受かる!バイト履歴書の書き方を項目別にわかりやすく解説

アルバイトの応募に欠かせないのが、履歴書。
氏名や住所などは、これまでも書く機会が多かったことでしょう。
しかし、履歴書の項目の中には、普段書かないようなものもあります。初めての履歴書はどう書いたらいいか分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回の記事では、『受かるためのポイント』を押さえた履歴書の書き方を解説していきます。

目次
履歴書を書くときの基本ルール
文字は丁寧に、黒のボールペンで記入
事実と異なることを書かない
書き間違えたら修正するのではなくやり直し
項目はできるだけ埋める
項目別の履歴書の書き方・ポイント
日付
写真
氏名・生年月日・住所・連絡先
志望動機
自己PR
趣味・特技
学歴・職歴
免許・資格
本人希望欄
保護者記入欄
履歴書はどこで用意したらいい?
近くのコンビニや本屋で買う
パソコンで作る
アプリやサイトから応募する場合は不要なことも
ワンランク上の履歴書で印象を良くしよう

履歴書を書くときの基本ルール

まずは、履歴書を書いていくうえでの基本的なマナーを紹介していきます。

文字は丁寧に、黒のボールペンで記入

当たり前のことですが、履歴書は人に見せるものです。
雑な走り書きではなく、ひとつひとつ丁寧に書くことで、見てもらう人に誠意が伝わります。

また履歴書を書く場合、シャープペンシルや色付きのペンではなく、必ず黒いボールペンで記入するようにしましょう。これは履歴書に限らず、重要書類に記入する際の基本ルールです。
消えるインクのボールペンもありますが、こちらは使うのは控えておきましょう。履歴書は重要書類にあたるため、後から修正できてしまうようなペンを使うのは非常識です。
文字を消すことはないにしても、文字の見た目で相手にはバレてしまい、採用担当の方から「この人は常識がないんだな」という印象がついてしまいます。

事実と異なることを書かない

履歴書の内容を書く際、誇張したり、嘘を書いたりしないようにしましょう。
特に『自己PR』の項目において、自分の能力をアピールするため、内容を盛って書きたくなる気持ちになることもあります。しかし、嘘をついて採用されたとしても、後から苦しむのは自分です。
履歴書には真実のみ、書くようにしましょう。

書き間違えたら修正するのではなくやり直し

項目が多い履歴書において、一文字間違えてしまったときのショックは計り知れません。最後の最後で間違えてしまった場合、特にその絶望感は大きいでしょう。履歴書を書くのにはかなり時間がかかってしまうため、やり直すのは憂鬱です。
それでも、二重線や修正テープで直すのは印象が悪くなってしまうため、やめましょう。横着をしている、というイメージを持たれてしまいます。
万が一履歴書を間違えてしまった場合、潔く始めから書き直すようにしましょう。

項目はできるだけ埋める

履歴書の項目の中には、自己PRや趣味・特技など、なかなか内容が思い浮かばないような項目もあります。
しかし、空欄のままで提出すると、相手からは消極的な印象を持たれかねません。なんとかエピソードを捻り出して、項目を埋めることを意識しましょう。

もし職歴や免許・資格欄など、該当しない項目がある場合は「特になし」と記入しても問題ありません。

項目別の履歴書の書き方・ポイント

続いて、履歴書にある項目別に、書き方や意識したいポイントを説明していきます。

日付

面接時に出す場合は面接日を、郵送の場合は投函日を書くようにします。
また、日付を書くときには『西暦か、元号か』『平成・令和など漢字で書くか、H・Rなどアルファベットで書くか』など、形式を全体で統一させるようにしましょう。

写真

写真の基本的なルールとして①『正面で撮影』②『3ヶ月以内に撮影したもの』③『サイズは3×4cm』の3点を守りましょう。
写真を撮る際は、派手すぎない私服か、制服で撮るのが無難です。
なお、裏面に名前を記入しておくようにしましょう。万が一履歴書から写真がはがれてしまった場合でも、名前を記入しておくことで、採用担当の方でも誰の写真かわかるからです。

氏名・生年月日・住所・連絡先

氏名や住所のふりがな欄は、『ふりがな』のときはひらがな、『フリガナ』のときはカタカナで記入するようにしましょう。
住所の場合、都道府県名から正確に書くということも基本的なルールです。

また連絡先の電話番号は、日中連絡のつくものを書くようにしましょう。

メールアドレスは、大文字・小文字、ハイフン・アンダーバーなど、間違えやすいものをわかりやすく書くことがポイントとなります。
メールアドレスの英数字や記号は間違われやすく、メールで採用連絡送ってもらったにもかかわらず、一文字違っていたせいでメールが届かなかった、という事態になりかねません。
意識して書くようにしましょう。

志望動機

志望動機とは、『そのアルバイトに応募した理由』であり、履歴書の中でも注目される項目です。
どうしてそのアルバイト先を選んだのか、自分の言葉で書くようにしましょう。
具体的なエピソードも織り交ぜながら書くと、より効果的です。

自己PR

自己PRとは、アルバイト先で活かせそうな自分の経験や能力、性格をアピールする項目です。この項目も、志望動機と同様、履歴書の中で注目されます。
ポイントとしては、応募先の業種や職種と親和性が高いエピソードを記入すると、説得力が増すでしょう。

趣味・特技

履歴書には、自分の個性として趣味や特技を記入する項目もあります。
できればアルバイトに関連した内容だと良いですが、なかなかそのように書くのは難しいものです。
直接アルバイトには結びつかないような内容でも、長年続けていることや、人に話せるくらい得意なことを記入すると良いでしょう。

学歴・職歴

最近の履歴書では、既に学歴・職歴それぞれの欄を設けている場合がほとんどです。しかし、中にはそれらの欄がなく、自分で記入する必要があるものもあります。
その場合、学歴と職歴の間は一行空けたうえで、それぞれ欄の中央に『学歴』『職歴』と、欄がわかるように書きましょう。

学歴では、中学卒業から書くのが主流です。それ以降は入学・卒業年度を記載しましょう。なお、高校以降は学校名や学科・専攻名を略さず、正式名称で書きます。在学している場合、在学中と記入しましょう。

職歴がある場合、入社と退社の両方を書くのが基本ルールです。
なお、過去のアルバイト歴も職歴に含めることができます。その場合も、入社と退社の両方について記入し、職歴が多い場合、いくつかに絞りましょう。
最後は、右下に『以上』と書きます。

免許・資格

もし免許や資格で持っているものがある場合、取得・合格した年月が古いものから書くようにしましょう。
書き方としては、免許の場合『(免許名) 取得』『(テスト名)●点取得』、資格の場合は『(資格名) 合格』というようにします。
また、職歴と同じく、最後には右下に『以上』と記入しましょう。

本人希望欄

本人希望欄とは、勤務時間や曜日、通勤方法などに希望があったり、実習などでシフトに入れない期間がある場合などで記入します。
また、採用連絡にあたって、連絡可能な時間帯や連絡手段を指定したい場合にも記入しておきましょう。

特にない場合、「特になし」ではなく「貴社の規定に準じます」と書いておくのがマナーです。

保護者記入欄

保護者記入欄とは、親の同意があることを示すため、保護者の方に記入してもらう欄です。
18歳未満の場合、必ず記入してもらうようにしましょう。

自分で書いたとしても、採用担当の方にはばれてしまうものです。また、万が一アルバイト先で事故やトラブルが発生した場合、親の許可なしで働いていたとなると保護者の方やアルバイト先に迷惑がかかってしまいます。そのため、許可がないからと自分で書くことは絶対にやめましょう。

履歴書はどこで用意したらいい?

ここからは、履歴書を用意する手段について説明します。

近くのコンビニや本屋で買う

ほとんどのコンビニや本屋では、履歴書が販売されています。
A4サイズとB5サイズが主流ですが、指定がない場合どちらでも問題ありません。
また、履歴書と封筒はセットで売っている場合が多く、履歴書を入れる封筒はセットのものをそのまま使えるため便利です。

パソコンで作る

Excelのソフトを利用して、履歴書を作ることもできます。パソコンで作ることで、字の綺麗さを気にする必要がなく、書き直したい場合の修正も簡単です。
しかし、パソコンで作るのは手を抜いている、と判断する採用担当も中にはいます。そのため、手書きで作るのが無難でしょう。

また特殊なケースとして、オフィスワークの求人に応募する場合、PCスキルをアピールするため、パソコンで履歴書を作成するという技もあります。こうした場合はパソコンで作るのも有りでしょう。

アプリやサイトから応募する場合は不要なことも

アプリやサイトの場合、応募フォームがそのまま履歴書がわりになることも多いです。
アプリ・サイトから応募して面接に進む場合、持ち物に履歴書があるか、ない場合は履歴書は不要か、確認しておきましょう。

ワンランク上の履歴書で印象を良くしよう

今回の記事では、履歴書の書き方やポイントについて説明してきました。
丁寧に書かれた履歴書は、好印象を持ってもらいやすいものです。
特に大学生や短大・専門学生の方の場合、履歴書を作り込むことは、就職活動での履歴書を書く練習にもなります。
アルバイトだからと甘く見るのではなく、採用率アップのためにも、レベルの高いものを作りましょう。