社会人になる前にやるべき準備とは?買うもの、学ぶことを徹底解説

内定が決まり、4月から社会人になる人は「社会人になる前にやるべきことってあるのかな?」と不安になりますよね。

結論からいうと、社会人になる前に準備すべきものは、大きくわけて二種類あります。準備すべきものとは「道具」と「知識」です。

この記事では、社会人になる前に準備すべき道具と知識をご紹介します。

なるべく早く準備した方がいいものもあるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

社会人になる前に、まずは生活習慣を整えよう

社会人になる前に、まずは生活習慣を整えよう

社会人になる前の絶対条件として、生活習慣を整えることが重要です。

シフト制の仕事でない限りは、大体の会社が9時〜17時くらいの勤務時間になるからです。

最後の学生気分を楽しもうと、毎日夜ふかしをしていませんか?

もちろん、学生を最後まで楽しむことも大切ですが、社会人としての心構えを準備しておくことも重要です。いまから時間を守る練習をしないと、入社早々寝坊をする可能性もあります。

社会人として時間厳守は当たり前のことです。学生のうちから早起きをして、規則正しい生活を身につけましょう。

社会人になる前に準備しておきたいもの7選

社会人になる前に準備しておきたいもの7選

社会人になる前に準備するべき道具を7つ紹介します。

  1. 銀行口座
  2. クレジットカード
  3. 印鑑
  4. 腕時計
  5. 服装
  6. 名刺入れ
  7. 身だしなみを整える道具

必須のものから、あると便利なものまで紹介しています。会社によっても必要なものが違うため、不安なら会社に確認しましょう。

それでは、以下で詳しくご紹介します。

1.銀行口座

給料の振込先として銀行口座は必ず使います。入社する前に準備しましょう。

20歳を超えていれば、自分で銀行口座を開設できます。もし未成年の場合は、親に手続きをしてもらえば口座を開設することが可能です。

銀行口座の種類は、大きくわけて以下4種類あります。

  • メガバンク
  • ゆうちょ銀行
  • 地方銀行
  • ネット銀行

作る口座を選ぶときは、家の近くに店舗があるかで選ぶのがおすすめです。あまり変わらなければ、メガバンクで口座を作っておくと便利です。

会社によっては地方銀行やネット銀行への振込に対応していない場合があります。心配な場合も、メガバンクで口座を作りましょう。

どの銀行口座を解説していいか不安な方は、会社に確認するのが一番安全です。会社によっては新入社員全員でまとめて口座を作る機会を設けてくれるところもあります。

2.クレジットカード

クレジットカードを持っていなければ、一枚は準備しておきましょう。

社会人になれば、接待などで食事や飲み会に出かける機会が増えます。このような急な出費に対応するために、クレジットカードが役に立ちます。

現金を持っていなくても、支払いを済ませられるのが便利なポイントです。また、急いでいるときでも支払いに時間がかかりません。

使いこなす必要はありませんが、とりあえず一枚は持っておきましょう。

3.印鑑

社会人は印鑑を使う機会が多いので、必ず準備しましょう。契約書や引越し関係でも使用します。

また印鑑は「実印」と「認印」の二種類用意するのがおすすめです。

それぞれの使い道は以下のとおりです。

  • 実印:銀行開設や契約書の押印に必要。役所に届け出をする必要がある
  • 認印:実印以外のすべてに利用可能。シャチハタは100均でも購入可能

実印は届け出をする関係もあり、証明としての効力が強いです。そのため、落としたときに悪用されるリスクがあります。

なので、必ず認印も用意しましょう。そして、可能な限りは認印を利用しましょう。

4.腕時計

社会人にとって腕時計は必須アイテムです。

現代人は時間の確認をするときにスマートフォンを見ることが多いです。しかし、業界や会社によっては、仕事中・商談中にスマートフォンを見ることを禁止されていることがあります。

また、マナーとして腕時計の着用を義務付けられる会社もあります。

新社会人が腕時計を選ぶときは、安すぎず高すぎないものを選びましょう。高くて派手な腕時計をつけると、先輩や上司から目をつけられる可能性があります。

社会人として適切な腕時計をつけて、ちょっとしたオシャレとしても楽しみましょう。

5.服装

会社で指定された服装は必ず準備しましょう。

指定される服装は、以下が想定されます。

  • 通勤用の私服
  • 仕事用のスーツ一式
  • 指定された作業着

スーツを買う場合は、ブランドにこだわりすぎないようにしましょう。身の丈にあった価格のスーツを買うのがおすすめです。

それに社会人になると運動をしなくなり、体型が変わる可能性があります。数年後に切れなくなる可能性もあるので、まずは安めのスーツを買いましょう。

会社から指定された服装は毎日使うことになるため、使いまわしできる数を購入すると良いです。

6.名刺入れ

社会人は名刺交換をする機会が多いです。相手の名刺をもらう場合に名刺入れがないと失礼にあたるため、必ず準備しましょう。

とくに、営業職の場合は名刺交換が仕事です。

入社した直後に自分の名刺を持っていないことは、どうしようもありません。しかし、そのときに相手の名刺を財布やポケットに入れるのは、あまり印象がよくないです。

せめて、相手の名刺をもらうときのために名刺入れを準備しましょう。

名刺入れのデザインも派手なデザインやブランド物は避け、落ち着いたものを選びましょう。

7.身だしなみを整える道具

入社前に髪型や清潔感などの身だしなみを整えることは重要です。それに伴って、外出時に身だしなみを整える道具も用意しましょう。

以下のものがあります。

  • 手鏡
  • 整髪料
  • 化粧道具
  • ひげ剃り
  • ハンカチ
  • 歯ブラシ
  • エチケットブラシ

整髪料やひげ剃り、化粧道具は必要に応じて持ちましょう。

とくに、風が強い日や暑い日は髪型・服装・化粧が乱れやすいです。日によって身だしなみを整えられる準備をしておきましょう。

 社会人になる前に学ぶと有利なこと5選

 社会人になる前に学ぶと有利なこと5選

社会人になる前に以下の5つを学んでおくと、同期と比べてひとつ頭が抜けた存在になれます。

  1. 英語力
  2. 資格取得
  3. ビジネスマナー
  4. 職場で使う知識
  5. パソコンスキル

すべてを身につけるのは難しいです。あなたが得意なことから学び始めましょう。

それでは詳しく解説します。

1.英語力

社会人になる前に英語力を鍛えておけば、周りから一目置かれる存在になれます。

日系の企業であっても、英語力の需要は高まっているからです。

とくに急成長している企業なら、今後の展望として海外進出も考えているはずです。そこで英語力があれば、将来を期待され海外事業メンバーとして抜擢されることもあります。

基準として提示するためにTOEICを受けるのもおすすめです。自分でもスコアを上げる目標にしやすいですし、相手から見ても比較としてわかりやすいです。

必要であればオンラインの英会話もおすすめです。月に3,000円〜4,000円で始められますよ。

2.資格取得

会社に必要な資格を取得するのもおすすめです。

資格を取得するメリットは以下の3つあります。

  • 会社でできる仕事が増える
  • 知識が付くので仕事に役立つ
  • 勉強意欲があることを証明できる

専門的な作業をする職業であれば、資格取得が必須の場合もあります。例えば、電気工事会社に勤める場合は「電気工事士」や「第三種電気主任技術者」などの資格がないと仕事ができません。

資格がないと仕事ができないため、入社してから資格を取得するための期間を設けてくれることがほとんどです。しかし、最初から勉強しておくだけでも、同期とは差をつけられます。

必要な資格を把握して、早いうちに勉強を始めましょう。

3.ビジネスマナー

社会人になるうえで、職種関係なく必要な知識が「ビジネスマナー」です。

ビジネスマナーとは「社会人として仕事をするうえで必要とされる、相手に失礼のないマナー」のことを指します。

具体的には以下のとおりです。

  • あいさつ
  • 言葉遣い
  • 上座の配置
  • 名刺の渡し方
  • メールの送り方

職種によっては、名刺交換やメールのやり取りを日常的に行う可能性もあります。

はじめから完全に把握する必要はありませんが、知識として覚えておきましょう。

4.職場で使う知識

入社する業界やその会社についての知識を学んでおきましょう。

実際に使う知識じゃないとしても、その業界について知ることで仕事の進み具合いや仕事の覚えが早くなります。

電気工事や機械メンテナンス、プログラミングなどの専門的な知識が必要な業界に入る場合は、とくに事前知識が重要です。

営業や事務職の場合は語学やパソコン操作など、その他ビジネスに役立つスキルを身に着けておきましょう。

可能であれば、すでに働いている先輩からどんなスキルが必要か聞くのがおすすめです。

5.パソコンスキル

社会人になる前に最低限のパソコンスキルを身につけましょう。

最低限のパソコンスキルとは、以下のツールを使えている状態です。

  • EXCEL
  • Word
  • PowerPoint

難しい機能まで使いこなせている必要はありません。上記のツールを使って簡単な資料作成ができれば大丈夫です。

さらに、見やすい資料の作り方などを学んでおけば、周囲からも高評価を受けられます。

資料作成時に必ず使うことになるため、使い慣れておきましょう。

社会人になる前に短期バイトをしよう

社会人になる前に短期バイトをしよう

社会人になる前に短期バイトをすることをおすすめします。なぜなら、前述したように社会人になる前の準備にはお金がかかるからです。

具体的にかかる金額は以下のとおりです。

  • スーツ一式  :約3万円
  • ビジネスバッグ:約1万円
  • 名刺入れ   :約1万円
  • 腕時計    :約1万円

社会人から一人暮らしを始める方は引っ越しの費用や家具・家電、部屋の契約費もかかります。それだけでも30万円ほどはかかります。

大きな出費に備えるためには、短期バイトを始めて貯金をしましょう。

社会人になる前の短期バイトとしては、以下の項目があるとおすすめです。

  • 日払い対応
  • 一週間の超短期OK
  • シフトの融通効きます

すぐに始められる日雇いのバイトなら、給料もすぐに振り込まれます。大学生におすすめのバイトが知りたい方は、こちらのリンクから探せます。

まとめ

この記事では、社会人になる前にやるべき準備をご紹介しました。

給料を振り込んでもらうための銀行口座と業務に必要な服装は、必ず用意しましょう。仕事で使う知識も事前に勉強しておくのがおすすめです。

新入社員の準備にかかる費用が大きいため、時間がある方は短期バイトをしましょう。

短期バイトを探している方は、こちらのリンクから探せます。