新卒が辛いと感じる3つの原因を紹介!何度もくる辛い時期を乗り越える対処法

「入社したばかりなのに仕事が辛い」と感じたことはありませんか?

実は新卒社員で仕事が辛いと感じている人は多いです。では、なぜ仕事が辛く感じるのでしょうか。

この記事では、新卒が感じる仕事で辛い出来事やその対処法をご紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

新卒は3ヶ月ごとに辛い時期がある

新卒は3ヶ月ごとに辛い時期がある

学校を卒業し、社会人として働き出すと必ず壁に突き当たります。そして、一般的には3ヶ月おきにさまざまな理由で辛い時期が訪れると言われています。

それでは以下で、時期ごとに具体例をあげてご紹介します。

1ヶ月目:人間関係が辛い

入社してすぐは会社の人と馴染めなくて辛くなることがあるでしょう。これから一生付き合うかも知れない人たちなのに、はじめから仲良くなれないと焦りを感じますよね。

しかし、あなたの性格と相性が合わない人は必ずいます。

  • 同僚
  • 先輩
  • 上司

教育担当や部署は自分では決めれないため、コミュニケーションが取りにくい先輩やパワハラ上司の下で働く可能性もあります。また同期で性格が合わない人がいても、今後付き合っていくことになります。

入社してすぐに人間関係がうまくいきそうにない場合、将来性を感じず辛い気持ちになると言うのはこの時期です。

3ヶ月目:仕事がわからなくて辛い

入社して3ヶ月ほど経つと研修も終わり、専門的な仕事を教わるようになります。しかし、専門的な内容が増えるため、覚えられないと辛く感じてくる時期です。

新しい仕事を教わっている間はまだ楽しいかも知れませんが、徐々に教わることが増えてくると覚えきれなくなります。

「何度も教わったことを忘れてしまう」さらには「先輩や上司から怒られる回数も増える」となると辛くなってきてしまう…と言う時期です。

専門用語が多い職場は難しいですよね。

入社して3ヶ月ならまだ仕事を覚えてなくても普通の時期なのに、先輩や上司からプレッシャーをかけられると辛くなってしまいます。

6ヶ月目:周りと比較されて辛い

入社してから半年が経つと新入社員はみんな仕事を覚え始めます。仕事をある程度覚えると周りの同期と比べられて辛くなる時期です。

  • どっちの方が出世が早いかな?
  • 〇〇の方が仕事の覚えが早かった
  • 〇〇はもうあの仕事もできているぞ

言っている側はあまり気にしていなくても、言われた本人は必要以上に気にしてしまいますよね。

重要なことは過去の自分と比べて成長したかです。

しかし、真面目な人ほど、周りと比較されることに辛くなります。自分は仕事ができない人だと落ち込み自己嫌悪にもなることも辛くなる原因です。

9ヶ月目:仕事に責任が増えて辛い

ある程度仕事ができるようになったら、いろんな仕事を任されるようになります。新卒なのに一人前のように仕事を任され、それに責任を感じて辛くなる時期です。

また、あと数ヶ月で先輩という立場に変わるため、仕事を覚えていないといけないプレッシャーも感じる時期です。

まだ入社一年目でわからない仕事も多いのに、後輩を任されるのは責任が重いですよね。

仕事量も多いうえに後輩も任されることになり、焦りと不安で辛くなります。

新卒がずっと感じる辛い出来事3選

新卒がずっと感じる辛い出来事3選

仕事をしていると時期は関係なしに辛く感じる出来事があります。以下の3つの出来事を経験したとき辛いと思ったことはありませんか。

  1. 残業が多い
  2. 仕事でミスが多い
  3. 仕事内容にギャップを感じる

場合によっては上記の中に日々辛いと感じていることもあるでしょう。それでは以下で詳しくご紹介します。

1.残業が多い

ただでさえ、残業が多いと辛くなりますが、入社前に残業を想像していなければ、余計辛く感じます。

新卒の場合はとくに、車内の風潮によって大した仕事がなくても先輩や上司が帰宅するまで帰れないということもあります。

また、新卒から仕事が多すぎるパターンもあります。仕事の内容も効率のいいやり方もわからないのに、たくさん仕事を振られて残業が多くなります。

新卒一年目から仕事量が多すぎたり無駄な残業が多いと、仕事を辛く感じることにつながってきます。

2.仕事でミスが多い

仕事でミスばかりしてしまい、辛さを感じることもあります。とくに、自分のミスで周りを巻き込んでしまったときには、会社に行きたくなくなるほど辛くなりますよね。

新卒なのでまだ仕事を覚えていないのは当たり前ですが、責任感の強い人は自分を責めがちです。自分のせいだと感じやすい性格だと、より仕事が辛く感じてしまうことにつながります。

また、職場の先輩や上司によっては、直接あなたが責められることもあります。

  • なぜそんなミスをしたんだ
  • いつになったら覚えるんだ
  • 確認すればいいだけじゃないか

中にはあなたが一人前でなくても、社員によっては厳しくあなたに当たる人もいます。この状況が続くと「自分には向いていない仕事なんだ」と感じます。

もし、自分に向いている仕事を探したい場合は、以下の記事が参考になります。

自分に向いている仕事がわからないときの対処法。適職探しには無料診断がおすすめ!

3.仕事内容にギャップを感じる

卒業前に描いていた仕事のイメージと働きだした後、実際の仕事内容にギャップを感じて辛いと感じる人が多いです。

入社前にはワクワクしていても、実際に働いたときの理想と現実にギャップがあると辛く感じてしまいます。

あなたは以下の経験はありませんでしたか。

  • 定時で帰れると聞いていたが、先輩や上司は毎日残業
  • 研究開発をやると思っていたのに、事務職に回された
  • 日勤ばかりだと思っていたのに、シフト制で夜勤もある

会社の説明会では派手な仕事や大きな事業を紹介されるため、入社前には「自分もこの会社でいい成績を上げるんだ」と思うでしょう。しかし、思い通りの仕事に就ける人はごく一部です。

良いイメージだけ膨らみ続けてしまうと、抱いていた理想とのギャップに仕事が辛く感じてしまうのも無理はありません。

新卒で仕事が辛いと感じたときの対処法5選

新卒で仕事が辛いと感じたときの対処法5選

新卒で仕事が辛いと感じたときは以下の対処法を試しましょう。

  1. 休職する
  2. 運動をする
  3. 趣味を持つ
  4. 悩みを書き出す
  5. 身近な人に相談する

すべてではなく、ひとつでも実行できれば、あなたの気持ちは必ず楽になります。簡単そうなことから実践してみましょう。

それでは以下で詳しくご紹介します。

1.休職する

仕事が辛いと感じたら思い切って休職しましょう。

精神的・肉体的に疲弊していると、ちょっとしたことでも落ち込みやすい状態になってしまいます。

とくに、責任感が強い人は気がついたら頑張りすぎてしまうため、自分を追い込みやすいです。辛いまま我慢しすぎると、心の病気になる可能性があるので要注意です。

入社一年目でも半年以上働いていれば有給は使えるため、思い切って一週間ほど有給を取りましょう。

気持ちがリフレッシュできれば、いままで辛く思っていたことも疲れ切っていた時より簡単に乗り越えられるようになりますよ。

2.運動をする

運動をすると気分をリフレッシュできるため、辛い気持ちが少し楽になります。

運動が心に与える影響は、以下のとおりです。

  • 交感神経が活性化し、ポジティブになりやすい
  • セロトニンの分泌が増え、幸福感を感じやすくなる
  • エンドルフィンの分泌を促し、ストレスが軽減される

ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの一定のリズムで体を動かす有酸素運動がおすすめです。一日に20分運動するだけでもストレスやうつ病のリスクが軽減されますよ。

3.趣味を持つ

仕事のことを忘れて没頭できる趣味を見つけることは重要です。なぜなら、帰宅後や休日も仕事のことを考えていると、リラックスできないからです。

週末にリラックスできなければ、仕事の疲れが取れません。疲れた状態で仕事に行く日が続けば「辛い」と感じるはずです。

週末簡単にできるおすすめの趣味を以下にあげてみました。

  • 料理を作る
  • ジョギングをする
  • アウトドアで外の空気を感じる

寝たりダラダラした時間を過ごすこともいいですが、何かしらの行動を伴う趣味がおすすめです。仕事と休みのバランスがメリハリのある生活になり、気持ちをリフレッシュしやすいです。

4.悩みを書き出す

漠然と「辛いな」と感じている場合は、まず何に辛いと思っているかを把握することが大切です。いま悩んでいることを紙に書き出してみましょう。

実は頭だけで考えていると「何に辛いと感じているかわからない」ということが多いからです。

悩みを書き出すときは、以下の手順で行いましょう。

  • 白紙の紙に悩んでいることをすべて書く
  • 書いた中で、自分でコントロールできる悩みとできない悩みに分ける
  • コントロールできる悩みだけ解決方法を考える

重要なことは「コントロールできない悩みは考えない」という点です。自分でコントロールできないのに解決方法は出てきません。

また、悩みの解決方法を考えるときには「自分でできること」に集中するのも大切です。例えば「上司に怒られたくない」という悩みの解決方法に「上司に怒らなくなってもらう」という方法は現実的ではありません。

上司に怒られないために、自分はどんな行動を取るべきかを考えるべきです。

上記のように、辛い理由がはっきりわかると解決策がわかってきます。また、悩みを書き出すだけでも気持ちが楽になるでしょう。

5.身近な人に相談する

悩みがあるときは、ひとりで抱え込まずに誰かに相談しましょう。

身近な人に悩みを吐き出すだけでも、心の負担は驚くほど軽減します。また、第三者からの客観的なアドバイスがもらえれば、辛い原因の解決方法が見つかることもあります。

話を聞いてもらう人によってアドバイスも違うため、あなたの悩みに応じて人を選ぶのがおすすめです。

  • 同級生  :同じ新卒として悩みを共有できる
  • 会社の先輩:新卒のときの同じ辛さをわかってくれる
  • 両親   :人生の先輩として社会での立ち回りを教えてくれる

辛い気持ちをひとりで抱え込むと、うつ病のリスクも上がります。悩みがあれば、まず気軽に話せる人に相談しましょう。

新卒が新しい仕事を探すならまずは自己分析

新卒が新しい仕事を探すならまずは自己分析

いまの会社が辛くて、別の仕事をしたいと思うこともあるでしょう。転職する場合は必ず自己分析から始めるのがおすすめです。

もし、自己分析をせずに別の会社へ転職しても、辛い原因がわからなければ同じような思いをする可能性は高いです。

自己分析をして「自分がやりたいこと」や「やりたくないこと」を明確にすることで、楽しいと思える仕事が見つかります。

仕事を探す前には徹底的に自己分析することが重要です。もし、自己分析の方法がわからなければ、以下の記事を参考にしてください。

https://blog.omochi.io/parttimejob/6366/

まとめ

この記事では、新卒社員が仕事で辛くなる原因とその対処法をご紹介しました。

仕事が辛いと感じたら、一度立ち止まって「何が辛いか」原因を探ることは重要です。そのうえで誰かに相談したり、休みをとって運動や趣味でリフレッシュしましょう。

もし、別の仕事を探す場合は自己分析をしましょう。omochi診断を受ければかんたんに自己分析が行なえます。ぜひ活用してください。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)