20代で初挑戦。後悔しない転職をするために知っておくべきこと

20代で初めて転職をするけど……
何を知って動けば転職を成功させることができるんだろう?
あんこもち
あんこもち
今まで転職を経験してきた人はどうやって転職活動を成功させてきたのか気になるな……
あんこもち
あんこもち

こちらの記事は転職経験者の話をもとに20代で初めての転職をする人に向けて

  • 転職において大事な考え方
  • 転職において必要な準備

について書いていきます。

最後まで読んでいただければ、どうすれば満足のいく転職ができるかを知ることができますよ。
また、こちらの記事は  20代で一度転職を失敗してしまったけど何が敗因だったのか答えを探している方 にもおすすめです。

さくらもち
さくらもち
ぜひ最後まで読んでみてくださいね

転職で失敗した人の後悔ポイントは?

転職活動するからには満足のいく転職をしたいよね!
あんこもち
あんこもち
そう、誰もが転職するからには成功したい。

次は自分が満足のいくところで働きたい!そんな想いで活動しようとしている人がきっと多いですよね。

転職満足度は自分が譲れない条件×マインドで決まる

序盤からこんなことを言うと怒られそうですが「転職が失敗したか成功したか」は 転職後の結果論にすぎません。 

事実、転職したその後も自分の行動や環境によって状況は変化し続け、成功か失敗か結果がわかるのはずいぶん後になります。

ただ、転職後に自分が自信を持って「転職をしてよかった」と思えるのであれば今回の転職は良い転職だったということになります。

前提条件として、転職は 自分が譲れない条件の部分とマインドの掛け合わせで活動後の満足度も変わってくる ということを転職活動をする前から知っておいて欲しいのです。

ここでいう譲れない条件とマインドとは

  • 譲れない条件の部分=会社で働く際の最低条件
  • マインド=(多方向から考えてみることを前提とした)気持ちの持ち方

では、転職後に満足できず、「失敗した」と思ってしまった人たちが後悔したポイントとはなんでしょうか。

さくらもち
さくらもち
初めて転職に挑もうとしている人は気になるところですよね。

20代の転職希望者は3割。多数は初心者

20代で転職をしたいと思う人の割合はおよそ3割と言われています。

そして、20代で転職をしたいと思うピークは23〜25歳。

これが初めての転職だという人も多いよね!みんな意気込んで転職活動するのに、後悔する原因ってなんだろう?
あんこもち
あんこもち

転職後に「失敗した」と語る人の後悔ポイントは?

転職後「失敗した」と語る多くの人がやっておけばよかったと後悔したことがあります。

それは転職前にしっかりとリサーチをしておけばよかったということです。

「え?そんなことわかってるよ!」という声も聞こえてきそうですが、実際に  20代の転職者には初めて転職を経験する人が多いのにも関わらず、ただ興味本位で安易に転職活動を進めようとする人もいます。 

ごく当たり前ではありますが、「本気で転職がしたい」「なりたい自分像が叶う会社に行きたい」のであれば、精一杯まずはリサーチをしっかりすることがまず一つ重要なのです。

ではまず何をリサーチすべきなのでしょうか?

さくらもち
さくらもち
「わかっているよ」と思う方でもリサーチ漏れがないかどうかをしっかりチェックしていきましょう!

転職でリサーチすべき事柄とは

転職活動でリサーチすべきことは

  • 自分自身(現状)について
  • 転職先の会社について

大きく分けてこの2点です。

では次から説明していきます。

自分自身(現状)について知る

先ほど、リサーチすべきことの一つとして「自分自身(現状)について」と書きましたが、具体的に説明していきます。

どうして転職したいのか整理する

まずは「どうして自分が転職したいのか」をしっかり整理することです。これが非常に大切です。

ここで重要なのは「何がどう改善されたら自分は転職してよかったと思えるのか」を洗いざらい書いていくことです。

  • 仕事内容
  • 職場環境
  • 労働条件
  • 人間関係
  • 資格取得

など

自分の希望が100%叶うという会社はありません。

しかし、希望の多くが叶ったら、きっとあなたは「転職してよかった」と思えるはずですよね。

自分のキャパについて把握する

また、合わせて自分のキャパシティについても把握しておく必要があります。

それは

  • 転職活動ができる財力(貯金など)はあるのか
  • 転職に費やす時間はあるのか

と言った自分自身の時間や金銭面でのキャパシティについてです。

なぜなら、 もし今の仕事を辞めて転職活動をするなら生活を継続するための貯金が必要ですし、転職自体にもお金がかかります 

逆に、もし今の仕事を継続しながら転職活動を続けるには会社にバレないように転職活動を進めないといけません。

  その場合には休日や出社前または定時後の時間を割いて転職活動をする必要があります。 

なかなか新しい職場が見つからなければ焦る気持ちも出てきてしまうでしょう。それで本業に支障が出ることがあるかもしれません。

慣れない転職活動は精神的にも負担があるため、経済面で追い込まれると更なる負担に。

そのため事前に、わかる限りのキャパシティを確認しておくことは重要です。

さくらもち
さくらもち
転職活動にはそれだけの時間とお金、労力がかかることは覚悟しておこうね。

転職後どうなっていたい?

では次に自分が転職した後、どうなっていたいかを整理しましょう。

  1. なんの業界で、どんな会社で、なんの職種で、どんな仕事をしたいのか、誰(客)を相手とした仕事をしたいのか
  2. 数年後まで自分がどうなっていたいか1年後 3年後 5年後 10年後に分けてどういう立場になっていたいのか)
  3. 仕事をする際の環境についてどういう人と働きたいか、どういう人を相手に働きたいか、どんな先輩や上司と働きたいか、どういう場所で働きたいのか、リモートor出社、転勤の有無、海外勤務の可能性 など)

自分が成長したい姿」「目指したい像」が明確なのであれば、のちに転職してよかったと言える第一歩。

自分自身の気持ちを知ることによって、自分が仕事に対して譲れない条件というのが見えてきます。

それを絶対条件として企業を探していくと、 転職先と自分の気持ちの相違が起きにくくなります。 

転職はゴールではない

よく転職=ゴールだと思い込んでがむしゃらに活動を進める人がいますが、それは違います。

さくらもち
さくらもち
転職先で自分がやりたいことが叶うからこそ、そこがスタートだよ!

よくある失敗のケース

失敗パターンを二つあげると

パターン1|転職自体が目的

1つめは目先の嫌気に眩み、転職したい(=転職自体が目的)という場合。

このように転職をゴールとしてしまっていると、それが結果として「前の会社の方がよかった」「転職先を間違えた」と後悔してしまう原因になります。

大切なのは

  • 転職先からがスタートだと思うこと。
  • 自分がなぜ転職したいのか」や今の会社では叶わない「叶えたい像」をはっきりとさせて転職をすること。

 

パターン2|自分がどうなりたいかがあやふや

2つめは自分がどうなりたいかが、あやふやなまま転職活動を始めた場合。

1つ目でも少しふれましたが、「自分が叶えたい像」がはっきりしていないと、転職しても「思っていた仕事と違う」「こんなはずじゃなかった」と思ってしまったり、転職活動中も軸がぶれぶれ。

挙げ句の果てには他人のせいにして、また転職を繰り返してしまうという悪循環に陥ってしまう人も。

それは避けたいな……
あんこもち
あんこもち

「転職先で自分がどうなりたいか」を明確にする。そうすることで、活動中も迷いが生じにくいです。

また、それによって転職後も自信を持って「転職してよかった」と思えます。

さくらもち
さくらもち
転職したい理由が明確になっている場合は面接時の受け答えにも困ることがないよ!
  一本の芯を持って転職活動をすることはスムーズな転職活動をするためにも非常に大切なのです。 

転職先の会社についてリサーチする

自分自身の気持ちや現状についてリサーチする一方で、転職先の会社についてリサーチすることも非常に重要です。

自分が何をしたいのかがわかってくると、どんな業界に転職したらいいかがわかってきます。また、どの企業に転職したらいいかも見えてくるはずです。

そのときに候補に上がった企業のリサーチをとことんする必要があります。

リサーチが必要な項目

  • 年収
  • 賞与や特別手当
  • インセンティブ制度 有無
  • 勤務地
  • 転勤の有無
  • 雇用体系(正社員、契約社員、派遣社員)
  • フレックスあり/なし
  • 残業の多さや年間休日
  • 副業可能かどうか
  • テレワーク、リモート可能か
  • 退職金制度あるか
  • 年金制度があるのか(企業年金、確定拠出など)
  • 社宅、家賃補助がある
  • 企業独自の健康保険組合がある
  • 従業員持ち株制度がある
  • 評価制度が明文化されているか
  • 教育研修制度があるか
  • 人事制度(成果主義型、年功序列型)
  • ジョブローテーションはあるか
  • 異動希望制度がある
  • 上場企業/非上場企業
  • 外資系
  • 企業規模(大企業/ベンチャー/中小企業)
  • 社風
  • どんな技術力・商品力が高いのか(得意としているのか)
  • 海外に事業を展開しているか

など

知る方法

  • HP
  • 採用ページ
  • その企業に務める先輩・知り合いから話を聞く
  • 四季報
  • 企業情報検索サイトを利用する

などがあります。

入社した後の「こんなはずじゃなかった」を未然に防ぐために調べておく必要があります。

20代前半と後半で転職できる幅が変わる

20代で転職したいと思う人の中には未経験のことにチャレンジしたいと思う人もいるかもしれません。

また、ステップアップを図るために自分の経験や資格を活かした転職をしたいと考える人もいるでしょう。

 実は年齢によっても採用側の目線が変わる  ため注意しておきたいことがあります。

年齢に応じで変わる採用側の目線を知る

率直にいうと、未経験職種に転職したいと思うならば  20代前半の方が採用される可能性が高くなります。 

なぜなら、20代前半の転職は採用側も経験より人間性や素養、仕事に対する熱意など根本的な部分を見ている場合が大きいからです。

20代後半からはその人の経験や資格を見て採用をする企業が多数を占めます。
未経験者を歓迎とする企業が全くないわけではありません。
しかし、20代後半から 未経験の仕事に就くことは難易度が高まると思った方が良いのです。 

最悪の場合には 未経験でも良いから人を集めたいと思っている企業もあります。  その中にはブラック企業と呼ばれる会社や未経験でも入社まもなく裁量を求められる会社もあります。
要注意してみておく必要があるので覚えておきましょう。

失敗を避けるためには20代後半で転職活動をするならば自分の経験や資格を活かした転職の方が良いと言えます。

合わせて読むならコチラ

仕事に役立つ!社会人が持つべきおすすめの資格10選を紹介

20代ステップアップのための転職について知る

自分の経験や資格を活かし「本当にやりたいこと」や「なりたい像」を考えたとき、その会社では叶わないのであれば転職活動をしてみる。

それがステップアップのための転職です。

そうすると必然的に志望する企業は絞られてきます。

この段階では次のようなリサーチが重要になってきます。

その会社では…

  • 自分が持っている経験や資格を活かすことができるのか
  • 先輩たちはどういう働き方をしているのか
  • 自分が目標としている資格は取れるのか
  • 自分がしたいと思っている仕事ができるのか
  • 転職できたとして、自分が目標としている職位に到達するまでにはどれくらいかかるのか

など

さくらもち
さくらもち
先ほどの「転職先の会社を調べる」点にも近い部分があるけど、より核心をつくリサーチが必要となってくるよ!

 

後悔しないためにしてはいけない転職を知る

20代で転職したいと思う人の中には転職理由が「後ろむき」な人もいます。

その場しのぎな考えから転職を逃げ道の手段にするのはやめましょう。

求める条件×マインドで満足度が高まる

自分の希望が100%叶う会社などありません。

全ては自分が求める条件と自分のマインドの掛け合わせで仕事や会社への満足度は高まります

例えば1〜5までレベルを可視化したとします。自分のマインドが1ではいくら会社が好条件の5であっても1×5=5のまま

自分のマインドが高く5であれば、企業が好条件の5で5×5=25の振れ幅まで高まります。

マインドは自分が持っている気持ちの問題。いかようにも考え方次第で変えられる部分です。

問題に向き合うという経験

例えば「人間関係に悩んで転職したい」という悩みをよく聞きます。

働く環境において、人間関係はとても大事です。

しかし、人間関係をうまくやっていくという課題はどの会社でもつきまといます

「この人が嫌だから、転職したい」と諦めの気持ちで転職に意識を向けるのではなく、問題に向き合うことも経験

 これは自分の「人間関係で苦手な人と向き合ってみる」というマインドで問題解決へ道が開けるかも知れないものです。 

人間関係というのは相手にも問題があるかもしれませんが、少なからず自分にも問題があると思って、一旦考えてみることを例にすると…

人間関係の悩みだったらまずやるべきステップとして

  1. その人とうまくやる方法を考える
  2. 先輩や同期など周りの信頼できる人に相談す
  3. 部署異動を申し出てみる

という順を追っていくと、転職を考える前にできることが見えてきます。

これを何も考えないままに、もし転職活動をして次の職場が決まったとしても、また似たような壁にぶつかった時に嫌だと思って辞めてしまうことになります。

この場合は人間関係を例に出しました。

ただし、間違えて理解してほしくないのは、無理をしろと言うわけではありません。

どうしても人間関係が厳しく、精神的に病んでしまう環境は切り捨てるべきです。

ここで大事なのは、最初のステップとして、「今の環境で改善できないかを考えてみる」ということです。

「それでも調べられない部分」を補うマインドを持つことが大事

例に人間関係を出しましたが、いくら公に出ている会社の情報を徹底的に調べたとしても、 人間関係のように自分が個として配属されるところまで調べ切れるかというのは無理があります。  

こういった場合、自分の基本軸に立ち返ると

  • 「何がしたくてこの会社に入ったのか」
  • 「どうなりたくてこの会社に入ったのか」

が明確であるとそれが叶う会社に転職できていれば、マインドも少し変わってきます。

逆に、自分がなりたい像にも近づけず、やりたいと希望していたことも出来なさそうだと思った時に予期していなかった出来事に立ち向かうマインド(気持ちやモチベーション)も変わってくるはずです。

転職は癖になりやすい

簡単に転職しようとするとそれが「癖」になりやすく、経歴書を見た採用側からも ジョブホッパー(※転職を繰り返す人) だと思われてしまいます。

このように安易に転職を繰り返した場合は書類段階で落とされてしまうような経歴作りをしている事にもなりかねません。

逆をいえば、  問題をしっかり考えて乗り越えられたなら、それも社会経験を通しての成長とみなされます。  もし、今後違った理由で転職をしたいと思った時の「壁の乗り越え方」を語る上でのアピールポイントにもなります。

20代の転職でありがちな「後ろ向きな転職」を考えていないかを振り返ることも大事なんだね
あんこもち
あんこもち

転職理由を上手く書くためにはこちらをチェック

 

 

まとめ

20代で初めて転職活動をしたいと思っている方へ向けて、最終的に自分が満足のいく転職ができたと思えるためにリサーチするべきことマインドの持ち方を解説してきました。

下準備として、しっかりリサーチをすることは「転職に失敗した」とあとあと後悔しないためにも重要なことの一つです。

また、リサーチは初めての転職でなくともさまざまな場面で重要となってきますが、初めてだからこそしっかり知っておきたいこともあります。
しっかり調べて、堅実に転職活動を進められれば後悔のない転職が叶うはずです。

自分自身のことを整理した上で、一番キーになる条件は何なのかをはっきりさせましょう。
そして逆境に負けないマインドを持てれば、転職後もしっかり新天地を楽しみ、仕事をすることができます。

あなたがこちらの記事を見ながら、後悔のない転職への一歩を踏み出せたなら幸いです。