家庭教師バイトの探し方はこれ!会社・個人契約それぞれの探し方をご紹介

今も昔も、多くの大学生から人気を集めている家庭教師。
時給が高く、忙しい大学生にはぴったりのバイトと言えるでしょう。
しかし、そのバイトの探し方は、飲食店や販売業といった一般的なバイトとは少し異なることをご存知でしたか?

今回の記事では、家庭教師におけるバイトの探し方について詳しく解説していきます。
これからバイトを探すという方は、ぜひ本記事をチェックしてみてください。

目次

  • バイトの形態
    1. 家庭教師センターと契約を結ぶ
    2. 各家庭と個人で契約を結ぶ
  • バイトの探し方
    1. 『家庭教師センター』に登録
    2. 『複数の家庭教師センターに登録できるサイト』に登録
    3. 『大学の求人』から応募
    4. 『個人で家庭教師・生徒を募集するサイト』に登録
  • 依頼を受けるときに気をつけること
    1. できるだけ自宅から近いエリアで探す
    2. 複数の生徒を受け持つのであれば、同じ曜日&近いエリア
  • 短時間で稼ぐなら家庭教師がおすすめ

バイトの形態

家庭教師におけるバイト形態は、大きく『家庭教師センターと契約を結ぶ』または『各家庭と個人で契約を結ぶ』という2パターンに分かれます。
それぞれにおいて、その特徴やメリット・デメリットを確認してみましょう。

家庭教師センターと契約を結ぶ

『家庭教師センター』とは、家庭教師を派遣する大元の会社のことです。その規模は、大手企業から規模が小さい会社まで様々。
多くの場合、このセンターに登録し、依頼が来るのを待ちます。

メリット

家庭教師センターにおいて、『センターならではの情報網がある』というのが大きなメリットと言えます。

  • 地域の学校におけるテストの傾向
  • 近隣の中学・高校の受験の傾向
  • 学習サポート・受験対策における指導のコツ

こうした自分では調べられないような情報を得られるため、より質の高い指導を行えます。『授業の進め方』や『カリキュラムの組み方』について、研修を受けられるというセンターも。
レベルの高い指導を行うことで、生徒の成績アップにもつながるでしょう。

また、『依頼がある程度安定している』というのもメリットとして挙げられます。
センターを通して契約を結ぶ家庭が多いため、センターに登録しておけば、依頼を受けるチャンスは増えると言えるでしょう。

デメリット

センターから依頼を受けて働く場合、仲介料を取られるため、『時給が個人契約よりも低くなる』というデメリットがあります。
とは言え、一般的なバイトと比べると高時給のため、そこまで気にする必要はありません。

そのほか、『センターにレポートを送らないといけない』というデメリットも挙げられます。
特に『生徒の親へのサポート』を売りにしている会社の場合、授業ごとに指導レポートを作成しなければいけません。
作ったレポートは親に渡すことを目的とされていることが多いため、丁寧に書く必要があります。

各家庭と個人で契約を結ぶ

家庭教師センターを介さず、家庭と個人で契約を結ぶ方法です。
この場合、

  • 時給
  • 週あたりの日数・指導時間
  • 指導する科目数
  • 使用する教材
  • 交通費の有無

といった内容について、全て個人間で交渉することになります。

メリット

直接契約を結ぶメリットとして、第一に挙げられるのは『時給が高い』ということでしょう。
個人で契約を結ぶ場合、会社が介在しません。そのため、家庭が支払う報酬は全て自分で受け取れるのです。

また、『契約内容が柔軟』というのも大きなメリットです。
時給だけでなく、指導に入る日数・時間なども、完全に交渉で決められるのが個人契約のいいところ。

  • 「大学でテストのある月は指導時間を減らしたい」
  • 「この月は実習があるため、指導には入れず別の月で指導日数を増やしたい」
  • 「病院に行く必要があり、来週の曜日をずらしたい」

こうした指導日時の調整を直接行えるため、自分のスケジュール希望が通りやすいというのはメリットでしょう。
センターに登録している場合でも、生徒と都合を合わせればある程度融通は利きますが、個人契約の方がより柔軟な対応が可能です。

デメリット

個人契約を結ぶことのデメリットとして、『完全に自己責任』ということが挙げられます。
家庭教師センターに登録している場合、受験対策の情報や指導メソッドといった、指導に役立つ情報を得られます。何かトラブルが起きたときも、間に入ってもらえるでしょう。

しかし、個人契約の場合、指導に必要なことは全て自分で下調べ・準備しなければいけません。
また、何かトラブルが起きたときに頼れる場所がない、という心細さがあります。

そのほか、『自分で依頼を獲得する必要がある』というのも個人契約ならではのデメリットでしょう。
センターに登録しているのであれば、ある程度の依頼数が見込めます。しかし、個人契約の場合、まずは依頼を見つけるところから始めなければいけません。
実績がない場合、依頼から契約まで持っていくのはなかなか大変でしょう。

バイトの探し方

ここからは、具体的な家庭教師バイトの探し方について紹介していきます。

『家庭教師センター』に登録

家庭教師センターに個人で登録する、という方法です。
様々なセンターがあり、その中から条件を絞って入りたいところを見つけ、登録します。

なお、一概に大手企業に登録すれば安心、とも言えないため注意しましょう。
大手企業はネームバリューがありますが、広告費をかけている分、家庭が払う授業料が高いこともあり、必ずしも依頼数が多いとは限りません。

また、だからといって地元の小さい会社の場合、そもそも知名度が低く依頼自体少ないのでは、という不安もあるでしょう。

そこでおすすめなのは、『複数のセンターに登録する』という方法です。
依頼数の少なさも、複数のセンターに登録することでカバーができるでしょう。

『複数の家庭教師センターに登録できるサイト』に登録

上記で説明したように、家庭教師センターに登録するのであれば、複数のセンターに登録するのがおすすめです。
しかし、いちいち各センターにプロフィールを登録する、というのは面倒なもの。

そんなとき、役に立つのが『複数のセンターに一括登録ができるサイト』。
そのサイトに自分の情報を登録すれば、自動で複数のセンターにも登録が完了する、といった仕組みになっています。

なお、一括で登録するからといって、条件の合わないところにも登録しなければいけないわけではありません。
事前にエリアを選んだり、条件を確認してから登録する会社を選んだりできるため、効率的でありながら自分に合った会社を選べるのも魅力です。

『大学の求人』から応募

大学の学生課や生協に、家庭教師バイトの求人が来ることも。
家庭教師センターの登録案内が来ることもあれば、家庭から直接依頼が来る場合もあります。

案内から連絡を取り、個人の家庭であればそのまま面接・交渉に進む、という形がほとんど。
大学が間に入るため、何かトラブルが起こったときに頼れるというメリットがあるでしょう。

『個人で家庭教師・生徒を募集するサイト』に登録

個人契約を結ぶのであれば、こちらの方法がメインとなるでしょう。

掲示板のような形式になっており、生徒側と家庭教師側が、それぞれプロフィールや家庭教師/生徒を募集している旨を書き込みます。
条件に合う投稿を見つけたら、お互いメールで連絡し、面接・経歴確認などを経て契約という流れ。

なお、生徒側でお金を出すというサイトが多く、家庭教師側は無料で使用できる場合がほとんどです。

依頼を受けるときに気をつけること

最後に、家庭教師バイトにおいて、依頼を受ける上で注意したいポイントを紹介していきます。

できるだけ自宅から近いエリアで探す

短時間の拘束で済むのが、家庭教師のメリットです。忙しい合間をぬって稼げる、というのがいいところ。
しかし、移動に時間がかかってしまうのでは、せっかくの恩恵を受けられません。

そのため、なるべく自宅から近いエリアで依頼を受けるのがおすすめでしょう。
自宅から遠い場所を選んでしまうと、前後の移動時間の方が指導時間よりも長くなってしまう、ということにもなりかねません。
移動時間で時給は発生しないため、それだともったいないでしょう。

また、もし自宅から近いエリアでの依頼が少ない場合や、生徒と生活圏を被らせたくないというときは、大学から近い場所で探すのも一つの手です。
大学から近ければ、講義終わりにそのまま生徒の自宅へ向かえるため楽でしょう。

複数の生徒を受け持つのであれば、同じ曜日&近いエリア

担当する生徒が一人だと、稼働時間が少なく稼ぎにくいため、複数生徒を受け持つという学生は多くいます。
もし複数生徒を受け持つ場合、『同じ曜日』にして、かつ『近いエリア』で探した方が効率よく働けるでしょう。

その理由として、働く日と休みの日でメリハリをつけるため、ということが挙げられます。
生徒宅への移動や指導の準備で、バイトの前後はどうしても時間が取られてしまうもの。そのため、指導する曜日はまとめた方がスケジュールを組みやすくなります。
また、各生徒のエリアが近いと移動の時間がかからずに済むでしょう。

短時間で稼ぐなら家庭教師がおすすめ

今回は、家庭教師バイトの探し方について詳しく説明してきました。いかがでしたか?

家庭教師は時給が高いため稼ぎやすかったり、大きなやりがいを感じられたりと、様々なメリットがあります。
短時間の拘束で済むぶん、比較的バイトの掛け持ちもしやすいため、バイト選びに悩んでいるという方は、ぜひ検討してみてください。

家庭教師のバイトはこちらから探せます。

https://omochi.io/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD?keyword=%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E6%95%99%E5%B8%AB