる omochiで葬儀屋のバイトを探してみる