転職したいけどスキルがない。不安や悩みを解決するためにやるべきこと

総務省の2019年の統計によると、過去1年間に離職を経験した人は351万人に及びます。

身近になりつつつある転職ですが「転職したいけどできない」と悩む人も多く、スキルや経験に自信がないことは理由の1つです。

年齢を重ねるにつれ再就職のハードルは高くなり、転職にはリミットがあります。

年代ごとの転職市場の傾向を知り、スキルの見つけ方ややるべきことなどのポイントを押さえて就職活動に踏み出しましょう。

スキルや経験がないと転職はできない?

スキルや経験がないと転職できない?

結論から言えばスキルや資格、経験がないと転職できないとは言い切れません。

また年代ごとの転職市場は異なり、企業が求めるスキルは年代で違いが生じることも事実です。

ここでは年代別の転職市場の傾向について、必要なスキルや重要視されるポイントとともに解説します。

成功のコツを掴めば、転職活動は不可能とは言い切れません。

【20代の転職】専門スキルは不要なケースも

労働意欲や体力、働き方の柔軟性から最も売り手市場な20代

特に20代前半は若さや労働意欲、体力などを武器にでき、スキルや資格がなくても転職しやすい傾向にあります。

しかし、20代後半になると若さや体力はあるものの、同じ求人でスキルや資格を持つ人が有利になりやすい傾向に。

20代は新卒や社会人経験済みの第二新卒、役職などに就く機会も出て、知識や経験の習得で就活は有利になります。

さくらもち
さくらもち
ITやビジネス関係のお仕事、ベンチャー企業などは20代後半もスキルを重視する傾向にあるけど、スキル不要で挑戦できるケースもあるよ。

【30代の転職】30代も前半までは追い風の傾向に

一定のスキルや経験を武器にでき、企業の即戦力となる30代は、30代前半までの転職市場は特に好調です。

30代という時期は男性はもちろん、出産や育児を済ませた女性も、転職を意識する時期。

マイナビが2020年に実施した「マイナビ転職動向調査」では、30代女性の5~8%が正社員への転職に成功しています。

出産や育児等で休暇に入る可能性のある30代女性は20代女性に比べ、転職率は低い傾向に。

ただスキルや経験を武器にでき、まだまだ働き盛りな観点から、男女ともに30代での転職は可能です。

スキルなしでの転職活動は後悔する可能性もある

スキルなしでの転職活動は後悔する可能性も

スキルなしで募集をかける企業もありますが、リスクが高く転職を後悔するケースもあります。

後悔する具体的な内容は以下。

  • 新しい環境への順応力は不可欠
  • 前職の常識は通じない
  • スキル習得に手一杯となる

やる気や行動力はもちろん重要ですが、全くスキルのない状態での転職は負担も多いです。

そのため、最低限のスキル習得は転職を成功する上で必須だと考えられます。

企業が未経験やスキルなしで募集をかける心理とは

未経験やスキルなしで募集をかける企業もあります。

未経験可の募集をかける理由は以下。

  • 慢性的な人手不足
  • 多種多様な業界のスキルを欲している
  • 1から教育できる人材が良い

このように、未経験を求める理由には必ず理由があります。

単に「未経験OKだからできそう」と飛びつくのではなく、企業が募集をかけている背景を想像することが大切です。

企業がなぜ未経験を募集しているのか、求めている人材をについても考えてみよう。
あんこもち
あんこもち

『転職したいけどスキルがない』と感じる人がやるべきこと

『転職したいけどスキルがない』と感じる人がやるべきこと

スキルとは専門的なもの以外に、現職での業務で習得した経験なども含まれます。

あなたにとっては少しのスキルや知識であっても、周りからすると立派だと感じるケースも。

これから紹介するスキルの中で、少しでも取り組めそうなものとは積極的に取り入れてみてください。

経験や実績の棚卸

現職で身に付いたスキルの棚卸で「現場で経験したからこその経験や知識」に気づきます。

専門の知識や言語力など以外にも、普段の業務で必ずスキルは身に付いています。

具体的なスキルは以下。

  • ExcelやWordの基本操作
  • 請求書などの書類の整理をしている
  • 後輩のサポートをしていた
  • PCの操作を担っていた

経験やスキルは、普段ルーチンワークで行っていたような業務で構いません。

毎日取り組んでいた業務は得意ということですし、高レベルのスキルへと導ける可能性があります。

転職したい業界・業種のスキルや資格を身につける

転職を目指す業界や業種の「基礎知識やスキル、資格の習得」もやるべきことの1つです。

客観的な基準となる資格は転職でもアピールしやすい資料となります。

例えば営業職に就きたい人は、日本営業士会の「営業士検定」、日本商工会議所の「販売士検定」などの資格。

勉強方法は職業訓練やオンラインでの勉強、参考書や動画など独学で学ぶなど、資格によって異なります。

専門の資格はあなたの実力を判断する基準となり、企業側の信頼も得やすいです。

仕事に役立つ!社会人が持つべきおすすめの資格10選を紹介

ヒューマンスキルを磨く

ヒューマンスキルとは、業務をスムーズに進める力で、良好な対人関係を構築する上で欠かせないスキル。

具体的には、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力、交渉力、リーダーシップ性などがあります。

ヒューマンスキルの習得によるメリットは以下。

  • 自分の考えを上手く相手に伝えることができる
  • 周りの人の考えを明確に引き出せる
  • チームメンバーのやる気を導きだせる

スキルを持つ人材は企業をより良い方向へと導くため、会社全体に影響力を与えるため、重宝される存在となります。

転職でアピールしやすい3つのスキル

転職でアピールできるスキル3つ

転職活動において今持つスキルに加えアピールポイントを足すことで、さらに強みを持つことが可能です。

転職活動でアピールしやすい3つのポイントは以下。

  • ビジネスマナーや営業力
  • コミュニケーション能力や言語能力
  • PCスキル

アピールポイントが見つからない場合、3つのスキルを意識して取り入れることがおすすめです。

営業力やビジネスマナー

ビジネスマナーや営業力などで、営業活動を進める能力を身につけ、企業の売り上げを伸ばすことが可能になります。

特に20代後半からは即戦力であるかも注目され「転職でアピールできる具体的な実績や数字」は積極的にアピールできます。

自らを売る姿勢は欠かせず、ビジネスマナーは円滑な関係を気付くうえ不可欠です。

ビジネスマナーは以下。

  • 服装マナー
  • 商談中のマナー
  • 商談前や後のマナー
  • オンラインでのマナー

親しい間柄で礼儀が欠かせないように、ビジネスにおいても良好な関係を作る上でマナーは必須になります。

ビジネススキルとは何か?仕事に役立つ能力を向上させるベストな学びも解説

コミュニケーション能力・言語力(英語など)

ビジネスマナーと同じく大切になるのが、コミュニケーション能力言語力です。

現職でコミュニケーションスキルを身につけた場合は特に転職の際に、アピールしやすいポイント。

コミュニケーション能のアピールは以下の特徴から企業は好印象を受けます。

  • 企業と円滑な関係を気付ける
  • 取引先との円滑な関係を気付ける

相手の考えをくみ取り、行動に移す力であるコミュニケーションスキルがあると、信頼関係の構築も可能です。

また、英語などの言語を流暢に使えるスキルもアピールポイントの1つ。

英語能力は、特に仕事で海外を相手にする場合に重要視されます。

さくらもち
さくらもち
TOEICや英検などの資格は、英語力の証明にもなるね。

分かりやすく砕いた言葉で、相手の立場に立ち会話ができると、仕事においての対人関係もスムーズになります。

PCスキル

現在、ほとんどの企業でPCスキルは必須となり、パソコンできないと仕事内容が狭まるケースも

特にエンジニアなど、ITやビジネス関連の企業に勤める場合、プログラミングスキルやサイトを運用するスキルなどは重要視されます。

ただビジネス関連以外の企業は、ExcelやWordの機能を使いこなせるスキルがあれば、問題ない場合もあります。

また周囲との差別化には、MOSの試験など実際にパソコン関係のスキルを身につけることもおすすめです。

転職活動の事前準備は念入りに行おう。

転職活動の事前準備は念入りに

転職活動はスキルの有無は注目されますが、事前準備も大変重要です。

就職活動では履歴書や職務経歴書、自己分析や業界研究などやることが多く、全て力を抜くのはは難しい傾向に。

また、以下に配慮を忘れないようにしてください。

  • 志望動機や自己PRは企業で変える
  • 身だしなみやマナーを普段から意識する

ただ準備をするのではなく、企業に合わせて事前準備を行うことが大切です。

転職活動で自分に合った職に就くには、自分や仕事・企業への知識を深めて自分にマッチする仕事を探しましょう。

さくらもち
さくらもち
まずは、キャラ診断で自分に合ったお仕事を探してみよう!
キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

転職したいけどスキルがない人は、一歩行動が解決の近道。

転職はスキルがなくても成功するケースもありますが、20代の方が有利に働く点や事前準備が必要であることを理解する必要があります。

転職では若さやポテンシャルのほうが評価されることもあり、年齢に左右される市場だからこそ早めの挑戦が重要です。

また事前準備をすると、転職したい理由がさらに明確になり、転職活動もスムーズになりますよ。

転職したいけど自分に合った仕事が分からない方は、無料診断であなたにぴったりの仕事をご紹介します。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)