就活中のバイトはおすすめできる?辞めるタイミングや両立のポイントを解説

 「これから就活が始まるけど、バイトは続けたほうがいいのかな?」
「就活中もなるべく働きたいけど、うまく両立できるか心配…」

とお悩みではないでしょうか。

就活とバイトの両立は可能です。しかし、注意点を抑えないと就活もバイトもうまくいかない、なんてことになる可能性も。

そこでこの記事では、就活中のバイトは週何回が利用なのか、両立するための注意点、最後に就活中におすすめのバイトを紹介します。

「omochi」では、あなたの性格に合わせておすすめのバイトを紹介しています。「自分がどんなバイトに向いているのか気になる!」という人は、ぜひ診断を受けてみてください!

就活中もバイトをする人が多い理由

就活中もバイトをする人が多い理由

就活が始まると、集中するためにバイトを辞める人が多いと思うかもしれません。しかし、実は就活中もバイトをする人がほとんどです。

就活には何かとお金がかかります。例えば、就活に関する出費には以下のものがあります。

  • リクルートスーツやかばん、靴など
  • 履歴書や証明写真
  • 面接会場までの交通費
  • 面接対策・SPI対策などの書籍
  • 合間時間のカフェ・ネットカフェ代
  • 宿泊費

リクルートスーツやかばんは数万円かかりますし、履歴書や証明写真はエントリーのたびに必要です。

また説明会や面接の間の時間を潰すためのカフェ代やネットカフェ代もバカになりません。さらに、県外の企業に応募する人は宿泊費も必要です。

このように、就活にはお金がかかります。その費用に当てるために、就活中もバイトをする人が多いというのが実情です。

さくらもち
さくらもち
特に宿泊費は1回あたりの金額が大きいから、本社が県外にある企業の面接が重なって大変な思いをする人も多いよ。

就活中はバイトの日数や時間を減らす人が多い

就活中はバイトの日数や時間を減らす人が多い

とはいえ、就活中はそれまでと同じようにバイトに入るのは難しいです。

就活は説明会や面接の時間はもちろん、エントリーシートや面接の練習、OB訪問などの準備にも時間がかかります。

また就活はほぼ全員が何社も応募することになり、その分だけ準備が必要です。必然的に就活のために時間がかかり、バイトをする時間は減ります。

あんこもち
あんこもち
先輩たちが就活が忙しいって言うのは、何社も受けてるからなんだね…それはバイトする時間も少なくなるよね。

就活中のバイトは週何回が理想なのか

就活中のバイトは週何回が理想なのか

では、就活中はバイトを週何回にするのが理想的なのでしょうか。

結論、週何回が理想なのかは人により異なります。親御さんがある程度負担してくれる家庭もあれば、県外の企業をメインに受ける人など、必要な金額は人それぞれだからです。

また就活も人それぞれペースが異なります。たくさんの会社を見たい人はスケジュールが就活で埋まりますし、プライベートやバイトとバランスを取りたい人はもう少し時間的には余裕があります。

さらに、バイト先によっては就活中でもなるべくバイトに入って欲しいと要望してくる可能性も。

そのため、就活中に週何回入ればいいかは人それぞれ異なるのです。とはいえ、週1〜2以上、月3万円程度稼ぎながら就活する人が多いようです。

さくらもち
さくらもち
就活にかかる時間とバイトの時間のバランスを考える必要があるんだね。

就活中もバイトを続けるメリット

就活中もバイトを続けるメリット

また就活中にバイトを続けることには、金銭的なもの以外にもメリットがあります。それは、就活のストレスをバイトで解消できることです。

就活はエントリーシートや履歴書の作成だけでなく、自己分析、面接の練習など、普段やらないことをする必要があります。

また就活がうまくいかなかったり、圧迫面接を受けたりなど、就活すると何かとストレスが溜まるものです。さらに採用がなかなか決まらないと焦りや不安が生まれます。

そんな時、バイト先の同僚に悩みを話したり、バイトで時間を忘れて働いたりすることで就活のリフレッシュになることがあります。

人に話すことや何かに没頭するのはストレス発散になるので、その手段としてバイトをするのも良い方法でしょう。

あんこもち
あんこもち

お金以外のメリットもバイトにあるんだね!確かにストレスは解消できるかも。

就活のためにバイトを辞めるタイミングは?

就活のためにバイトを辞めるタイミングは?

とはいえ、就活に集中したいからバイトを辞める人も中にはいます。

就活を理由にバイトを辞めるときは、次の2つを満たすタイミングにしましょう。

  • 遅くとも就活が始まる前の月までに辞める
  • 繁忙期を避ける

バイトは誰かが辞めると、別の人員を補充する必要があります。新しい人を採用するには最低でも1ヶ月はかかると考えられるので、最低でも就活が始まる前の月までには辞める必要があります。

また繁忙期に辞めると、バイト先はシフトに空いた穴を埋めるのが非常に大変です。業務が回らなくなる可能性もあり迷惑をかける恐れがあるので、繁忙期はなるべく避けましょう。

そのほか、可能であれば前もっていつ辞めるかを伝えておけば、よりスムーズに辞められます。

さくらもち
さくらもち
辞めるなら早めに伝えるべきってことだね。

就活とバイトを両立するために注意すべき点

就活とバイトを両立するために注意すべき点

就活をバイトを両立する場合、次の点に注意しましょう。

  • バイトで就活に影響が出ないようにスケジュールを調整する
  • 休みもスケジュールに入れる
  • 就活中であることをバイト先に伝える
  • できるだけ貯金しておく

順番に解説していきます。

バイトで就活に影響が出ないようにスケジュールを調整する

バイトと就活の両立で重要なのは、スケジュールの調整です。

就活前と同じようにバイトを入れてしまうと、以下のようなことになる可能性があります。

  • バイトで帰りが遅くなり寝不足で面接を受けることになった
  • バイトの疲れが原因で十分な対策ができなかった
  • バイトと面接の日程が被ってしまった

就活のお金やプライベートのためにお金を稼ぐのも大事ですが、就活生はあくまであくまで就活を優先させるべきです。

バイトが原因で就活に影響が出ては本末転倒なので、面接や試験の前にはバイトを入れない、バイトと日程が被っていないか再三確認するなどの対策が必要です。

休みもスケジュールに入れる

前述の通り、就活は何かとストレスが溜まります。空いた時間にバイトをするとストレス発散になるからと、就活とバイトでスケジュールを埋めてしまうと、休む時間が全く取れずに疲れが溜まります。

その結果、体調を崩してしまう人も実際に多いです。常にスケジュールが埋まっていると不測の事態に対応できないので、余裕を持って休みもスケジュールに組み込むことをおすすめします。

就活中であることをバイト先に伝える

また就活をしていることはバイト先に伝えるべきです。

就活していることを隠していると、普段通りシフトを組まれてしまい就活の時間が取れない可能性があります。

逆に就活していることを伝えておけば、あらかじめ時間帯が決まっているバイトでも融通を効かしてもらえたり、週のシフトを減らしてもらえる可能性があるのです。

また、急に就活を始めたと言ってもシフトを変更してもらえない可能性もあるので、なるべく早めに就活する時期を伝えるとより調整しやすいくなります。

できるだけ貯金しておく

就活中はそれまでと異なり、バイトできる時間が減ります。そのため毎月の収入も減るだけでなく、就活にもお金がかかるため赤字になることも珍しくありません。

お金がなくて就活できないなんてことにならないよう、就活前にはなるべく貯金しておくことをおすすめします。

就活中にバイトで稼いだお金を当てにするのではなく、あらかじめ金銭的にゆとりを持っておくと、就活にも余裕を持って挑めます。

あんこもち
あんこもち

就活をするなら、時間やお金の面で余裕を持って調整できるようにするべきってことだね。

就活中におすすめなバイトは?

就活中におすすめなバイトは?

もし就活中にバイトを始めることになった場合、次のようなバイトがおすすめです。

  • 日雇いバイト
  • 土日のみ・夜のみのバイト

それぞれ紹介します。

日雇いバイト

シフト制ではなく日雇いなら、毎週決まった時間にバイトに入る必要はありません。

就活の空いた時間に働けばよく、自由にスケジュールを組めるため就活とも両立しやすいです。

「omochi」では、こちらから日雇いのバイトを探すことができます。

土日のみ・夜のみのバイト

また就活がない土日のみ・夜のみのバイトもおすすめです。

説明会や面接は平日の日中に行われることがほとんどなので、夜や土日であれば就活と被ることはありません。

「omochi」で掲載中の土日のバイトはこちらから、夜に働けるバイトはこちらから探せます。

ただし、夜遅くまでバイトで働いたために、翌日の就活の準備ができなかったり、遅れたりしないようにスケジュールの調整には気をつけましょう。

まとめ

今回は、就活中のバイトは週何回が利用なのか、両立するための注意点、最後に就活中におすすめのバイトを紹介しました。

就活中でもバイトすることはできますが、あくまで就活が優先です。あらかじめバイト先に相談したうえで、スケジュールを調整しましょう。

当サイト「omochi」では、あなたの性格にピッタリのおすすめバイトをご紹介します。副業バイトを探す際に、ぜひ一度診断を受けてみてください。