スシローバイトの評判は?仕事内容・時給・志望動機例などを解説

回転寿司チェーン店として人気の高いスシロー。お寿司へのこだわりや、サイドメニューへの豊富さから幅広い年代のファンに愛されています。

スシローは全国で店舗を展開しており、バイトの求人を見かけることも多いでしょう。マニュアルが整備されているので、バイトが初めてという方でも安心して働けますよ。

今回は、スシローバイトの仕事内容や時給、メリット、デメリット、志望動機のポイントなどを解説していきます。

仕事内容

まずは仕事内容についてです。スシローバイトの仕事は大きく『ホール』『キッチン』の2種類に分かれています。

それぞれの詳しい内容について、以下で確認していきましょう。

ホール

お客さんの案内や会計、湯呑みの補充、ドリンクや一品料理の提供、退店後の片付けなどを行います。

会計時は札に書かれている数字をレジで打つだけで、複雑な操作がほとんどないためレジ未経験という方でもスムーズに覚えられるでしょう。割引クーポンの利用があった場合は画面の表示に従って操作していけば問題ありません。

また、商品の多くはレーンで運ばれます。そのため、ファミレスや居酒屋といった飲食店と比べて料理を運ぶことが少ないというのも特徴的でしょう。

キッチン

調理補助や皿洗い、厨房の掃除などを行います。

バイトであれば握られたシャリにネタを乗せるという簡単な作業が多いので、キッチン未経験という方でも心配ありません。

お寿司をきれいに盛り付けるためのセンスや、揚げ物やおつまみなどの一品料理を作るスキルを学べます。

時給

都内におけるスシローバイトの時給を調べたところ、平均時給は『1,050〜1,100円』であることがわかりました。なお、22時以降は時給が25%アップするのでより稼ぎやすくなりますよ。研修期間(約60時間)は時給が50円程度低くなることもあるため、事前に確認するようにしましょう。

また、公共交通機関を利用した際の交通費は支給される場合がほとんどです。ただし、店舗によって支給額の上限が規定されていることもあるので、求人情報や面接などで確認するようにしてください。

メリット

ここからは、スシローでバイトをするメリットを紹介していきます。

マニュアルが整備されている

スシローは大手チェーンのため、全国でサービスレベルを一定の水準に保てるようマニュアルが整備されています。そのため、接客や調理でわからないことがあってもマニュアルを見ればすぐ確認できるでしょう。

また、研修制度も整っているので初めてのバイトという方も安心して働けます。

魚に関する知識が身につく

魚の種類や捌き方、仕込みの仕方など、魚について幅広い知識が身につくのもスシローバイトならではです。

バイトで得たスキルを活かして海鮮丼を作ったり、買ってきた魚をさばいたりと、普段の生活にも活かせますよ。

社割がある

勤務日の休憩時間にまかないとして店内の商品を食べる場合、30%オフで食べることができます。美味しい食事を割引価格で食べられるのは、スシロー好きにとって嬉しいメリット。

また、勤務時間が月間100時間以上になる場合は30%オフの食事割引券をもらえるようです。

学生バイトが多くて楽しい

スシローのバイトは学生が多いという特徴があります。

同世代同士で仲良くなりやすい分、楽しく和気あいあいと働けるでしょう。他の大学に友達ができて、人脈も広げられますよ。

デメリット

上記では、スシローでバイトをするメリットについて紹介してきました。しかし、いくつかのデメリットも存在しています。

どのようなデメリットが挙げられるか、以下で確認していきましょう。

魚の生臭さがきつい

特にキッチンの場合、バイト後の髪や手の魚臭さがきついという難点があります。魚を扱わないホールでも、長時間働いた後は髪が魚臭い状態になってしまうでしょう。

臭いが気になる方は、バイト後に消臭効果のあるヘアスプレーを使うのがおすすめです。

土日は忙しい

土日は平日と比べてかなりの数のお客さんが来店するため、店内が混雑します。時には満席で入れず、待機するお客さんも出てくるでしょう。

普段以上にスピーディーな対応が求められるので、慣れないうちはきついと感じることも多くあります。

また、お客さんが多い分クローズ(閉店作業)も長引いてしまい、残業しなければならないことも。土日のバイトはある程度長引くことを覚悟しておいた方がいいでしょう。

身だしなみが厳しい

スシローは飲食店であるため、衛生面が厳しいということは頭に入れておきましょう。

化粧は派手だとNGで、つけまつげやマツエクも禁止されている店舗があります。ネイルもNGで、長い爪は切らなければいけません。

また、アクセサリーは基本的に禁止。接客業ということもあり、髪色は黒色か暗めの茶髪にする必要があるようです。

覚えることが多い

キッチンの場合、寿司だけでなく揚げ物やうどん、ラーメン、サラダなどの作り方もマスターしなければいけません。また、作る工程の他にも仕込みや補充などの流れを覚える必要があるでしょう。

慣れないうちこそ多めにシフトに入り、仕事を覚えるのがおすすめです。

志望動機のポイント

スシローバイトの面接における志望動機で、『スシローが好きだから』と言う人はとても多くいます。ただし、それだけだと他の応募者に埋もれて印象に残りにくいでしょう。

志望動機で好印象を与えるには、スシローで働きたい理由に加えて『バイトで活かせる強み』を伝えることが大切です。

以下で志望動機の例文を2つ紹介しますので、志望動機を考えるときの参考にしてみてください。

志望動機の例文①

『スシローのお寿司はもちろん、一品料理やデザートも大好きで、いつかはスシローでアルバイトをしてみたいと思っていました。大学生になりアルバイトができるようになったので、この度こちらの店舗の求人に応募いたしました。

こちらの店舗は大学、自宅ともに近いので、週に4日以上シフトに入ることが可能です。たくさんシフトに入り、一日でも早く仕事を覚えられるよう頑張ります。』

志望動機の例文②

『私はスシローが大好きで、こちらの店舗も家族とよく利用していました。店員さんの明るい笑顔が印象に残っており、ぜひ私も一緒に働かせていただきたいと思い応募いたしました。

ファミリーレストランのホールスタッフとしてアルバイトをしていた経験があり、明るい接客には自信があります。また、こちらの店舗は自宅からの距離が近いので、シフトにたくさん入ることも可能です。』

よくある質問

最後に、スシローのバイトにおいて、多くの方が気になるポイントにお答えしていきます。

シフトの日数や勤務時間はどれくらい?

シフトの日数は『週2日』から、勤務時間は『1日3〜4時間』からという店舗が多いようです。

大手チェーンということもあって人員が揃っている店舗が多く、シフトの融通は利きやすいでしょう。

面接に行くときの服装は?

勤務中は制服を着て働きます。そのため普段の服装は業務に関係ありませんが、第一印象を決める面接の場では清潔感のあるシンプルな服装で行くことが大切でしょう。

面接に行くときの服装は、以下のものを参考にしてみてください。

  • 男性:襟付きのシャツ、ポロシャツ、チノパン、スキニーパンツ、革靴、清潔感のあるスニーカー
  • 女性:襟付きシャツ、ブラウス、カットソー、膝丈スカート、チノパン、ローファー、パンプス

服装にシワや汚れがないか、家を出る前の最終チェックは忘れないようにしましょう。

面接では何を聞かれるの?

スシローのバイト面接では、主に以下のような内容を聞かれます。

  • 志望動機
  • 交通手段・通勤時間
  • 接客やキッチンの経験有無
  • 前のアルバイトを辞めた理由
  • 長所・短所
  • 大学で学んでいる内容
  • 今まで頑張ってきた経験
  • 自己PR
  • シフトに入ることができる日数・時間・曜日
  • 勤務期間(半年以上働けるか)

事前に答える内容を考えておくと安心できうでしょう。また、面接ではコミュニケーション能力が重視されるため、明るくハキハキ答えることが大切です。

面接のときはどこから入る?

面接のときは、一般のお客さんと同じように会計カウンターのところへ向かいます。

「本日●●時よりアルバイト面接を予定している●●(名前)と申します。」と言えば面接官へ通してもらえるでしょう。

また、面接官の名前がわかっている場合、「担当の●●様はいらっしゃいますか?」と言うとやり取りがよりスムーズになります。

こんな人にスシローのバイトがおすすめ

記事の内容を踏まえて、以下のような方にスシローのバイトは向いていると言えるでしょう。

  • お寿司が大好き
  • 接客業に興味がある
  • 魚がさばけるようになりたい

どうしても魚の生臭さはデメリットですが、店内の商品をお得に食べられるのはスシローファンにとってたまらないメリットです。また、学生バイトが多いのでバイト同士仲良くしたいという方にもおすすめですよ。

記事を読んでバイトに興味を持ったという方は、ぜひチャレンジしてみてください。