工場バイトはきつい?仕事内容・時給・おすすめポイントを徹底解説

工場バイトと聞くと、肉体労働をさせられるきついイメージがありますよね。しかし、工場バイトにはさまざまな種類があり、なかには高単価なお仕事もあります。

そこで今回は、工場バイトの仕事内容やおすすめのポイントをご紹介します。

また、omochiでは性格診断に合わせて、みなさんにおすすめのバイトを紹介しています。ぜひ、診断も受けてみてください!

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

工場バイトの仕事内容などんなもの?

工場バイトの仕事内容などんなもの?

工場バイトにはどんな種類があるのでしょうか。そもそも工場は同じ製品を大量に作ることが目的の場所なので、基本は単純作業が多いです。以下では、工場バイトによくある仕事内容を3つご紹介します。

検品・ライン製造

工場バイトで一番イメージしやすい仕事内容が検品・ライン製造ではないでしょうか。

  • 検品   :流れてくる商品に傷や破損がないかをチェックする作業
  • ライン製造:コンベアから流れてくる商品を組み立てたり、詰めたりする作業

ライン製造は、作業内容を固定されるので短時間で仕事を覚えられます。
慣れてしまえば誰でも簡単にこなせる作業です。

また、検品は基本的に監視業務なので、トラブルがなければとくにやることがありません。

上記の性質上、高校生から高齢の方まで幅広い年代に人気のバイトです。作るものはさまざまで、食品やおもちゃ、車の部品など、いろんな商品の製造工程を楽しめます。

梱包・仕分け

商品の組み立てや梱包、仕分けなどの内職に近い工場バイトもあります。
繊細な作業も多く力を使わないため、女性にも人気の工場バイトです。

  • 梱包 :商品を袋や箱に詰める作業
  • 仕分け:出荷直前の商品を配送エリアごとに分ける作業

梱包は検品が済んだ衣類やおもちゃ、食品や雑貨などの商品を、注文リストに合わせながら箱詰め・袋詰めをします。そして、袋詰めされた商品を配送エリアごとに分ける作業を仕分け作業といいます。

梱包と仕分けのバイトは、主にお中元やお歳暮、クリスマスなどのイベント時に募集が多いです。商品の発送が増える時期に短期バイトとして求人が増えます。

仕分けは配送先を間違えると周りに迷惑をかける可能性がありますが、毎日同じ作業を任されるのですぐに慣れます。また、周りと連携をとって作業が早く終われば早く帰れることもあるのがおすすめのポイントです。

食品加工

工場バイトには食品加工をする仕事もあります。

食品を扱う作業なので衛生面が重視されるバイトです。イメージとしては白い服を着て帽子をかぶり、長靴を履いてマスクと手袋を着用して作業をします。

食品加工バイトの主な例は以下の通りです。

  • 肉や魚をパックの大きさに切る
  • 加工された食品をお弁当に配置する

スーパーの裏で肉や魚を加工している人をイメージすると、わかりやすいかもしれません。

担当する作業工程は工場や店舗によって違いますが、どの場所でも衛生面には気をつける必要があります。髪の毛がボサボサ、爪が長い、髭を剃らないという不潔な見た目をしていれば、一度帰宅してやり直しをさせられるところもあります。

食品加工の良いところは、喜んでもらえる顔が想像しやすい点はやりがいのある仕事といえるでしょう。

また実際に働いた人の声だと「普段食べているお菓子やお弁当の製造工程を見れて楽しかった」「中に入ってみて衛生管理がしっかりしていて安心した」という反応もあります。

工場バイトはきついと言われる理由

工場バイトはきついと言われる理由

工場バイトは単純作業が多いため黙々と作業ができます。しかし、人によってはきついバイトと感じることもあります。

以下では、工場バイトがきついと言われる理由を3つご紹介します。

体力が必要な業務もある

工場バイトは特別なスキルが必要ない代わりに、体力が必要です。検品やライン製造は力は必要ありませんが、以下の理由で体力が必要になります。

  • ずっと同じ場所に立ちっぱなし
  • 納品用のダンボールを何度も運ぶ
  • 工場内を歩き回ることが多い

力仕事というより、同じ作業を繰り返すために必要な持久力が求められます。

数回働いて仕事内容を覚えれば体力的には厳しくないという人もいますが、対策として定期的に体を動かすのがおすすめです。短時間でできるストレッチを事前に調べておきましょう。

また、自由にクツを選べる工場ならクッション性のある疲れにくいクツを用意すると、足の疲れを大幅に軽減できます。

力や体力に自信がないとわかっている人は、面接のときにひとこと伝えるといいでしょう。力がない人に重いものを運ぶ作業をさせないはずです。

同じ作業の繰り返しで飽きる

単純作業で仕事が覚えやすいというメリットの反面で、仕事を覚えてからは飽きるというデメリットを感じやすいです。

とくにライン製造は毎回同じ作業をすることが求められるので、毎日同じ光景につまらなく感じる人もいるでしょう。また、自分の頑張りで作業が早くなることもないので、気持ちが緩んでだらけてしまう可能性もあります。

好奇心旺盛で新しいことが好きな方は辛いと感じるでしょう。

やりがいを感じられない

自分がどんな商品を作っているか想像できない工場だと、やりがいを感じられません。

作った製品が店頭に並ぶおもちゃや食品工場の場合は、その商品を手にとって喜ぶ人の顔が想像しやすく、やりがいになるでしょう。

しかし、BtoBの会社で部品を作ってる場合は、何を作っているのかわからず面白みを感じられません。部品がマニアックだとより楽しさを感じられないでしょう。

車の部品ならまだ想像できるかもしれませんが、組み立てる前のさらに細かいパーツだとただの板や棒を作らされることもあります。

作っているものがわからないとやりがいを感じにくいという事実は、工場バイトではありえます。

工場バイトのおすすめポイント

工場バイトのおすすめポイント

工場バイトにはおすすめのポイントもあります。以下のポイントにマッチしている方は工場バイトに向いています。

短期間の雇用がある

工場バイトは忙しい時期だけ人を借りたいという、短期間の雇用があります。1ヶ月〜2ヶ月などの期間でバイトができるので「テスト期間以外だけバイトがしたい」という学生にもおすすめです。

また工場の短期雇用で募集している作業内容は単純作業しかありません。仕事は1日もあれば覚えられる点もおすすめのポイントです。

短期間の雇用なので作業もちょうど飽きてきたときに仕事が終わります。短期バイトが終わったら別の短期バイトを始めれば、飽き性の人でもバイトを続けられるでしょう。

欲しい物があるからちょっとバイトがしたいという学生や飽き性の人は、短期間の雇用がある工場バイトがおすすめです。

接客が苦手な人は黙々と作業ができる

工場バイトは裏方の作業です。営業やレジ打ちなどの接客が苦手な人にとっては黙々と作業できる環境がマッチしているでしょう。

  • 人見知りが激しい
  • 人と接するのが苦手
  • 以前接客をやったがうまくいかなかった

上記の方は、不特定多数の人と話す機会の少ない工場バイトが向いています。工場バイトなら仕事を教えてくれる先輩や上司、自分が携わる作業の前後を担当する人など、決まった人としかコミュニケーションを取りません。

仕事中も基本的には作業に集中して、自分だけの空間で黙々と作業ができます。

バイトをしたいけどなるべく人とコミュニケーションを取りたくないという方は、工場バイトを選びましょう。

作業内容が単純で仕事を覚えやすい

単純作業の繰り返しを求められている工場バイトは、複雑な仕事を覚えるのが苦手な人に向いています。

基本的に工場バイトで求められるのは、ひとつの作業を繰り返すことです。臨機応変に対応することは少なく、決められた時間に決められたことをこなせばその日の業務は終了という感じになります。

  • お弁当を1000個作る
  • 発注分だけ仕分けをする
  • 梱包されている荷物をトラックに積み込む

どれも未経験でも仕事を覚えるまでには時間がかからず、慣れたら楽に仕事をこなせるようになります。工場バイトなら、難しい仕事を覚える自信がない人でも大丈夫です。

上下関係がなく人間関係が良い

工場バイトは上下関係がなく働きやすい職場が多い、という特徴があります。

工場バイトは誰でも働けるという特徴から、大学生や主婦の方、年配の方や外国籍の方も働いていることが多いです。このように年齢や性別も幅広くスキル的にも大きな差が出にくいことから、フラットな人間関係で和気あいあいと仕事ができます。

また、接客業と違って直接お客さんの目に触れることがないため、現場の雰囲気も柔らかく仕事がしやすい環境が多いです。ピリピリと緊迫した雰囲気になることはありません。

工場の平均年齢が40代とやや高めなため、学生が入ると若いので人気になることもありますよ。

深夜帯などになると、時給が高い

工場によっては24時間体制で稼働している場所もあります。深夜や早朝にもシフトがある工場で働ければ時給が高いため、短期間でガッツリ稼ぐということも可能です。

労働基準法にでは22時から翌日5時までの間は「深夜時間帯」とされています。深夜時間帯に働くと深夜手当として給料が25%割増されます。

学生なら、学業に支障が出ない長期休暇や土日だけ深夜帯で働けば、短期間でまとまったお金を稼ぐこともできます。

もちろん工場バイトは仕事内容も簡単なので、スケジュールをあわせられれば誰でも働けるのが良いところです。

工場バイト以外にも、深夜帯に働ける時給が高いバイトは以下の記事でご紹介しています。

高時給でしっかり稼げる!おすすめの夜勤・深夜バイトをご紹介!

まとめ

この記事では工場バイトの仕事内容と工場バイトがおすすめのポイントについてご紹介しました。仕事自体が簡単で短期間で覚えられるため、慣れれば簡単に仕事をこなせるようになります。また、深夜帯や早朝帯で働けば短期間でまとまったお金を稼げます。本文でご紹介した工場バイトの特徴が自分にあっていると思ったら、ぜひ工場バイトを始めてみましょう。

他にも接客が必要ない単純作業のバイトが知りたい方は、以下の記事から確認できます。

接客ナシ!黙々できる単純作業バイトのおすすめ4選!