ビジネススキルとは何か?仕事に役立つ能力を向上させるベストな学びも解説

社会人として最低限のビジネススキルを身につけておきたと思ったことはありませんか?できるビジネスパーソンになるためにスキルを身につけたいと思う人は多いです。では、ビジネススキルはどうやって身につけるものなのでしょうか。

この記事では、ビジネススキルの磨き方と優先して身につけるべきスキルを紹介しています。ぜひ最後まで読んでみてください。

ビジネススキルとは?

ビジネススキルとは?

ビジネススキルとは、社会人として働くうえで仕事に必要な能力のことです。具体的には以下のものがあります。

  • パソコンスキル
  • ビジネスマナー
  • コミュニケーションスキル
  • プレゼンテーションスキル

上記の例はどの業界でも必要なスキルですが、ビジネススキルの中にはもちろんある職種でしか利用しない専門的なスキルもあります。

ビジネススキルがあれば仕事でつまずくことも少なくなるでしょう。いまよりも会社に貢献できる人材になるためには、ビジネススキルが必要です。

ビジネスはスタンスも重要

ビジネススキルの話が出たときに、同じように重要視されているのがスタンスです。この場合の意味として仕事に取り組む姿勢のことを指します。

学生時代にしていたアルバイトとは違い、社会人としての責任を感じながら働く姿はまさしくスタンスの違いによるものです。環境や意識の変化から、スタンスが変わることが多いです。

スタンスは周りから見てもわかりやすく、ビジネススキルと同じくらい重要視されています。そのため、ビジネススキルを身につけることに集中しすぎないように注意しましょう。

代表的なビジネススキルの種類3つを紹介

代表的なビジネススキルの種類3つを紹介

ビジネススキルには大きくわけて3つの種類があります。それぞれの特徴を理解して、自分はどのスキルが得意なのかを理解することが重要です。それでは以下で詳しくご紹介します。

1.ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは、上司や同僚、クライアントなど同じ仕事をするうえで関わる人との対人関係に影響するスキルです。

ヒューマンスキルには以下のようなものがあります。

  • 会話
  • 交渉
  • プレゼン
  • セールス
  • コーチング
  • コミュニケーション

ヒューマンスキルが活用される代表的な例としては「報告・連絡・相談」です。チーム内でひとつのプロジェクトを達成するときに、お互いの作業の進行状況や課題を共有するためにコニュニケーションが取れていると円滑に作業が進みます。

また、クライアントを相手にするときには、プレゼンスキルやセールススキルで相手を引きつけることも需要です。

ヒューマンスキルは、仕事の進捗管理やクライアントとのやり取りを円滑に行うために役立ちます。

2.コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、一言でいうと課題を解決する能力です。いま起こっている問題はなぜ起こっているかを把握することや、それを解決するための思考力でもあります。

コンセプチュアルスキルは、具体的には以下のとおりです。

  • 目標管理
  • 時間管理
  • タスク管理

職場や役職は関係なく、どのビジネスパーソンにも求められる基礎的なスキルです。複雑な課題でも「いまやるべきことは何か」や「本当に重要なことは何か」などを整理すると、解決方法が考えられるようになります。

また、課題管理やマネジメントにも必要なスキルなため、キャリアアップするためには必須のスキルです。

コンセプチュアルスキルがあれば、周りの社員からも頼られる存在になります。

3.テクニカルスキル

テクニカルスキルとは、ある職場において業務を遂行するために求められる特殊なスキルのことです。汎用性が低いですが、その業務においてはなくてはならない必須のスキルともいえます。

具体的なテクニカルスキルには、以下のようなものがあります。

  • 会計・経理
  • マーケティング
  • 機械のメンテナンス
  • プログラミングスキル
  • ライティングスキル

テクニカルスキルがあれば特定の業務において必ず必要な存在になれます。また、持っていれば重要度がある仕事に就くことが可能です。職場内でそのスキルを持っている人が少なければ自分の給料も上がります。

勤める会社によって求められるテクニカルスキルは異なるため、あなたが必要とされる職場を探すことが重要です。

ビジネススキルの磨き方

ビジネススキルの磨き方

社会人として市場価値の高い人間になるために、ビジネススキルを磨くことは重要です。しかし、どうやってスキルを向上させればいいか迷いますよね。ビジネススキルを磨きたい場合は、以下の方法を試しましょう。

1.いまの仕事の専門分野を極める

ビジネススキルを磨く方法として一番単純な方法が、職場で必要なテクニカルスキルを極めることです。なぜなら、前述の通りテクニカルスキルは職場においてもっとも必要とされるからです。

例えばIT系の会社に勤めている場合は、ヒューマンスキルを上げるよりプログラミングスキルなどの専門性のあるスキルの方が重要性が高いです。コミュニケーションが取れる「いい人」になるだけでは、給料が上がりません。

IT系でヒューマンスキルが必要になる場面は、作業者からプロジェクトの管理者になってからです。そのため、まずはスキルの信頼性を上げるためにもテクニカルスキルを磨く必要があります。

2.苦手なスキルを補う

ビジネスマンとして成長するためには、自分が苦手とするビジネススキルを克服することも重要です。

誰にでも得意なスキルと苦手なスキルはあります。しかし、キャリアアップしている人は必ず苦手を補う努力をしています。

職場でまったく必要としないテクニカルスキルは身につける必要はありません。それより、ヒューマンスキルやコンセプチュアルスキルはどの業界で働いても必要です。とくに、仕事には必ずお金をもらう側と払う側がいるので、人と関わるためのヒューマンスキルは確実に使います。

上記のように、キャリアアップするためには複数のスキルを補う必要があります。

あなたが苦手と思っていることを得意といえるまでになる必要はありません。しかし、苦手意識を最小限に抑えるための努力は重要です。

3.資格を取得する

ビジネススキルを磨くために、資格取得にチャレンジすることはおすすめです。資格は周りからもスキルを認めてもらいやすいです。

また、資格を取得することは自分の自信にも繋がります。

取るべき資格は社会人として汎用性の高いスキルか、職場に関係する専門的なスキルが活かせる資格がいいでしょう。例えば以下のスキルがあります。

  • 簿記検定
  • TOEIC
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト

たとえ資格が取れなかったとしても、資格取得のためにした勉強はムダにはなりません。積極的に勉強をすることで、ビジネスのスタンスも鍛えられるでしょう。

社会人におすすめの資格が知りたい方は、以下の記事もおすすめです。

仕事に役立つ!社会人が持つべきおすすめの資格10選を紹介

将来的に必要なビジネススキル5つとその取得方法

将来的に必要なビジネススキル5つとその取得方法

ここでは今後絶対に使えるビジネススキルを身につけ方と一緒にご紹介します。それでは以下で具体的に見ていきましょう。

1.ビジネスマナー(ヒューマンスキル)

「ビジネスマナー」は、仕事をするうえで必要不可欠な基礎的マナーです。新卒で就職した際に、最初に教わるようなスキルのことです。

ビジネスマナーには以下が挙げられます。

  • 挨拶
  • 言葉遣い
  • 座席の配置
  • 名刺の渡し方
  • メールの出し方

基本的には相手を不快にさせないためのマナーであるため、100%守れないといけないものでもありません。しかし、常識として把握しておくことはとても重要です。

クライアントやお客さんと良質な関係を築くためにも、正しいビジネスマナーを身につけましょう。

わからなければ恥ずかしがらずに同僚や先輩に聞きましょう。クライアントとの大事な商談で失礼なことをするより、社内で聞く方がリスクは低くなるでしょう。

2.パソコンスキル(テクニカルスキル)

「パソコンスキル」とは、基本的な文書や表、資料を作る能力のことを指します。ほとんどの企業ではPCで書類を作成することがあるため、必須のスキルです。

パソコンスキルといっても、必須な作業は以下のとおりです。

  • メール
  • Word
  • EXCEL
  • PowerPoint

細かい装飾やショートカットがわからないことは問題ではありません。また、最初は操作がわからないとしても、数日教わり慣れてくれば作業はできるようになるでしょう。

重要なのは操作性を覚えていることよりも簡潔にまとめる能力なので、パソコンスキルは最低限覚えていれば問題ありません。

3.コニュニケーションスキル(ヒューマンスキル)

「コミュニケーションスキル」は、対人関係を円滑にし意思疎通をしやすい環境を作るための能力です。

チーム内でコミュニケーションが取れなければ、お互いの作業の進捗がわからずにプロジェクトの進行は悪くなります。また、クライアントとコミュニケーションが取れなければ、何をしてほしいかがわからず信用を失う可能性が高いです。

コミュニケーションスキルを磨くためには、以下のことを実践してみましょう。

  • 質問をする
  • 一緒に食事をする
  • 適期的に進捗報告をする

どんなきっかけでもいいので、会話をする回数を増やすことが重要です。相手とやり取りをする回数が増えれば、自然とお互いに心を開けるようになります。

4.問題解決スキル(コンセプチュアルスキル)

「問題解決スキル」とは、いま起こっている問題に対して迅速に対応する能力のことです。

根本的な意味として、仕事はお客さんのニーズや問題を解決することですよね。そのため、どの職場でも問題解決スキルが必要なのです。

また、作業を進める中で常に課題に直面します。そのため、ルーティン業務以外は問題解決スキルが必ず必要となってきます。

迅速に問題解決をするためには、起こっている問題に優先順位を決めることが重要です。

例えば、アプリ開発をしているチームで、以下の問題が起こった場合を想定します。

  • アプリのリリースは二週間後と公表している
  • しかし、ある一定の行動をするとバグが発生する
  • バグの修正には1ヶ月かかる見込み
  • 毎日徹夜すればギリギリ二週間で直せる可能性はある

上記の場合は、優先順位の決め方によって行動が変わります。今回の場合は、アプリのリリースの日程がズレると会社としての信用を失うため、多少のバグがあってもリリースすることが重要です。

アプリの場合、性質上アップデートで修正できます。また、徹夜で作業をするとさらにバグが発生する可能性もあるため、適切な判断ではありません。

問題が起こったときは「何がもっとも重要か」を考えて、優先順位を決めることが大切です。

5.プレゼンテーションスキル(ヒューマンスキル)

「プレゼンテーションスキル」とは、一対一の会話(コミュニケーション)でなはく、大勢に向けて発信し伝える能力のことです。

プレゼンテーションスキルを身につけると、以下のシーンで役に立ちます。

  • セミナー
  • 会議での発言
  • クライアントとの商談

プレゼンテーションでは「伝えたいことをまとめる力」と「説得力のある話し方」の2点が最も重要です。これらを身につける練習としては、失敗しても繰り返し練習することが重要です。

練習量や経験があなたの自信になります。そして、失敗したと思ったら「何が悪かったか」の振り返りをしましょう。聞いていた先輩や同僚から話を聞くのもおすすめです。

まとめ

この記事では、身につけるべきビジネススキルやビジネススキルの磨き方をご紹介しました。ビジネススキルは極端に苦手を作らず三種類すべてを育てることが、キャリアアップに繋がります。

どのビジネススキルを身につければいいか迷ったら、将来的に必要なコミュニケーションスキルや問題解決スキルを身につけましょう。