大学生におすすめな在宅副業5選〜必要なスキル・相場を解説〜

副業ときくと「スキルがないとできなそう」「そんなに稼げない」といったイメージがつきもの。ですが、スキル不要で始められて、実力によっては大きな副収入に繋がる場合もあります。

副業は時間や場所の拘束が少なく、学校生活と両立できるため、大学生に優位な働き方でしょう。
今回は大学生におすすめする5つの在宅副業について仕事内容や相場、必要なスキルと共にご紹介します。

 

大学生も在宅で副業ができる時代!

大学生も副業ができる時代!  

ネットの普及やサービス向上によって、大学生も在宅で副業ができる時代になりました。

リクルートが2020年10月に実施した「働く個人の兼業・副業の実施状況(個人向け調査)」では、会社勤めの9.8%の人が兼業・副業を実施している結果に。兼業・副業の実施率が高い世代は20代後半(25~29歳)で割合は21.0%ほどでした。

このように20 代・30 代の若手層から関心が集まりますが、大学生から副業を始めるメリットは3つあります。

  1. ビジネススキルが身につく
  2. 就職活動で有利になりやすい
  3. アルバイト以上に稼げる場合がある

自分で稼ぐ力を付けてマーケティングや集客力、営業力、経理や会計スキルが向上し、起業に繋がるケースも少なくありません。またビジネススキルやパソコンスキル、主体的な行動力を評価されやすく、就職活動で有利となります。

時給で換算するアルバイトに比べ、副業は成果報酬型が多く、高単価な案件の受注で収入アップも可能です。収入に天井がなくスキル習得やアルバイト以上の稼ぎに繋がり、生活にも余裕が生まれるでしょう。

大学生におすすめの在宅副業5選

大学生におすすめの在宅副業5選

大学生におすすめの在宅副業は以下5つ。

  • 動画編集、画像編集
  • プログラミング
  • ライティング
  • ポイ活・アンケート
  • アフィリエイト・プログラミング

上記の副業は初期費用を抑え、将来役に立つスキルの習得に効果的です。単純作業からスキルを必要とし収入アップを見込めるものまで幅広くあるため、目的スキルに応じて選びましょう。

動画編集・画像編集 

動画編集・画像編集は市場の拡大に伴い、案件が多くあることが特徴です。
動画編集の仕事では以下のような案件を受注します。

  • YouTube用の動画
  • 結婚式用の動画
  • 起業のPR動画

動画編集では依頼された画像を指示された通りに加工します。同じような仕事を何度も繰り返し、修正対応や動画・画像作成を行うため、1つのお仕事に対して膨大な時間を要する場合も。

数十秒の動画でさえ数時間や数十時間かかる場合もあり、細部まで粘り強く取り組める方に適しています。

相場や必要なスキル

動画編集のYouTube編集は3,000円~5,000円ほどで結婚式のウェディングムービーは1万円ほどが相場です。案件の種類で異なり、企業のPR動画は数十万円の報酬になる場合もあります。

また画像編集は日付消去などの難易度が低い仕事は1100円~、人物の合成などの仕事では5,500円ほどが相場です。

動画編集において必要なスキルは以下。

  • カット
  • テロップの挿入
  • 効果音やBGMの挿入

画像編集の場合はPhotoshopの経験が必要とする案件がほとんどになります。

基礎や応用の習得をした後にポートフォリオを作成し、案件を受注することでお仕事を開始します。収入アップのコツとして流行やトレンドのリサーチ、オリジナリティを持ち合わせることがポイントです。

 

プログラミング

プログラミングのスキルを身につけ、プログラマー・エンジニアとして副業を始めることもおすすめです。

プログラミングの仕事内容は以下。

  • サイトの構築
  • WordPressのプラグイン制作
  • Excelのマクロ作成

スキルの習得は、システムエンジニア(SE)やプロジェクトマネージャー(PM)などのキャリアアップにも有効的です。

プログラミングの仕事が向いている人の特徴として集中力がある人や、論理的思考を持つ人が上げられます。

例えば、自身が入力したコードにエラーが出た際は原因や修正箇所、解消方法を理論立てて解決する能力が必要です。システムエラーは日常的に発生し、トラブル発生の際は論理的思考を駆使し、冷静に対処する力が重要になります。

経済産業省の「IT 人材需給に関する調査」ではIT産業が加速する2030年には約59万人ものIT人材の不足が予測されています。

医療や教育、金融など多様な業界にIT技術は導入され、プログラミングはこれからの時代に重宝されるスキルといえるでしょう。

相場や必要なスキル

案件によりますが、フリーランスエンジニアの平均月収の相場は60万~80万ほど。スキルや学業との両立を考えると大学生の場合は20万~30万が相場でしょう。

習得するプログラミング言語はRuby、JavaScript、PHP、Python、Swift、Java、Go、Scalaなどです。

プログラミングは専門的な知識や技術は必要不可欠で、最低でも3ヶ月の学習期間を要します。6ヶ月も勉強すれば、ほとんどのアプリやWebサービスは自力で作れる力が身につくといわれ、十分案件を受注できるでしょう。

仕事ではWeb系のプログラミング言語の基礎と応用を学び、実務経験を積んだ後、ポートフォリオと実績を作り受注に進みます。実務経験は、個人での開発やエンジニア補佐等のアルバイト、インターンを通して行います。

論理的思考はもちろん、コミュニケーションやプレゼンテーション、マネジメント力の向上が、収入アップに繋がるでしょう。

 

ライティング

Webサイト上の文章を書くWebライターも大学生におすすめの在宅副業です。
ライティングの主な業務は以下。

  • 依頼を受けて記事を書く
  • 取材やインタビュー
  • 編集の業務

頭を使って文章化や情報整理をするため、業種や業界問わずに活かすことができ、将来に役立つ点がメリットといえます。

文章を書くのが嫌いではない人やネットで調べることが苦ではない人、細かいところに気を配り、自己修正ができる人におすすめです。

書く力や考える力を身につけ、レポート課題にも有効でしょう。

相場や必要なスキル

仕事内容や契約内容によって異なりますがランサーズが公表するデータでは、ライターの文字単価は0.5〜5円となります。例えば「文字単価0.5円」で2,000文字の記事を書いた場合、1,000円の収入です。

また文字単価以外にも記事単価やページ単価、時給単価などがあり、案件によって単価の計算方法は異なる場合があります。

必要なスキルは以下。

  • テーマ説明に必要な情報収集能力 (インターネット検索や参考書籍の読み込み)
  • 取捨選択した情報の組み立て能力
  • 情報を伝える最低限の日本語力

このように、正しい情報を元に物事を分かりやすく自身の言葉で解説するスキルが必要です。簡単な案件の報酬は低く収入に繋がりにくいですが、初心者でもできる簡単な案件も多く始めやすさは抜群でしょう。

仕事を始める際は基礎を学んだ後、ポートフォリオ用の記事をいくつか作成し、案件受注に進む流れになります。

専門分野や得意分野を身につけることが収入アップの近道。取材や写真撮影、記事の入稿など仕事の幅を広げると、スキル習得にも効果的でしょう。

ポイ活・アンケートサイト

ポイ活やアンケートサイトのモニターは授業の合間や通学中に気軽に取り組めることから、大学生にもおすすめの副業です。

ポイ活やアンケートサイトでのモニターの案件は以下になります。

  • Webアンケート
  • 会場調査
  • 個別・訪問インタビュー
  • 商品モニター(ホームユーステスト)
  • 郵送調査(郵送アンケート)
  • ミステリーショッパー(覆面調査)
  • モニターサンプリング

ポイ活やアンケートで回答した結果は、市場調査で優れた商品やニーズの把握、既存商品の改善・新商品の開発に繋がります。会員登録が完了したら隙間時間にアンケートや調査に参加し、世間に出る前の新商品をいち早く試せる点がメリットです。

アンケートをコツコツ回答するため、単純作業を続けることが得意な人に適しています。また、都心に住んでいると配布アンケート数が多いため有利になるでしょう。

相場や必要なスキル

ポイ活やアンケートサイトのモニターの相場は低く、小遣い稼ぎ程度の月1,000円~3,000円が多数派。高報酬の座談会・会場調査(当選倍率10%程度)は日給1万円程稼げる可能性がありますが、当選しにくい現状です。

スキルや経験は不要ですが、収入アップには以下の3つがポイントになります。

  1. アンケート一覧やメールはこまめにチェックしておく
  2. 登録情報はできるだけ入力する
  3. 参加型調査にも積極的に応募してみる

また、悪質サイトも多く不透明な情報記載や運営元が分からない場合は、登録やアンケートの回答を避けましょう。個人情報の管理に気を配り、コツコツと地道に続けることが大切です。

アフィリエイト・ブログ

アフィリエイト広告付きのブログ・サイト運営は、隙間時間を活用し取り組みやすく、大学生におすすめの副業です。

アフィリエイトとは、インターネットを利用した広告プログラムの1種。ECサイトやオンラインショップで販売される商品をサイトに掲載した後、発生した売り上げの一部が還元されます。

つまり、アフィリエイトでは商品を自身のメディアで紹介することで、お金を稼ぐことが可能です。

ライティング力やリサーチ力、分析力などの力を自然と養えて、自己投資の価値が高い点がメリットです。ただ、毎年一定の割合で新規参入がある一方で撤退する人も多く、継続ありきのため、忍耐力が問われます。

アフィリエイトで稼ぐことは簡単ではありませんが、金銭的リスクは少なく挑戦しやすい副業です。文章の読み書きが好きな人や試行錯誤が好きな人、数字を追うことが好きな人に適しています。

 

相場や必要なスキル

アフィリエイトマーケティング協会の2019年度調査では、1ヶ月の収入は全回答者のうち「収入なし」が 29.7%「1000 円未満」が 15.6%でした。一方で月100 万円を超える割合は 6.7%で、収益に大きな差があることが分かります。

アフィリエイト・ブログを成果報酬に繋げるスキルは3つ。

  1. サイト構築技術
  2. SEO※
  3. ライティング技術

サイトの構築技術以外にも文章作成の能力は必要不可欠です。アフィリエイトは短期間で稼ぐことは難しく即金性は低いため、しばらくは無報酬となる覚悟が必要になります。

ツールでは補えない要素やSEOを踏まえた戦略立案、文章能力やマーケティング力の向上が収入アップのコツでしょう。

※SEO(Search Engine Optimization)…検索エンジンを使ったマーケティング戦略。

スマホがないと副業はできないの?

スマホがないと副業はできないの?

「スマホ副業」と言う言葉もありますが、インターネット環境を整え、スマホ以外のパソコンやタブレットからも仕事は可能です。

スマホ副業では先ほどご紹介した、ポイ活やアンケートサイト、アフィリエイト、動画・写真編集、ライティングが一般的。収入の相場は仕事の種類や作業時間で異なりますが、数千円から数万円まで幅広いです。

また、始める際は安全性にも配慮しましょう。登録時に高額な登録料や教材費を請求する危険な副業もあります。知名度の高いサイト大手企業の運営するサイトなどを利用するなどして対策を取りましょう。

大学生は目的に合わせて無理なく副業に取り組もう

副業は年齢制限がなく未経験から始められるものもあり、大学生も実力次第で社会人と同様に稼ぐチャンスがあります。

在宅勤務では服装や髪型、場所、時間を自由に選べてアルバイトのような規則はなく、学生生活を楽しみながら取り組めるでしょう。

スキル習得によって、就職活動や今後のキャリアの見直しにも役立ち、自己投資としても最適です。お小遣い稼ぎや貯金、スキル習得などの目標を立て、大学生から在宅副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

また当サイト「omochi」では、あなたの性格にピッタリのおすすめバイトをご紹介しています。「まずは自分がどんな仕事に向いているか知りたい」という人は、ぜひ診断を受けてみてください。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)