仕事ができる人の特徴6つを解説!仕事が遅い人の共通点も紹介

「仕事ができる人になりたい」と誰でも一度は思ったことがあるはずです。それでは仕事ができる人には、どんな特徴があるのでしょうか。この記事では、仕事ができる人がやっている共通した特徴や習慣をご紹介します。ぜひ、最後まで読んでください。

仕事ができる人の6つの特徴

仕事ができる人の6つの特徴

仕事ができる人には共通した特徴があります。仕事ができる人の特徴は以下の6つです。

1.行動力がある

仕事ができる人は行動力があります。普通の人が「本当にこのまま進んでいいのか」と悩んでいる間にどんどん行動することが、仕事のできる人の特徴です。

仕事のできる人は、行動しながら仕事の最適なやり方に修正していきます。初めから完璧を目指すのではなく、いまやれることに注力しているのです。

また、仕事のできる人は、失敗してもそこから経験を積めることを知っています。なので、いろんなことに挑戦しますが失敗を恐れません。結果的に、行動しない人とはどんどん差が広がるでしょう。

2.仕事が早い

仕事ができる人は、納期が遠いい仕事も計画的に前倒しで進めます。そのため、仕事ができる人で納期に間に合わない仕事をする人はいません。

自分のやるべきタスクを常に理解しており、仕事に優先順位をつけています。優先度の高い仕事を順番にこなしているだけなので、絶対に納期をすぎることはありません。

また、仕事が早い人はレスポンスも早いです。例えば、仕事を頼まれたときにざっくりいつまでに形を作って共有できそうかを、当日中に連絡します。そうすることで、自分の中でも期限が明確になり、納期の目標を細かく設定することでこまめに仕事の進捗を管理してます。

余裕を持って仕事ができるので仕事の精度もいいし、結果的に周りからは仕事ができる人という認識になります。

3.やるべきことを見極められる

仕事が溜まってくると、何から手を付けたら良いかわからなくなるときがありますよね。仕事ができる人は、自分がいま何をするべきか見極める能力があります。

たくさん仕事がある中で優先順位をつけることで、確実にひとつずつ遂行していきます。仕事ができる人は「マルチタスクは失敗を招くこと」を知っているからです。

また「ひとりでできる作業」と「みんなで集まらないとできない作業」もわけて考えます。チームで進めるような仕事では、進行が遅そうな部分があればそこのフォローするためです。タスクや納期の管理をすることで、プロジェクト全体をとおして「いまやるべきこと」がわかります。

4.オンオフの切り替えができる

仕事ができる人はオンオフの切り替えが上手です。休みの日はしっかりリフレッシュして心と体を休められるため、オンの仕事をするときにも最大のパフォーマンスを発揮できます。

家に帰ってからや休日にもダラダラと仕事を持ち帰ると、いつまでの仕事気分が続いてしまいストレスがかかっている状態です。この状態のまま休みの日にしっかり寝ていても、なかなか疲れが取れずに月曜日にだるさが残ってしまいます。

仕事ができる人は、スポーツや読書などの趣味で気持ちをリフレッシュしたり、体がつかれたときの休め方を理解しています。

プライベートを充実させることで余計なストレスを溜め込むことなく、週明けからも気持ちよく仕事に取り組みます。

5.コミュニケーション能力が高い

仕事ができる人はコニュニケーション能力が高い人がほとんどです。

会社単位の仕事は一人で遂行できません。ほとんどの場合、仕事には上司や同僚、取引先とコミュニケーションを取ることが必須です。

仕事に関わる人とコミュニケーションが取れないと、以下のような支障がでます。

  • 人間関係が悪くなる
  • 何をしてほしいかわからない
  • プロジェクトの進行度がわからない

コミュニケーションを取ることで仕事が円滑に進みます。コミュニケーションを取りたい人は、まずは基本のあいさつから始めましょう。

6.人の意見を受け入れられる

ミスをしたときや他人からアドバイスを貰ったときに、人の意見を素直に受け入れられるようにならないと仕事はうまくいきません。仕事ができる人は、たとえ後輩からかけられた言葉でも受け入れる柔軟性を持っています。

人の意見を受け入れられない人は、以下のように考える人が多いです。

  • 絶対に自分の意見が正しい
  • あいつの言うことなんて聞いてもムダ
  • いちいち口を出してくるのがむかつく

他人の客観的な意見は需要です。それがミスの指摘であろうとアドバイスであろうと、自分以外の意見として受け入れられるようにしましょう。

仕事ができない人の3つの特徴

仕事ができない人の3つの特徴

仕事が遅い人や仕事ができない人には3つの共通した特徴があります。以下では仕事ができない人の特徴をご紹介します。

1.自分から行動しない

仕事ができない人は、自分から行動しません。常に人からの指示を待ち「何をしたらいいですか」という状態です。

むしろ「何をしたらいいですか」と聞く人ならまだいいですが、自分が仕事がない状態でも黙っている人もいます。自分では「やる仕事がないからしょうがない」と思うかもしれませんが、周りから見ればあなたは典型的な「仕事ができない人」に見えているでしょう。

さらに、長期間勤めている会社でほかの人がやることを大体わかっているのに言われたことしかやらないと、それも周りからの評価は下がります。

「余計なことをするかもしれない」という不安な気持ちはわかりますが、相手は「手伝いますか?」と声をかけられるだけでも嬉しいはずです。たとえあなたに能力がなくても自分から声をかけるだけで、あなたが困っているときにも周りから助けてもらえますよ。

2.無駄にプライドが高い

仕事ができない人は無駄にプライドが高く、絶対にミスをしたくないと思っています。言い換えると、完璧主義な人が多いです。

完璧主義な人は、仕事で失敗しそうになると行動できなくなります。失敗して自分の評価が下がるのが怖いからです。

また、プライドが高い人は、相手からもらったアドバイスを素直に聞き入れることができません。自分が一番正しいと思っているからです。

その結果、仕事もうまく進まずに周りに迷惑をかけることになります。「自分はやればできる」などと変なプライドがジャマをすると、仕事でうまくいきません。

3.ネガティブ思考

仕事のできない人は、仕事でミスをすると、すぐにネガティブな思考におちいります。ネガティブな思考の人は、以下の特徴があります。

  • いつも愚痴を言っている
  • やる前から「できない」と言う
  • 失敗すると何も行動できなくなる

ネガティブな発言ばかりしていると、行動力がなく仕事もしないで愚痴ばかり言っている人になります。そうなると、周りからの評価は下がるでしょう。

ポジティブ思考の人なら、もし失敗をしても「次どうすれば同じ失敗しないか」を考えます。ネガティブ思考な人は反省する余裕がないため、気持ちが落ち込んだまま仕事に取り組み、また同じ失敗を繰り返す可能性が高いです。

仕事ができる人になるための5つの習慣

仕事ができる人になるための5つの習慣

あなたに仕事ができない人の特徴が当てはまったとしても、諦める必要はありません。これからご紹介する仕事ができる人になるための5つの習慣を実践すれば、あなたも仕事ができる人に必ず近づけます。

それでは早速見ていきましょう。

1.レスポンスを早くする

上司や取引先と連絡を取り合うときは、レスポンスを早くする意識を持ちましょう。

レスポンスを早くすることで、仕事のやり直しや抜けを早期発見できます。また、連絡をこまめにとることでコミュニケーションを多く取れます。コミュニケーションを取れば円滑な仕事にも繋がるでしょう。

ただし、レスポンスを早くすることを意識しすぎて、内容のない返事をするのはやめましょう。そうすると「結局何が言いたいの?」と言われて余計に時間がかかります。大事なプロジェクトの話し合いをメールでしている場合は、LINEのように早すぎる返信をすると「本当に考えている?」と疑われることもあります。

レスポンスを早くするということは「連絡を見たけど返信を後回しにする」をなくすことです。最低でも午前中、お昼、夕方くらいにメールチェックをして連絡を返すようにしましょう。

2.計画的に行動する

仕事全体の進行をスムーズにするために、計画的に仕事を進める習慣をつけましょう。自分が受けているタスクを明確にして、それぞれいつまでに終わらせればいいかを把握しておくことで、納期遅れや仕事の抜けを防げます。

納期を決めるときは修正があることを前提に決めるといいでしょう。重大なミスがあったとしても、落ち着いて対応できます。

また、急な仕事を頼まれた場合も、自分のタスクの溜まり方や納期がわかっていると仕事を断れます。仕事を断ることは、仕事ができる人になるためには重要なことです。そもそも自分が仕事の質を落とさずにできる量には限界があるので、仕事に追われて納期ギリギリに質の低い成果を出すことを防げます。

あなたが仕事ができる人になるためには、仕事の全体像が常に把握できている状態にしましょう。

3.スキマ時間を有効活用する

仕事ができる人はスキマ時間も利用しています。スキマ時間を有効活用して、こまめに仕事を進めましょう。

例えば、メールのチェックや返信などは、パソコンがなくても数分でできる仕事です。なので、ミーティングの待ち時間にもサクッと片付けることができます。

また、通勤時間には自分のスキルを高めるために読書やネットで勉強をする時間に充てましょう。知識をインプットすることで、仕事に活かせる能力が付きます。

スキマ時間のおすすめの活用方法は「◯分空いたらこれをする」というリストを作ることです。例えば、5分空いたらメールをチェックする、15分空いたら読書をするなどがいいでしょう。

スキマ時間は積み重ねると膨大な時間になります。毎日5分を確保してメールチェックに充てるだけで、タスクが終わり気持ちにゆとりを持って仕事ができますよ。

4.机は常にきれいに整える

仕事ができる人になるためには、机の上をきれいに整えることも重要です。机の上をきれいにすることで、以下の効果を得られます。

  • 作業がしやすい
  • 思考がスッキリする
  • 探しものなどをする時間がなくなる

多少散らかってる方が好きという方もいますが、それは仕事ができない人の特徴です。ものが目に入る環境は、ものの数だけ余計な思考が働く可能性があります。

机の上を片付けておくことで、目の前の仕事に集中して短時間で仕事を終えられますよ。

5.生活習慣を見直す

生活習慣を見直して健康的な生活を送ることも、仕事ができる人になるためには重要です。健康的な生活習慣の人は仕事ができます。

健康的な生活習慣を手に入れるためには、以下のことを意識しましょう。

  • 徹夜をしない
  • 野菜を食べる
  • 睡眠は8時間取る
  • 休日も同じ時間に起きる
  • 趣味を持ちリフレッシュする
  • ジョギングなどの軽い運動をする

睡眠をしっかりとって栄養のある食事も取っていれば、集中力や判断力も養えます。とくに、寝不足は脳の働きを低下させるため、徹夜を続けていると仕事の質が下がるのは確実です。

仕事が終わらなくて残業と寝不足を繰り返している方は、思い切って8時間睡眠をとることをおすすめします。その方が集中力が増して、仕事を残さずに帰れますよ。

まとめ

この記事では、仕事ができる人の6つの特徴と仕事ができる人になるために習慣にすべき5つのことをご紹介しました。失敗を恐れずに行動して、経験を積むことは大切です。たとえミスや失敗を下としても、勇気を出して行動したあなたのことを責める人はいません。その行動を積み重ねることで周りからも信頼されて、仕事ができる人になっているでしょう。

失敗をすることは悪いことではありませんが、何をしても仕事がうまくいかない場合は仕事の相性が合っていない可能性があります。もし、あなたの性格にピッタリの仕事を見つけたい場合は、omochiの性格診断を受けてみてください。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)