歯科助手バイトは大学生におすすめ!仕事内容や特徴を詳しくご紹介

医学部や歯学部の学生を中心に、人気が強い歯科助手バイト。
一見資格が必要そうに見えますが、実は資格がなくともバイトとして働くことができるのです。
他のバイトと比べると時給が高く、稼ぎやすいため大学生にはおすすめと言えるでしょう。
しかしながら、専門性が高い医療職のため、仕事内容が分からないとなかなかチャレンジしにくいかもしれません。

そこで今回は、歯科助手バイトの詳しい仕事内容や時給、特徴などをご紹介。歯科助手バイトを検討しているという方や、バイト探しに悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

目次

仕事内容

歯科助手の仕事は、大きく『受付業務』と『アシスタント業務』に分かれています。それぞれの詳しい業務内容について、以下で確認してみましょう。

受付

受付業務

『クリニックの顔』とも言える役割で、クリニックに来院した患者さんの受付や診察券・保険証のチェック、患者さんの案内を行います。
患者さんは不安な気持ちで来ることも多く、そうした不安を少しでも紛らわせられるよう、明るくコミュニケーションをとることがポイント。

電話応対・予約の管理

クリニックにかかってくる問い合わせの電話に対応します。クリニックは電話口で予約をとることが多く、現在の予約状況と患者さんの希望時間を見合わせながら臨機応変に判断する必要があり、頭を使う仕事とも言えるでしょう。
また、必要に応じてPC入力や、Webサイト・メールでの予約に対応することもあります。

会計

診療後、受付で診療にかかった医療費の会計を行います。

なお、クリニックによってはレセプト(診療報酬明細書)を作成することも。組合健保や市町村など、健康保険の保険者に診療報酬を請求する業務を指し、診療で行った処置や使われた薬剤などを細かく記載します。
ただ、レセプト業務は専門的な知識・スキルを要するため、資格を持たないバイトであれば任されない場合が多いでしょう。

アシスタント

診療補助

歯科医師が治療を行うそばで、治療がスムーズに進むようサポートする業務です。

患者さんに治療が始まる前エプロンをかけたり、治療で使われる器具を準備して手渡したりというのが主な業務。高齢の患者さんであれば、待合室から診療室まで介助することもあるでしょう。

また、途中口の中に溜まった唾液をバキュームで吸い取るといった作業もあります。ただ、歯石取りや歯を削るような行為は医療行為となるため、歯科助手は行いません。

器具の洗浄・消毒処理

治療で使った器具は、全て洗浄・消毒処理を行い、元の場所へ片付けます。

その他の業務

カルテ整理

カルテとは、患者さんの個人情報や診療内容などが記載されており、医療行為の内容を証明する大切な書類です。
こうした書類を必要なときにすぐ取り出せるよう、整理しておくのも歯科助手の仕事。また、カルテの作成業務が含まれることもあります。

院内清掃

受付や診療室など、クリニック内を清掃する業務です。一見地味かもしれませんが、患者さん、スタッフともに気持ちよく過ごせるよう、クリニック内を清潔に保つという大切な業務です。

時給

歯科助手バイトの平均時給は、『1,000円〜1,500円』とされています。
地域によって差はあるものの、バイトの中では時給が良いと言えるでしょう。都心部に近づくほど、より高時給になる傾向です。

メリット

ここからは、歯科助手バイトのメリットについて紹介していきます。

コミュニケーション能力が身につく

『コミュニケーション能力が身につく』のは、歯科助手バイトの大きなメリットでしょう。
患者さんの不安な気持ちが和らぐよう、笑顔で丁寧なコミュニケーションをとることが歯科助手の仕事では大切です。患者さんへの対応を意識するうちに、自然と気持ちの良いコミュニケーションが身につきます。

また、歯科助手は患者さんだけでなく、歯科医師や歯科衛生士とも関わります。業務の中で様々なポジションの人と連携をとることで、仕事には欠かせない協調性が身につくでしょう。

やりがいが大きい

『仕事のやりがいが大きい』のも、歯科助手バイトのいいところ。

歯科助手バイトでは、多くの患者さんと接します。自分の気配りやコミュニケーションによって、患者さんから感謝されることも少なくありません。
『あなたの笑顔を見たから安心した』
『子供が「お姉さんがいるから歯医者に行きたい」と話していた』
このような言葉をかけられたときの喜びは大きいでしょう。

また、業務が多岐にわたるため覚えるのが大変なものの、その分頑張りがいを感じられます。仕事を覚えて歯科医師や歯科衛生士から頼られるようになると、大きなやりがいを感じるでしょう。

医療事務のスキルをつけられる

受付や会計業務を通じ、『医療事務のスキルが身につく』のも歯科助手ならではのメリット。

患者さんの受付やカルテの作成・記入、医療費の会計など、歯科助手では様々な医療事務の業務にあたります。
医療に関する知識がつくため、将来医療職を目指す方にとっては勉強も兼ねた良いバイトと言えるでしょう。また、医療事務に就きたいという方にとっては、実務経験を積めるため就職において有利になります。

また、医療職や医療事務に就かない場合でも、『作業を正確に行うスキル』はあらゆる仕事で役立つでしょう。就職活動における自己PRでも、十分にアピールできる内容と言えます。

デメリット

上記では、歯科助手バイトのメリットについて紹介してきました。
しかしながら、歯科助手バイトには『きつい』と感じるデメリットも。どのようなものが挙げられるか、以下で見てみましょう。

覚えることが多い

歯科助手バイトでは覚える内容が多く、勉強が苦手という方にとってはデメリットと言えるでしょう。
具体的に、仕事を行うためには以下のような内容を覚えなければいけません。

  • カルテ・問診票における記入や整理のルール
  • 治療で使用する器具の名称
  • 器具の消毒ルール
  • 予約管理におけるルール
  • レセプト業務・会計業務のやり方

専門用語が使われることも多く、普段医療について学ぶ機会がないという方にとっては大変でしょう。場合によってはバイト以外の時間で勉強することも必要なため、新しいことを覚えるのが苦手な方にはきついかもしれません。

作業に正確性が求められる

仕事の作業ひとつひとつに正確性が求められるため、そのプレッシャーをきついと感じることもあるでしょう。

アシスタントとして行うバキュームでは、誤って舌や頬の内側を吸ってしまうと患者さんが不快な気持ちになってしまいます。そのため、バキューム作業を行うときは慎重にならなければいけません。

また、会計やカルテ作成・整理といった事務作業においても、当然のことながら正確性が求められます。数字や内容に少しでも間違いがあると、正しい処理ができず、後から患者さんや他のスタッフに迷惑がかかるでしょう。
歯科助手の業務はどれも責任ある仕事であり、気が抜けないことはデメリットと言えます。

血を見ることがある

治療内容によっては、血を見る機会があるというのも歯科助手の特徴。特に抜歯や歯石取りといった治療においては、出血している場面でアシスタントをしなければならないでしょう。
人の血を見るのが苦手という方は、きついと感じてしまうかもしれません。

気になるポイント

最後に、歯科助手バイトにおいて、多くの方が疑問に思うポイントにお答えしていきます。

勤務時間はどれくらい?

勤務時間はクリニックの診療時間に準じており、遅くとも20時までというところがほとんど。
学生バイトの場合、シフトは『週1日からOK』『短時間(2〜3時間)からOK』というところも多くなっています。そのため、学業と両立がしやすいバイトと言えるでしょう。

なお、残業はほとんどないため、バイトが終わった後はしっかり自分の時間を作ることができます。

髪型や髪色は?

髪型や髪色に関してルールは特に決めていない、というクリニックが多いようです。とはいえ、患者さんと接する仕事のため、節度を守った髪型が無難でしょう。

髪が長い場合は業務の邪魔にならないよう、ヘアゴムなどで縛る必要があります。
髪色は自由とするクリニックがほとんどですが、あまりに奇抜な色は避けた方が無難。特に最初の面接では、できるだけ落ち着いたトーンの髪色で行く方がおすすめでしょう。

こんな方に歯科助手バイトがおすすめ

いかがでしたか?
記事の内容を踏まえて、以下のような方に歯科助手バイトがおすすめと言えるでしょう。

  • 歯科衛生士を目指している
  • 患者さんの役に立ちたい
  • 人とコミュニケーションをとるバイトがしたい

歯や健康に関する知識だけでなく、コミュニケーション能力や事務スキルも身に付けられる歯科助手バイトは、大学生におすすめのバイトです。
特に、歯科助手に求められる『作業を正確に行うスキル』は、あらゆる仕事において役立つスキルでしょう。

どんなバイトにしようか悩んでいる方は、ぜひ歯科助手バイトも検討してみてください。

なお、歯科助手バイトはこちらより探すことができます。
https://omochi.io/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD?category=%E6%AD%AF%E7%A7%91%E5%8A%A9%E6%89%8B