シール貼りバイトの評判は?危ないって本当?仕事内容や時給を解説

最近になって大学生からの人気が急増しているシール貼りバイト。『高時給が多い』『シールを貼るだけなんて単純すぎる』といった理由から、シール貼りバイトは危ない・怖い・嘘の求人といったイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。

シール貼りバイトは軽作業に分類され、単純作業に見えて意外と正確性やスピード感が求められる仕事です。実際に多くの求人が募集されており、決して嘘の仕事内容ではありません。

なお、求人サイトから探すほか派遣会社を通して応募するという方法もあり、不安な方は口コミの多い派遣会社から応募するのがおすすめでしょう。

今回は、シール貼りバイトの仕事内容やバイトの探し方、時給、メリット、デメリットなどを詳しく解説していきます。

仕事内容

シール貼りは、世に流通する前の商品へシールやラベルを貼っていくという仕事です。具体的に、以下のような商品を扱っています。

  • 化粧品の成分表示表・ロゴ
  • 商品のバーコード
  • 封筒・DMの宛名シール
  • 食品の成分表示表・ロゴ
  • 本やパンフレットの訂正シール

作業内容が単純である分、とにかく量が多いのでスピーディーかつ正確に作業を進めないといけません。また、求人によっては簡単な検品や仕分けの作業を一緒に行うこともあるようです。

基本的に室内作業のため、空調の効いた快適な空間で働けるのは魅力的でしょう。

シール貼りバイトの種類

シール貼りバイトには、倉庫や作業所に行って作業を行う『出勤スタイル』と自宅で作業を行う『在宅ワーク』の2種類がありあす。

基本的には出勤ありの求人が多いものの、最近では在宅ワークの求人も増えているようです。

シール貼りバイトの探し方

シール貼りバイトを探すには、『一般的な求人サイトを使う』か『派遣会社に登録する』の2通りの方法があります。

求人サイトからシール貼りバイトを探す

一般的な求人サイトで検索をかけて求人を探す方法です。出勤・在宅どちらの求人もあり、自由に選べるでしょう。

なお、勤務期間として、長期から単発・短期のものまで幅広い求人があります。

派遣会社からシール貼りバイトを探す

シール貼りのような軽作業を中心に扱う派遣会社を探して登録する方法です。

派遣会社に登録するときは『登録会』『説明会』などに参加しなければいけません。登録会と言っても大勢が集まって説明を聞くような形式ではなく、ほとんどの会社ではカジュアルな雰囲気の面談形式となっています。希望する求人内容やスケジュール(曜日・時間)などを担当者にヒアリングしてもらうという流れです。

登録会の後は求人を紹介してもらえるようになるので、好きな求人に応募しましょう。なお、派遣会社を通して見つけられる求人は単発・短期のものが多く、基本的に面接なしで働ける求人ばかりとなっています。

時給

都内におけるシール貼りバイトの時給をチェックしたところ、時給平均は『1,050〜1,400円』であることがわかりました。求人によってはかなり高めの時給で働けるところもあるようです。

なお、在宅ワークの場合は時給制ではなく出来高制(歩合制)で、作業量に応じて報酬が支払われる形となっています。0.5〜1円ほどの単価で、成果物の数に単価を掛け合わせたものが報酬になる仕組みです。

ただし、注意すべきなのは時給換算したときに何円になるかというところ。単価1円の作業を5秒に1回のペースで行うとすると時給換算して『720円』となるため、在宅ワークはあまり稼げないと思っておいた方がいいでしょう。

なお、経験を積むと単価の高い求人に応募できるようになることもあるようです。

メリット

ここからは、軽作業バイトのメリットを紹介していきます。

人と話さなくてもいい

シール貼りバイトの作業は基本的に自分一人で行います。接客はもちろん、スタッフ同士のコミュニケーションもほとんどないため、職場での馴れ合いが苦手という方にはおすすめのバイトと言えるでしょう。

また、バイトによくある人間関係のしがらみもないため気楽に働けます。

仕事内容が簡単

シール貼りのバイトは単純作業の繰り返しです。そのため、仕事を覚えるのが苦にならないでしょう。

バイトで難しい作業を任されたくないという方にはぴったりの仕事です。

服装や髪色が自由

基本的に、シール貼りバイトの服装は自由とされています。出勤して作業する場合、あまりにも露出が激しい服装でなければどのような服装でも問題ないでしょう。特に在宅で行うのであれば、部屋着やパジャマで作業しても問題ありません。

また、接客がないため髪色も好きな色を楽しめます。

ただし、アクセサリーやネイルは制限されていることもあるので注意してください。特にネイルは作業に支障が出るため禁止されていることが多いでしょう。

デメリット

上記では、シール貼りバイトのメリットを紹介してきました。ただし、いくつかのデメリットも存在しています。

どのようなデメリットが挙げられるか、以下で確認していきましょう。

単純作業で飽きやすい

シール貼り作業は覚えることがほとんどなく、ずっと同じ作業の繰り返しです。そのため途中で飽きてしまうことが多いバイトとも言えるでしょう。

『効率よく作業を進める方法を見つける』『今日は1時間で500個作業を終わらせる』など、飽きずに取り組むための工夫が必要になってきます。

繊細な作業が求められる

シール貼り作業は単純なものの、位置がずれてしまったり傾いてしまったりするとその商品が廃棄になってしまうこともあります。意外と神経を使う大変な作業ということを頭に入れておかなければいけません。

廃棄を多く出してしまうと減給になったり、最悪の場合クビになってしまったりすることもあるため注意するようにしましょう。

座りっぱなしできつい

基本的に、シール貼りのバイトはずっと椅子に座ったまま行います。力仕事はないものの、長時間座りっぱなしでいることで逆に肩や腰が凝るといった悩みも出てくるでしょう。

休憩時間で背伸びをしたり立ち上がったりして、息抜きすることが必要です。

志望動機のポイント

志望動機の説得力を高めるには、『理由を2つ以上組み合わせて述べる』ということがポイントです。

『自宅から近いから応募した』『時給が良かったから応募した』といった志望動機は内容が薄く、面接官の印象に残りにくいでしょう。自分の強みも盛り込みつつ複数の理由を述べるようにすると、志望動機に説得力が増します。

以下で軽作業バイトにおける志望動機例を2つ紹介しますので、志望動機を考えるときの参考にしてみてください。

志望動機例①

『私は昔から手先が器用で、刺繍やジグソーパズルといった細かい作業で時間を潰すことが好きです。何か自分の特技を活かせるバイトがしたいと思い、作業に丁寧さが求められるシール貼りの応募に応募致しました。

また、こちらの工場は自宅から通いやすく、シフトにたくさん入って働くことも可能です。一生懸命頑張りますのでよろしくお願い致します。』

志望動機例②

『私はコツコツ同じ作業を進めることが得意で、シール貼りの作業内容が自分に向いていると思い応募いたしました。

週に4日は働けるので、たくさんシフトに入って貢献したいと思っています。よろしくお願いいたします。』

よくある質問

最後に、軽作業バイトにおいて多くの方が気になるポイントにお答えしていきます。

シフトの日数や勤務時間はどれくらい?

軽作業バイトにおけるシフトの平均日数は『週2〜5日』、勤務時間は『3〜7時間』と幅広くなっています。

シフトの融通は比較的利きやすく、学校が忙しいという方も学業と両立させやすいでしょう。週1日から働ける求人も多いようです。

面接なしの求人もある?

シール貼りバイトの中には、面接がない求人もあります。

派遣バイトや1日のみの単発バイト、郵送でシールと製品が送られてくる在宅バイトは面接なしであることが多いです。面接なしの求人は求人情報に『面接なし』と大きく記載されていることが多いので、チェックするようにしましょう。

シール貼りバイトは友達と応募できる?

求人サイトからの応募でも派遣会社を通しての応募でも、一部の求人では友達と応募することが可能となっています。友達と応募できる求人は『友達との応募OK』『友達との応募歓迎』などと求人の情報に書かれているので、チェックしてみてください。

しかし、友達と応募できるからといって一緒に話しながら作業をすることはできません。実際の作業は一人で集中しながら進めないといけないでしょう。

また、シフトが必ずしも被るわけではないことにも注意が必要です。

こんな人にシール貼りバイトがおすすめ

記事の内容を踏まえて、以下のような方にシール貼りのバイトは向いていると言えるでしょう。

  • あまり人と会話したくない
  • 在宅でできるバイトがしたい
  • コツコツ作業に取り組むことが得意

在宅ワークだと報酬が少なくなりやすいので、初めてシール貼りバイトにチャレンジする方はまず出勤スタイルでスタートしてみることがおすすめです。単純作業で時間の経過が遅く感じるときは、自分の中で目標を持って作業に取り組むようにしましょう。

記事を読んでバイトに興味を持ったという方は、ぜひチャレンジしてみてください。