パン屋のバイトは大学生におすすめ!仕事内容や時給などを詳しくご紹介

パンの焼ける香りに憧れて、『パン屋のバイト』を始めようとする大学生は多いのではないでしょうか。

実際、常にパンの香りが漂う店内で働くのは、パン好きの方にとってたまらないでしょう。しかしながら、パン屋バイトには『きつい』と感じる点もあります。
バイトの内容について知っておかないと、働き始めたときにギャップで悩んでしまうことも。

そこで今回は、パン屋の仕事内容や時給、メリット・デメリットといった特徴などを紹介していきます。
この記事を読むことで、パン屋で働くイメージが湧きやすくなるのではないでしょうか。パン屋バイトが気になっている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

目次

パン屋の仕事内容

パン屋での仕事は、大きく『販売』『製造』の2種類に分かれています。さらにイートインスペースがある店舗であれば、『ホール』の仕事もあるでしょう。

それぞれの仕事内容について、以下で詳しく説明していきます。

販売

  • レジ前での接客・会計
  • 袋詰め
  • 商品陳列
  • ポップ作り
  • 店内清掃

パン屋でバイトを募集する際、そのほとんどは販売スタッフです。お店に来たお客さんへの接客がメインであり、笑顔でコミュニケーションを取ることが求められるでしょう。
また、材料や味について質問されることもあり、店内に並んでいるパンの特徴を理解しておくことも大切。

お客さんがいるときはレジで接客をしつつ、合間で商品陳列やパンの魅力をアピールするポップ作り、店内の清掃を行います。

また、季節ごとの期間限定パンを売り出す店舗も多く、時期によっては店内の飾り付けを行うことも。自分の飾り付けでお店に来たお客さんに喜んでもらえると、大きなやりがいを感じます。

製造

  • 調理補助
  • 洗い物
  • 調理場の清掃

店内でパンを焼き上げる店舗の場合、パンの製造スタッフとして調理補助を行います。

具体的に仕込み作業・パンの成形・材料のカット・トッピング・窯の出し入れ作業などがあり、最初は簡単な作業から任されるでしょう。
ただ、暑い調理場で重たい小麦粉・砂糖などを運ぶことも多く、体力仕事であることには注意が必要です。

なお、やる気があれば、パンを一人でも作れるように指導してもらうことも可能。特に将来パン職人を目指す方やパン屋を開きたいという方にとって、良い機会でしょう。
自分で作ったパンが店頭に並んだ時は、喜びもひとしおです。

ホール

  • 席への案内
  • ドリンク作り・提供

イートインスペースを併設している店舗の場合、ホールスタッフとしての仕事もあるでしょう。
オーダーが入るとコーヒーや紅茶、ジュースといったドリンクを作り、お客さんに提供します。

とはいえ、飲食店のホールほど仕事量は多くないため、安心してください。お客さんがレジで受け取った商品を自分で運ぶことが多く、そのため販売のポジションと兼任することが多くなっています。

パン屋バイトの時給

パン屋バイトの平均時給は、『900〜1,000円』とされています。
なお、バイトの平均時給には地域差が。地方だと時給が低く、都心部に行くほど時給は高くなる傾向です。

パン屋バイトのメリット

ここからは、パン屋バイトにおけるメリットを紹介していきます。

売れ残りのパンをもらえる

閉店までシフトに入る場合、『最後に売れ残ったパンをもらえる』というのは大きなメリットです。
売れ残ったとしても、美味しいパンであることには変わりありません。特に一人暮らしの学生にとっては、食費が浮くため嬉しいポイントでしょう。
最後に美味しいパンをもらえると思えば、忙しい仕事も乗り越えられるものです。

また、定期的に新作の試食会があることも。店頭に並ぶ前にいち早く新作のパンを楽しめるのは、パン屋バイトならではのメリットです。

パンの匂いが漂う中で働ける

『焼きたてのパンの匂いが漂う中働ける』というのも、パン好きの方にとってはたまらないメリットです。

店内は常にパンの香りでいっぱい。立ち仕事で疲れることがあっても、パンの香りに癒されながら幸せな気持ちで働けるでしょう。
美味しそうなパンを眺めているだけでも、心が満たされるものです。

生活リズムが整う

パン屋のバイトは朝が早く、終業時間はそれほど遅くなりません。そのため、パン屋でのバイトを続けることで『健康的な生活リズムを作れる』というメリットがあるでしょう。

早番だと朝が早く、きついと感じることがあるかもしれません。それもバイトを続けるうちに慣れてくるものです。
早起きの習慣が身につくことで、一日の時間を有効に使えるようになるでしょう。

パン屋バイトのデメリット

上記では、パン屋バイトのメリットを紹介してきました。しかしながら、『きつい』と感じるデメリットもいくつか存在しています。

どのようなものが挙げられるか、以下で確認していきましょう。

パンの値段や特徴を覚えるのが大変

パン屋だと、バーコードが付いている商品は少なく、トレーに乗せられたパンの値段をこちらで判別しなければいけません。
そのため、パンの種類から値段まで、全て覚えるのがきついと感じることもあるでしょう。一目見てすぐに判断できるようになるまでは、どうしても苦労します。

また、アレルギーを気にするお客さんから質問されたときにすぐ答えられるよう、原材料についても把握しなければいけません。パンの味について質問された時も、スムーズに答えなければいけないでしょう。

最初は大変ですが、覚えてしまえばほとんど種類に変化はないため楽になります。

夜遅くまで働けない

パン屋は、遅くとも20:00頃までしか営業していません。夕方には閉店してしまうところも多いでしょう。
そのため、遅い時間まで働きたいという方や、昼間は忙しいという方は、自分の希望通り働けないこともあります。

中には22:00頃まで営業を続ける店もあるため、遅い時間で働きたいという方は、『営業時間』を重視して求人を探しましょう。

失敗すると売り物にならなくなってしまう

袋詰めをするときに潰してしまったり、焼き時間を間違えたりすると、そのパンは売り物にならなくなってしまいます。
そのため、『せっかく作ったパンが廃棄になってしまうかもしれない』というプレッシャーが辛く感じることもあるでしょう。

とはいえ、バイトで全くミスをしないという人はいません。最初のうちは失敗したとしても意欲を持って働き、ミスをカバーしようとする姿勢が大切です。
『なぜ失敗してしまったのか』という原因を考え、同じ失敗を繰り返さないように意識することで、失敗を減らせるでしょう。

気になるポイント

最後に、パン屋のバイトにおいて、多くの方が気になる疑問にお答えしていきます。

髪型や服装は自由?

パン屋で働く上では、『清潔感のある身だしなみ』が求められるでしょう。

髪が長い場合、ヘアゴムで縛ったり、帽子にまとめたりということが求められます。また、販売スタッフの場合は接客業である以上、奇抜な髪色はNGでしょう。

服装については、制服を貸与される場合がほとんどです。
ただ、ズボンと靴は自前とすることも。店の方針によりますが、黒ズボン・黒のスニーカーなど目立たないものが基本となるでしょう。

パンの種類を覚えるコツは?

パンの種類を覚えるコツとして、『パンと値札を写真に撮る』という方法がおすすめでしょう。自身のスマートフォンや携帯で撮影することで、いつでも写真を見返してパンの種類と値段を確認できるようになります。

バイトの時間だけでは、なかなかパンの種類を覚えることができません。そのため、最初のうちはバイト前後の時間で写真を見返し、種類と値段を覚えると良いでしょう。
講義の合間や電車で移動するときなど、『隙間時間』をうまく使い、効率よく覚えるのがポイントです。

パン屋バイトの面接に受かるコツは?

面接では、パン屋バイトに欠かせない『記憶力』『体力』をアピールするのがポイントです。

販売ポジションであれば、『パンの種類が多くても、記憶力には自信があるため覚えられる』ということを伝えると好印象。
また、接客に欠かせない『コミュニケーション能力』もしっかりアピールしましょう。
面接中は常に笑顔で、明るくハキハキと受け答えするのがポイントです。

製造ポジションであれば、『長時間暑い空間でのパン作りに耐えられる体力がある』ということをアピールするのがおすすめ。
『過酷な環境でもしっかり働ける』と覚悟を伝えることで、根性があると評価してもらいやすくなるでしょう。

こんな方にパン屋バイトがおすすめ

いかがでしたか?
記事の内容を踏まえて、以下のような方にパン屋でのバイトがおすすめと言えます。

  • パンが好き
  • 接客のバイトをしたい
  • 早い時間帯で働き、午後の時間を有効に活用したい

パン屋の仕事は、はじめは覚えることが多く大変。また、長時間の立ち仕事がきついと感じることもあるでしょう。
それでも、パンの焼ける香りに包まれながら働くのは、パン好きの方にとって最高の環境です。パンをもらえる機会も多く、モチベーションを持って働くことができるでしょう。

新たなバイト探しに悩んでいるという方は、ぜひパン屋でのバイトも検討してみてください。