音楽好きにおすすめのライブハウスバイト!仕事内容や時給を解説

様々なアーティストやバンドがライブを行うライブハウス。なかなか募集されることがなく、求人を見かけることは少ないですが、実は学生でもライブハウスでバイトをすることができるのです。

今回は、ライブハウスバイトの仕事内容や時給、メリット、デメリットなどを詳しく解説。音楽好きという方には嬉しいメリットがたくさんありますので、新たなバイトを探しているという方はぜひチェックしてみてください。

 

このバイトをざっくり言うと
✓ 仕事内容は、受付やドリンクづくり、アシスタントなど

✓ 音楽の知識がつき、やりがいも大きい

✓ ライブが多い土日に働ける人におすすめ
omochiでライブハウスのバイトを探してみる omochiでライブハウスのバイトを探してみる

 

まだ自分に合ったバイトがわからない方は、こちらのボタンから診断してみてください。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

 

 

仕事内容

まずは仕事内容についてです。ライブハウスのバイトでは、主に『受付・ホール』『ドリンク作り・キッチン』『PA・照明アシスタント』『清掃・機材メンテナンス』といった業務を行います。

それぞれの詳しい内容について、以下で確認していきましょう。

受付・ホール

チケットもぎりやドリンクチケットの配布、待機列の整理、お客さんの案内など中心の仕事です。また、開店前には会場設営を行います。

ドリンク作り・キッチン

ドリンクカウンターに立ち、バーテンダーとして営業中のお酒作りやドリンクの補充、軽食の用意などを行います。ジャズのライブハウスではパスタやピザといった本格的な料理を出しており、飲食店のキッチンのように調理を行うこともあるようです。

PA・照明アシスタント

PAとは、音響スタッフのこと。ライブにおいて音響機材や照明機材を操作し、ステージを演出する仕事です。

専門知識が必要となり、特にライブ中にも多々調整を行うような機材の操作は専属スタッフが行う場合も多くなっています。

清掃・機材メンテナンス

ステージや客席、トイレの清掃や、機材の片付け、消毒、拭き掃除などを行います。アーティストやお客さんが気持ちよくライブを楽しめるよう、ライブハウスの衛生を保つ大切な仕事です。

時給

地域によって異なるものの、ライブハウスバイトの平均時給は『900〜1,100円』となっています。一般的なバイトの時給とそこまで変わりはないでしょう。

なお、深夜(22:00〜翌5:00)であれば深夜手当として時給が25%アップします。そのため、平均時給はそこまで高くないものの、遅い時間のシフトが多い分ある程度稼ぎやすいでしょう。

メリット

ここからは、ライブハウスでバイトをするメリットを紹介していきます。

やりがいがある

ライブハウスのバイトでは、アーティストやバンドのライブを裏方として支えます。ライブが成功し、アーティストやお客さんの喜ぶ姿を見ると大きなやりがいを感じられるでしょう。

間近でライブの熱気を感じられたり、リハーサルを見れたりするのも、ライブハウスのバイトならではです。

音楽好きの友人ができる

ライブハウスで働くスタッフや、ライブハウスに訪れるお客さんは音楽好きばかりです。同じ趣味を持つ者同士で話が盛り上がり、スタッフやお客さんと仲良くなれるというのもメリットでしょう。自分の好みと全く異なるジャンルの音楽が好きという人と出会えれば、新たな音楽ジャンルを開拓するきっかけになります。

また、ライブハウスにはアーティストや業界関係者も多く訪れるため、音楽業界で働きたいという方にとっては人脈作りにもなるでしょう。

音楽の知識を身につけられる

ライブハウスでは、毎日のようにライブが開かれています。バイトでライブの運営をサポートするうちに、音楽ジャンルやアーティスト、ライブで使用する機材など、様々な音楽の知識が身につくでしょう。

音楽業界で働きたい方にはもちろん、ライブの進め方や演奏技術など、自身でバンドを組んでいるという方にも良い勉強となります。

デメリット

上記では、ライブハウスでバイトをするメリットについて紹介してきました。しかし、一方でいくつかのデメリットも存在しています。

体力負担が大きい

ライブハウスのバイトでは、楽器や機材の運搬、大量のドリンク運びなど力を使った仕事を多く行います。

また、ライブの進行状態によっては休憩をろくに取れないこともあるでしょう。数回に分けて休憩を取る形となり、勤務中にしっかり休めないため、体力的にきついと感じることがあります。

帰りが遅くなってしまう

ライブは夕方から夜かけての時間で始まります。場合によってはライブの時間が押して、終了時間が遅くなってしまうことも多いでしょう。しかし、スタッフが帰れるのはライブが終わってお客さんやアーティストが退店し、店内の後片付けが終わってから。

ライブが長引いた結果、時には終電を逃してしまうなんてこともあるため注意してください。

バイトは終電を考慮して帰らせてもらいやすいですが、あまりに時間が押して終了時間が後ろ倒しになると、終電を逃してタクシーで帰らなければならないこともあります。タクシー代を支払われることはほとんどないため、実費で払うことを覚悟しておかなければいけません。

トラブルに対応しなければならない

ライブハウスでは好きなアーティストの演奏で盛り上がるうえ、お酒も出るため興奮状態となるお客さんが多くいます。盛り上がりすぎたあまり、お客さん同士で喧嘩を始めたり、スタッフに文句を言ってきたりと、トラブルが発生することも少なくありません。

ライブハウス内で起きたトラブルにはスタッフが対処しなければならないため、慣れないうちは大変と感じることも多いでしょう。

面接で志望動機をうまく伝えるコツ

ライブハウスの面接には、多くの音楽ファンが集まります。ただ音楽好きということを伝えるだけでは面接官の印象に残りません。

面接官の印象に残るには、『なぜそのライブハウスで働きたいのか』『ライブハウスのバイトに活かせる強みはあるか』ということをしっかり伝えることが大切です。これらのポイントを意識することで、より志望動機に説得力が増すでしょう。

以下で志望動機例を2つ紹介しますので、志望動機を考える参考にしてみてください。

志望動機例①

私は物心ついたときから音楽が大好きです。音楽の中でも特にロックバンドが好きで、よくライブにも行っています。こちらのライブハウスは、長年多くのアーティストや音楽ファンから愛されており、そんなライブハウスで裏方として活躍したいと思い応募いたしました。

音響演出は未経験ですが、将来は音楽業界で働きたいと思っており、自分なりにライブで使用する機材について勉強しています。また、週末は基本的にシフトに入れますので、経験を積ませていただければすぐ即戦力として活躍できるのではないかと思います。

志望動機例②

こちらのライブハウスには、ライブを見るために高校生の頃から足繁く通っていました。ライブに通ううちに、より音楽への愛が膨らみ、今では友達とコピーバンドを組んでいるくらいです。そんな思い出の詰まったライブハウスでぜひ働きたいと思い、応募いたしました。

裏方の動きは大まかに理解していて、音楽機材についても基本知識がありますので、現場でもすぐお役に立てるようになるのではないかと思います。アーティストの方とお客さんがライブを思いっきり楽しめるよう、裏方として精一杯努力してまいります。

 

気になるポイント

最後に、ライブハウスのバイトにおいて、多くの方が気になるポイントにお答えしていきます。

シフトの日数や勤務時間はどれくらい?

シフトの平均日数は『週2〜4日』、勤務時間の平均は『4〜6時間』となっており、ライブハウスの営業時間に合わせて夕方から24時ごろまで働く形が多いようです。

ライブは土日にお客さんが増えるため、週末のシフトに入れるという方は採用の可能性が高まるでしょう。逆に週末は全くシフトに入れない場合、不採用となる可能性が高いため注意してください。

面接の服装や身だしなみは?

ライブハウスのバイトは、他の接客業と比べて服装や髪色のルールが緩めです。とはいえ、第一印象は採用を左右するため、面接ではきちんと身なりを整えていくことが大切でしょう。

襟付きのシャツやブラウス、チノパン、膝丈のスカートなど、清潔感のあるきれいめな服装で行くのがおすすめです。

ジャージのようなラフすぎる服装や、露出の激しい服装は避けるようにしましょう。また、アクセサリーはできるだけ外し、髪型も前髪が長くなりすぎないように整えていくのが無難です。

音楽未経験でもできる?

ライブハウスのバイトは、意欲さえあれば音楽未経験という方でも可能です。基本的な仕事内容は一般的な接客業に近く、受付やドリンク作り、機材の消毒や片付けなどが中心となるため、音楽の知識がなくてもバイトが可能となっています。

PAや照明のアシスタントを任される場合も、機材の使用方法は最初にしっかり教えてもらえるので安心してください。ただし、専門学生の方や自身もバンドを組んで活動している方の場合、バイトの採用で優遇されることはあるでしょう。

こんな方にライブハウスのバイトがおすすめ

記事の内容を踏まえて、以下のような方にライブハウスのバイトが向いていると言えるでしょう。

  • 音楽やライブが好き
  • 将来は音楽業界で働きたい
  • 責任感が強く、アーティストとお客さんのことを一番に考えて動ける

ライブハウスの求人はレアかつ人気が高いため、見つけたら積極的に応募してみるのがおすすめです。音楽の知識を身に付けたいという方や、音楽好きの仲間と出会いたいという方は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

omochiでライブハウスのバイトを探してみる omochiでライブハウスのバイトを探してみる キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)