転職エージェントとは?メリット・デメリットと利用方法も解説

「今の仕事が嫌だ…」

「もっとキャリアアップしたい」

と思ったことはありませんか?

いまの会社から転職したいと思ったときに、転職エージェントを利用した方がいいのか迷ったことがある人は多いです。

では、転職エージェントを利用するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

この記事では、以下の内容をご紹介します。

  • 転職エージェントとは?
  • 転職エージェントのメリット・デメリット
  • 転職エージェントを使うべき人の特徴

この記事を読めば、転職エージェントを使ってスムーズに転職できる方法がわかりますので、ぜひ最後まで読んでください。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職を希望する人と人材を欲しがる企業の間に立ち、適切な人材をマッチングさせるサービスです。

適切な企業を紹介してくれるだけでなく、転職にかかわる幅広いサポートもしてくれます。

転職エージェントがサポートしてくれるのは、以下のとおりです。

  • 求人探し
  • 自己分析
  • キャリア面談
  • 面接・履歴書対策
  • 面接のスケジュール調整

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーという担当の方が付き、 転職希望者一人ひとりに合わせた転職サポートをしてくれます。 

転職エージェントは、ひとりで転職活動が進まないときに助けてくれるサービスです。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトの違い

転職を考えたときに「転職サイト」という言葉も目にしたことはありませんか?では、転職エージェントとはどのような違いがあるのでしょうか。

転職サイトとは求人情報を取り扱っている掲示板のようなものです。そのため、一人で転職活動を進めることになります。

転職エージェントと違ってすべて個人でおこなうため、気軽に転職活動を進めたい方におすすめなサービスです。

しかし、転職サポートが一切ないため、 面接・履歴書の対策やおすすめの求人を探すことも一人でおこないます。 

自己管理ができて対策をひとりでこなせる方にはおすすめの方法です。しかし、現職を続けながら転職活動し、多忙な中でスケジュールを管理するのが苦手な方は挫折しやすいです。

転職エージェントを利用する5つのメリット

転職エージェントを利用する5つのメリット

転職希望者が、転職エージェントを利用するメリットは以下の5つです。

  1. 働きながら転職活動ができる
  2. 客観的な自己分析ができる
  3. 提出書類の添削や面接対策ができる
  4. 企業にアピールしてくれる
  5. 非公開求人を紹介してくれる

転職には手間がかかり時間とエネルギーを使うため、転職エージェントを使えば時短になります。

それでは、以下でメリットを解説してきます。

1.働きながら転職活動ができる

転職エージェントは、面接の日程調整や給料の条件交渉など、面倒な調整をすべておこなってくれます。

企業ともこまめに連絡を取る必要がなく、 残業の多い仕事を続けながらでも転職活動を円滑に進められます。 

日程調整や手続きが面倒なイメージがある転職活動ですが、転職エージェントを利用すると手間が減ります。

2.客観的な自己分析ができる

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーと相談しながら客観的な自己分析ができます。

就職をするということは、言い換えると「中途採用される」ということです。

中途採用される人には、新卒者と違ってスキルや仕事の適性がある人材を求めています。

そのため、キャリアの棚卸しをして自己分析をすることで、 自分のアピールポイントを見つけることが重要です。 

キャリアアドバイザーがいれば、あなたの経歴や性格を伝えるだけで客観的な自己分析をしてくれます。

3.提出書類の添削や面接対策ができる

転職エージェントに登録すると、転職活動で必要な書類の添削や面接対策をしてくれます。

履歴書や面接に苦手意識を持つ人は多いです。合格の基準もわかりにくく、どう対策していいかわからないからです。

転職エージェントなら、これまで数多くの転職をサポートしているため、 企業によって異なる対策もアドバイスしてくれます。 

鬼門となる書類・面接の対策ができるため、自信をもって転職活動にのぞめます。

4.あなたに合う求人を探してくれる

転職エージェントに登録した際に、キャリアアドバイザーと面談をおこないます。

面談の結果に応じて、キャリアアドバイザーがあなたに合う求人を探してくれるため、企業とのミスマッチが起こりにくいです。

自分で探して気にならなかった求人も紹介してくれて 「自分はこんな仕事も向いているんだ」と、新しい発見につながります。 

キャリアアドバイザーは面談をするだけで、客観的にあなたを分析して求人を紹介してくれますよ。

5.非公開求人の紹介を受けられる

転職エージェントには、一般公開されていない「転職エージェントに登録した人だけがみられる非公開求人」の紹介も受けられます。

企業側は信頼している転職エージェントに「非公開求人」として紹介をしてもらうことで、より企業にマッチした人材を集めようとしています。

そのため、非公開求人で募集している人材には、 給料が高かったり新規プロジェクトを任せるなどの待遇があります。 

より質の高い求人を探すためには、転職エージェントで求人を探しましょう。

転職エージェントの3つのデメリット

転職エージェントの3つのデメリット

転職エージェントを利用する際には、以下のデメリットも存在します。

  1. 自分のペースで転職活動を進めづらい
  2. 担当者がハズレの場合がある
  3. 希望の求人に応募できないことがある

それでは、以下でチェックしましょう。

1.自分のペースで転職活動を進めづらい

転職活動のほとんどの流れを転職エージェントに任せられる反面、自分のペースで進められないというデメリットもあります。

転職エージェント側としては「なるべく早く転職させたい」と考えているからです。

転職エージェントもビジネスのため、 なるべく多くの求職者を効率よく転職させたいと考えています。 

人によっては「転職を急かされている」と感じる人もいるでしょう。

気持ちを整理しつつ自分のペースで転職活動をしたい方には向いていません。

2.担当者がハズレの場合がある

評判のいい転職エージェントに登録しても、担当してくれるキャリアアドバイザーによっては質が悪いことがあります。

ハズレのキャリアアドバイザーの特徴は、以下のとおりです。

  • 態度が高圧的に感じる
  • そもそも話が合わない
  • 要望を全然聞いてくれない

「合わない」と感じるキャリアアドバイザーが担当になると、転職活動は円滑に進みません。

しかし、 どうしてもキャリアアドバイザーと合わないという場合は、変更してもらうことも可能です。 

担当者がハズレと感じたら、すぐに相談しましょう。

3.希望の求人に応募できないことがある

転職エージェントを使って転職する場合は、自分が希望している職種に応募できないこともあります。

なぜなら、転職エージェントが あなたに合わないと判断した求人を紹介してくれないからです。 

「あなたの希望」と「適性のある職場」は違います。

転職エージェント的にもマッチした企業に紹介しないと、企業側からの信頼がなくなります。

転職エージェントとしての都合上、あなたが希望している職種を紹介してくれない場合があるということを知っておきましょう。

転職エージェントの利用手順

転職エージェントの利用手順

以下では転職エージェントを利用する際の、実際の手順をご紹介します。

以下の手順で、転職活動が進みます。

  1. 申し込み
  2. 面談
  3. 求人紹介
  4. 応募・面接
  5. 内定・入社

最初の申し込み以外は、転職エージェントの支持に従うだけです。難しいことはありません。

それでは詳しい内容も見ていきましょう。

1.申し込み

まずは転職エージェントに申し込みをしましょう。

登録時に以下の情報を入力するだけなので、3分ほどで完了します。

  • 個人情報(名前・生年月日など)
  • 連絡先(メールアドレス・電話番号)
  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の仕事
  • 現在の年収

申し込みをすると、2日〜5日程度で転職エージェントから折返しの連絡がきます。

2.面談

申し込みをすると、これからあなたの担当となるキャリアアドバイザーから連絡がきて、早速面談が始まります。

面談では、申込時に入力した情報をさらに深堀りした話をされたり、 今後のキャリアについて濃い内容の話をします。 

この時点であなたがやりたい仕事の条件や職種を伝えましょう。

もし今の会社が嫌で転職したい場合でも、キャリアの相談から聞いてくれるエージェントがほとんどです。

面談自体も30分〜1時間程度で終わります。

3.求人紹介

面談での情報を元に、あなたが求める条件や性格に合わせて、キャリアアドバイザーが求人を紹介してくれます。

紹介される求人はエージェントにもよりますが、5件〜20件ほどが一般的です。

転職エージェントは 転職サイトなどでは公開されていない求人も持っている ため、あなたに合う求人を探してくれます。

4.応募・面接

あなたの条件にあった求人が見つかったら、必要書類を準備して応募をします。

必要な書類や書類内容も教えてくれて、添削のサポートまでしてくれます。

また、提出日などの日程も教えてくれるので、キャリアアドバイザーの指示に従いましょう。

書類選考がとおれば面接の準備です。

もっとも 不安な面接の対策もキャリアアドバイザーがおこなってくれる ため、安心して練習してから本番に臨みましょう。

5.内定・入社

面接で受かれば、内定がでます。

内定が出たあとも、入社日の調整などはキャリアアドバイザーがおこなってくれます。

もし、現職で退職の手続きを済ませていない場合は、退職のサポートもしてくれます。

 円満退社のための手続きや引き継ぎのコツ も教えてもらいましょう。

さくらもち
さくらもち
事前に確認しておこうね!

転職エージェントを選ぶときの3つのポイント

転職エージェントを選ぶときの3つのポイント

転職エージェントを選ぶときには、以下の3つのポイントを確認しましょう。

  1. 転職先の専門性
  2. 非公開求人の多さ
  3. サービスの充実度

あなたが求める求人がある程度決まっている場合は、転職エージェント選びから重要です。

それでは詳しく解説していきます。

1.転職先の専門性

転職エージェントには、それぞれどの職種の求人が多いか特徴があります。

そのため、あなたが転職したい職種がわかっている場合は、その職種の求人が多い転職エージェントを選びましょう。

あなたが以下のような職種を目指している場合は、特化型の転職エージェントを利用しましょう。

  • IT系
  • 外資系
  • 介護系
  • 保育系

ひとつの業界につよい転職エージェントは、 その業界で繋がりがあるため企業へ紹介してもらいやすくなります。 

もし決まっている場合は、特化型の転職エージェントを利用しましょう。

2.非公開の求人の多さ

なるべく非公開求人が多い転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

非公開求人には給料や待遇が良い「質のいい求人」が集まっています。

なので、せっかく転職エージェントを利用するなら、なるべく非公開求人を紹介してもらえるようにするべきです。

 非公開求人の多さはそれぞれの転職エージェントのサイト で確認できます。

ぜひチェックしてみてください。

3.サービスの充実度

転職エージェントは、なるべく多くのサービスを受けられるところを選ぶのもおすすめです。

サービスとは以下のものをさします。

  • 応募書類の添削
  • 面接の練習
  • 給料面の交渉
  • 退職手続きのサポート
  • 入社後のアフターサポート

転職エージェントのサイトを確認しておかないと 「書類の添削なし」というところもあります。 

大手の転職エージェントなら問題ありませんが、気になるサービスがあるなら確認したほうが安心ですよ。

まとめ

この記事では「転職エージェントとはなにか」についてご紹介しました。

転職エージェントは、あなたにあった求人を探してくれる便利なサービスです。

転職は手間やエネルギーを使うため、転職エージェントを利用すれば残業で忙しいサラリーマンの方でも、円滑に転生活動ができます。

非公開求人で質の高い求人も探せます。

転職を目指している方は、まずは転職エージェントに登録して 自分にあう仕事内容を探しましょう。