高時給でしっかり稼げる!おすすめの夜勤・深夜バイトをご紹介!

授業やサークル、コンパ、休みは旅行などで色々忙しい大学生活。楽しむためには、お金もかかるけどそんなにバイトばかり入れられない。そんな時は昼間の時間は自由に使いつつ効率よく稼げる夜勤・深夜バイトがおすすめです。

夜勤・深夜バイトはなんで効率が良いの?

深夜バイトは給与が高い

22時〜5時の深夜の時間帯は労働基準法で給与が25%以上の深夜労働手当を支給することが義務付けられておりアルバイトでも適用されるため、単純に時給が25%以上アップすると考えて良いです。
さらに8時間を超過しての労働で発生する、時給の25%以上の残業手当も労働基準法により上乗せさせることもできるため、最大時給50%以上UPさせることもできます。ただし、その場合は21時前から働く必要があります。

比較的忙しさが穏やか

深夜手当など日中にくらべ時給が高い分、忙しいのかというとむしろその逆でコンビニやファミレスなど、昼間と比べて人出が少ない分比較的余裕がある仕事が多いです。
ただし、昼間にはないイレギュラーな対応が必要なこともあるので決して仕事が少ないから楽というわけではありません。

昼間の時間を有効に活用できる

夜間バイトは昼夜が逆転してしまうイメージが大きいですが、きちんと休憩が設定されているバイトや自分の体力と相談すれば昼間もちゃんと活動できます。むしろ午前中にバイトが終わることが多いため、人の少ない午前中を中心に活動できるため様々なところで効率的です。

夜勤バイトって女性もはたらけるの?

深夜だからと言って女性が働けないわけではない

夜勤や深夜バイトで働いている方は比較的男性が多いのは事実です。ただし、法律上は一部の例外を除き18歳未満は深夜の時間帯働くことは禁止されていますが、18歳以上であれば女性でも問題なく働くことができます。

夜間・深夜という特性上昼間のバイトと比べると危険がないわけではないため、働く場所や終了時間などは十分に検討して探すと良いでしょう。

18歳以上でも高校生は働けないことが多い

高校3年生であれば18歳以上の方も出てきますが、就業規則などで高校生の労働を禁じている企業は多いです。また、学校の校則や自治体によっては条例で高校生の深夜労働を禁じている自治体もありますので、高校生で夜勤バイトを考えている方は卒業まで待ってからの方が探しやすいかもしれません。

おすすめの夜勤・深夜バイト8選

夜勤・深夜バイトというとコンビニなどがすぐに思いつくと思いますが他にも様々な業種で夜勤・深夜バイトは募集されています。ここでは様々なバイトの中でおすすめの夜勤・深夜バイトをご紹介します。

居酒屋

仕事内容は接客が中心となるホール業務と調理が中心のキッチン業務ですが夜勤の場合、閉店時の掃除などもあることがあります。
居酒屋バイトがもっとも忙しいのは19時〜21時(※)、それ以降は大きくお客様が増えることは少なくなっているため、ピーク時に比べるとだいぶ余裕がある。深夜特有ではないですが比較的深く酔われたお客様なども増えるので、ホールは忙しさと大変さが比例しないこともあるので注意が必要です。

※ : 緊急事態宣言下では営業が20時までなので平時のピーク時間前に営業終了してしまうお店も多いです。ただし、20時以降に営業している居酒屋は、20時以降の客入りが非常に多いのでその分忙しさも後ろ倒しになっています。

カラオケ店

仕事内容は来店や会計の受付、簡単なフードやドリンクの用意・配膳、室内の清掃などです。フードの調理は基本的にはレンジで温めるだけですし、その他の仕事も比較的簡単ですので未経験でも安心して始められます。
深夜でも飲み会のあとのお客様や終電を逃したお客様などがおり、始発までいらっしゃるお客様も多いため深夜だからと言って忙しさは大きく減るわけではないことも多々あります。

ファミレス

仕事内容は居酒屋同様、オーダーを受けたり配膳などをするホール業務と、料理を作ることが中心のキッチン業務に分かれております。深夜帯に営業しているファミレスはチェーン店が中心となりますので、業務マニュアルもしっかりしており未経験でもはじめやすいです。
ファミレスは居酒屋よりもピークが早く、その分深夜のお客様も少ないです。また、居酒屋に比べると客層も落ち着いているためかなり余裕があります。
多くのファミレスでは朝食利用がありますので朝5時以降の早朝も日中の時間帯に比べ時給を高めにしているお店もあります。

マンガ喫茶・ネットカフェ

マンガ喫茶やネットカフェのお仕事はカラオケバイトなどに近く、来店受付及び会計、フードやドリンクの用意、店内の清掃などが中心になります。
深夜も終電を逃したお客様などが一定きますが客足は減り、また多くのお客様は始発までいらっしゃるため受付業務の比重がかなり下が漫画やDVDなどの整理など店内清掃が多くなります。
休憩中には最新の漫画をチェックできるので漫画好きであれば非常に良いバイトです。

コールセンター

コールセンターバイトの仕事内容は、お客様からの問い合わせなど電話を受け回答するインバウンドと指定のマニュアルなどに沿ってこちらから電話をするアウトバウンドの2種類がありますが、深夜の時間帯のバイトはインバウンドのみと言って良いでしょう。
基本的にはイレギュラーなことが起こった際の対応であることが多いため、何もない時は一時間に1本電話を受けるか受けないかということもあります。
バイト先によっては就労場所に私物の持ち込みが難しいこともありますが、そうでないところでは対応がない時は勉強などをできる環境の場合もあります。

警備

深夜に商業施設やビル、駐車場、マンションなどを警備・巡回してまわるアルバイトです。警備というと屋外を想像しがちですが屋内を定期的に回ることもあります。ただしずっと純害しているわけではなく休憩所がある場合はそちらで休みながら見廻ることになります。
他のバイト同様、夜間は人が少なくセキュリティもしっかり作動していることが多く比較的余裕を持って仕事ができます。ただし、夜中のビルなどを懐中電灯のみで歩くのでそう言ったことが苦手な方は避けるようにしましょう。

ホテル・病院など夜間受付

ホテルや一部の病院などでは夜間受付のバイトを募集していることがあります。仕事内容は昼間の受付同様、お客様を受付、必要な手続きを行うことです。
病院では夜間は比較的緊急であることも多いのでその分丁寧な対応が求められますが、頻度が高いわけではありません。ホテルなどでも同様多くのお客様は日中にチェックイン・チェックアウトされますので比較的仕事量はしては少ないです。

コンビニ

レジや簡単な調理、商品の品出し・補充、清掃などかなり幅広い業務が求められるのがコンビニバイトです。
深夜は日中の業務と比べると、お客様が少ないので店内清掃や商品の陳列、清掃の仕事が多くなります。特に週刊誌などは陳列可能な時間が朝5時と決まっているため雑誌の入れ替えは夜勤が中心となります。
なお、出勤前など早朝に利用されるお客様が多くいらっしゃるため深夜手当が終わった5時以降の時間帯も比較的時給が高いことが多いです。

夜勤のバイトは体調管理をしっかり

おすすめの夜勤・深夜のバイトをご紹介致しましたがどれも日中のバイトより25%以上時給が高い上、深夜の時間帯は比較的仕事量も落ち着いているものが多いです。
ですが、仕事が落ち着いているからと言って大学などで日中も動いたり遊んだりを続けていると、疲れがたまり体調を崩しやすくなってしまいますので、バイトとその他を両立させるためとはいえ休める時はしっかり休み体調管理をして効率よく稼ぐことが大事です。