警備員バイトは女性にもおすすめ!メリットや注意点を解説

「警備員バイトは稼げるという話を聞いたことがあるけど、女性の私でもできるの?」と思うことはありませんか?警備の仕事は、防犯のリスクや夜勤のイメージが強いことから、女性では働けないと思っている人が多いです。結論を先にお伝えすると、女性でも警備員バイトはできます。

この記事では、女性だからこそ警備員バイトをおすすめしたい理由と警備員バイトを選ぶときの注意点についてまとめました。あなたにピッタリの警備員バイトが見つかりますので、ぜひ最後まで読んでください。

また、omochiでは性格診断を実施しています。あなたの性格におすすめなバイトを見つけたい場合は、ぜひ診断も受けてみてください!

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

警備員バイトは女性でもできる!

警備員バイトは男性の仕事というイメージが強いですが、女性にもおすすめのバイトです。

女性を対象とした警備員バイトの求人は年々増えており、勤務先によっては女性限定で警備員を募集している会社もあります。また、警備の仕事内容として不審者の対応や防犯などをイメージする人が多いですが、警備員バイトと言ってもさまざまな業種があります。

警備の内容によっては女性の方が求められている場所が多くなっていているため、警備員バイトをどんどん始めましょう。

警備員バイトにどんな種類があるか知りたい方は、以下の記事から確認できます。

警備員バイトはきついの?評判やおすすめ理由を徹底調査した.

女性が警備員バイトに求められる理由

女性が警備員バイトに求められる理由

警備員バイトは男性が多いイメージがありますが、むしろ女性警備員が求められることが増えてきています。女性が警備員バイトに求められる理由は以下4つです。

物腰の柔らかさがあるから

案内業務や誘導業務が発生する職場では、女性警備員が求められます。男性警備員と比べて物腰の柔らかさがあるからです。

花火大会なら来場客が子供から高齢者まで年齢層の幅が広いです。またコンサート会場なら地方から来て立地や場所に不安を抱えている人がたくさん来ます。

上記の方々を誘導する人が女性警備員なら、物腰柔らかい対応ができてお客さんにも満足して帰ってもらいやすいです。

また、女性警備員を配置しているだけでクレームやトラブルが起こりにくくなるという事例もあります。誰でも、強面の男性より、物腰柔らかそうな女性に話しかけたいはずです。

子供やお年寄りの相手で柔らかい雰囲気を与えられる

女性の警備員は子供やお年寄りに柔らかい雰囲気を与えられるため、警備員バイトに重宝されます。

警備員バイトの仕事は、以下の場所を担当することもあるでしょう。

  • 子供向けのイベント会場
  • 家族連れが多い商業施設
  • お年寄りが立ち寄る施設

上記のような場所だと、迷子の子供の対応や道案内を必要とするお年寄りの対応をする可能性があります。その際に、女性の方が子供やお年寄りの相手が上手な人が多いです。

また、子供やお年寄り側から警備員に話しかけるときにも、女性の方が気軽に話しかけられやすい傾向もあります。

女性警備員でしか入れない区域がある

施設内の警備時には、女性しか入れない領域があるため女性警備員が重宝されています。

女性警備員しか入れない区域は以下のとおりです。

  • 女性用トイレ
  • 授乳室

夜勤中の巡回なら問題ありませんが、利用者がいる可能性がある時間帯は女性警備員でなければできない作業です。手荷物検査や身体検査をする警備でも、女性警備員でなければ問題になるというケースもあります。

また、子供連れのお母さんからの対応もしやすいです。

女性ならではの悩みをわかってくれる女性警備員が必須という職場は、増えてきています。

企業のイメージアップのため

ホテルやオフィスビルなどによっては、企業のイメージや建物の雰囲気を重視して入館警備や受付警備に女性警備員を配置する場合があります。

人は第一印象を大事にするのと同じく、建物をパッと見たときに女性が居るだけで「清潔感のある良い建物」と認識するからです。建物の出入り口に女性警備員が立っていることで、清潔で柔らかい印象を与えます。

逆に、ポップな外観のおもちゃ屋さんでも、入り口に強面のスーツを着たおじさん2人が立っていたら入店しにくいですよね。

企業は会社のイメージアップのために、女性警備員を限定して募集することがあります。

女性が警備員バイトを選ぶときの注意点

女性が警備員バイトを選ぶときの注意点

警備員バイトを始めようか悩んでいる女性は多いですよね。しかし、警備員バイトは男性が多い職場であり女性ならではの注意すべきポイントがあります。

女性が警備員バイトを選ぶときには、以下で紹介する5つの点に注意しましょう。

女性が多い会社を選ぶ

女性が多い会社を選ぶことは、警備バイトを選ぶときにもっとも重要なポイントです。

女性の社員やバイトの人数が多いほど、女性にとって働きやすい環境が整っていることがわかります。女性が働きにくい会社ならそもそも応募が少なですし、辞める人が多いです。

女性が働きやすい環境がある会社は、女性の人数が多いこと以外にも以下の特徴もあります。

  • 福利厚生がきちんとしてる
  • 夜勤以外も選べる
  • 休憩スペースが男女で分かれてる

しかし、もちろん働かないとわからないことは多いです。警備員バイトを始める前に女性でも働きやすい条件が整っている会社を選ぶには、実際に働いている女性の多さで確認しましょう。

何の警備なのかを確認する

女性が警備員バイトを選ぶときは、何の警備をするのかをあらかじめ確認しましょう。

夜勤や危険な警備をする仕事の場合は、体つきが細い女性にとって恐怖に感じる仕事かもしれません。

とくに防犯面では、最悪の場合、体の強い男性が暴れて襲ってくるという可能性が考えられます。

危険性のある警備だとわかっているなら、最初からやらないのがおすすめです。女性でも向いている警備員バイトはありますので、自分に向いていると思った職種を選びましょう。

勤務時間帯

警備員バイトは24時間の勤務体制があることが多いので、どの勤務時間に働くことになるか注意しましょう。

あなたがもし夜勤では働きたくない場合は、最初から夜勤がない職場を探すか、夜勤には入りたくない旨をあらかじめ伝えましょう。

夜勤は防犯リスクもあるため、何も言わなければ女性警備員が夜勤に入れられることも少ないです。しかし、人が足りない会社に入ると、強制的に夜勤を任される可能性も考えられます。

健康やお肌のことを考えて長時間働きたくないなど、夜勤に入りたくないという要望があれば、事前に伝えるようにしましょう。

休憩スペースを確認する

イベントや工事現場の警備の仕事は、期間ごとに違う場所で仕事をすることがほとんどです。そのため、休憩場所は男女共用の一区画しか用意されていことがあります。

そのため、男性とのコミュニケーションが苦手な方やひとりが好きな人にとっては、居心地の悪い休憩スペースに感じるでしょう。

また、そもそも警備業界は男性が多い職場なため、女性が孤立することがあります。

ほとんどの会社では数少ない女性警備員に対して優しく接してくれることが多いですが、もし変な人がいればすぐに上司に相談しましょう。

体力面、天候面を考慮する

警備内容によっては体力を使う職場や悪天候でも構わず仕事をさせられる職場もあります。体力的に心配な女性は仕事選びのときに注意しましょう。

屋外での交通誘導や野外イベントの警備は、体力面でもきついですし、天候の影響によって体力を奪われることもあるからです。

体力面に不安がある女性に対して、熱中症対策としてエアコンの効いた室内で施設警備ができる場合もあります。しかし、冷暖房代として時給が抑えられたり、待遇がよくない場合があるので、あらかじめ確認しましょう。

警備員バイトは法律上、基本教育10時間以上、業務教育10時間以上の合計20時間の研修を受けることが義務付けられています。研修の段階で体力的に辛そうな心配がある場合は、お互いのためにその時点で辞めるように話をしましょう。

女性が警備員バイトをするメリット

女性が警備員バイトをするメリット

魅力的な警備員バイトですが、女性にとってどんなメリットがあるのでしょうか。以下では女性が警備員バイトをするメリットを3つご紹介します。

週払い、日払い制度が多い

警備員バイトは週払い、日払い制度を採用している職場が多いため、今週は出費が激しいという予定がある女性におすすめです。

急な飲み会が入ったりデートの予定が入る、または今しか買えないコスメがあると、まとまったお金が欲しくなりますよね。

警備員バイトなら入りたいときにシフトに入れることも多く、その日のうちに給料がもらえたり、一週間分まとめて給料がもらえます。なので「お金がないからデートを断る」という選択をする必要がありません。

急な出費をどうにかしたいと困っている女性にとってメリットがあります。

お年寄りや子供が相手となることも

警備員バイトはお年寄りや子供が相手になることも多いです。女性が警備員バイトをやれば、女性というだけで、相手も話しかけやすくなり、その場を円滑にまとめることができます

そして、そのように場をまとめることができて、周りから喜ばれれば信頼を得やすいでしょう。

お年寄りや子供が多い警備員バイトとしては以下の場所を管理します。

  • 大型商業施設
  • イベント会場
  • コンサートホール

女性が適した場所で警備の仕事をすると、周りの人からも信頼されて、頼られる存在にもなれますよ。

人間関係が少ない

警備員バイトは作業が始まれば、基本的には1人仕事です。そのため、職場の人とのコミュニケーション機会が少なく、職場の人間関係を気にする必要がありません。

仕事やバイトで人間関係が悪いと、すぐにでも仕事を辞めたくなりますよね。

警備員バイトはイベント系の警備や工事現場の誘導なら、完全に1人作業です。また、施設警備だとしても同じ時間にシフトに入っている1,2名とのコミュニケーションで済みます。

最悪どうしても一緒に仕事をしたくない人がいる場合は、シフトを決めるときにそこだけ調整してもらえれば大丈夫でしょう。

人間関係のトラブルも起こりにくいため、職場でのコミュニケーションが苦手な女性におすすめです。

その他に誰にでも共通する警備員バイトのメリットを知りたい方は、こちらの記事がおおすすめです。

警備員バイトはきついの?評判やおすすめ理由を徹底調査した.

まとめ

この記事では、警備員バイトを女性にもおすすめしたい理由と選ぶときの注意点についてご紹介しました。子供やお年寄りとお話が得意な女性にとっては警備員バイトが天職となる場合があります。しかし、仕事を選ぶときは女性で働いている人の人数を確認するようにしましょう。

もし、体力的に自身がない方は、omochi診断であなたにピッタリの別の仕事も探してみてください。性格診断であなたに合うバイトが見つかりますよ。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)