Web面接でのマナーや必要な事前準備とは?面接が成功するコツも徹底解説!

近年、新型コロナウイルスの影響で対面での面接よりもWeb面接を導入する企業が増えてきました。

Web面接は、対面での面接と違って、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

今回は、Web面接をおこなう上でのマナーや事前に必要な準備、Web面接を成功させるためのコツについて徹底解説します。

Web面接とは

Web面接とは

Web面接とは、パソコンやスマートフォンを通してネット上でおこなう面接のことです。

さくらもち
さくらもち
「オンライン面接」とも言われているよ。

Web面接は対面での面接と違い、Wi-Fiなどのネット環境とスマホやパソコンなどの通信機器があれば、場所を問わずに面接をおこなうことができます。

そのため、面接会場に行く必要が無く、自宅で面接することが可能です。

交通費もかからず移動時間も無いので、対面での面接と比べてスケジュール調整が容易になります。

一方で、ネット環境がないとWeb面接をおこなうことができません。

企業によってはスマホではなく、パソコンでのWeb面接を推奨している場合もあります。

自宅にWi-Fi環境が無い場合には、Wi-Fi環境を新たに構築するか、Wi-Fi環境が整備されている場所に移動しなければいけません。

また、画面越しでコミュニケーションをおこなうので、対面と違ってタイムラグが生じてしまい、スムーズに会話ができないこともあります。

表情やリアクションが分かりづらいこともあるので、面接官の対応が素っ気ないと感じてしまうことも少なくありません。

Web面接での事前準備

Web面接での事前準備

Web面接で事前に準備しておくべきことを紹介します。

場所の確保

Web面接をおこなう上で、場所の確保は重要です。

仮に、自宅でWeb面接をおこなう場合でも、家族の会話やペットの泣き声が面接中に聞こえてしまうと、面接に集中できません。

また、面接官からも「適した場所で面接がおこなわれていない」と判断されてしまい、減点の対象となる場合があります。

そのため、Web面接に適した場所を確保しましょう。

具体的には、ネット環境が安定している場所や他人の声や周囲の騒音などが聞こえず、静かな場所がオススメです。

自宅での面接が難しい場合には、カフェやコワーキングスペースなどを探して、Web面接に集中できる環境づくりをおこないましょう。

背景の設定

背景の設定も忘れずにおこないましょう。

自宅でWeb面接をおこなう場合、背景にモノが散乱していたり、衣類が脱ぎ散らかっていたら面接官はどう思うでしょうか。

自己管理能力に乏しいと判断されてしまい、面接での評価が下がってしまいます。

そのため、背景にはモノが無いシンプルな背景を心がけましょう。

また、背景を変える方法としてツールの背景設定があります。

ミーティングツールとして有名なzoomやGoogle Meetなどは、設定からバーチャル背景として自分好みの背景にカスタマイズすることができます。

事前の連絡で利用するミーティングツールが判明したら、設定方法を確認しておきましょう。

機材の準備・設定

機材の準備もおこないましょう。

Web面接に必要な機材は以下の通りです。

  • パソコンやスマホ
  • マイク・イヤホン
  • カメラ

準備すると言っても、マイクやカメラは既にパソコンやスマホに搭載されている場合がほとんどです。

そのため、個別で準備する必要はありません。

イヤホンに関しては、周囲に人がいる場合や騒音が気になる場合には購入しておきましょう。

パソコンによっては、初期設定でカメラやマイク機能がオフになっていることがあります。

そのため、面接開始時にマイクやカメラがオンにならず、焦ってしまう応募者も少なくありません。

トラブルを防ぐためにも、マイクやカメラは事前に動作確認をしておきましょう。

また、スマホで面接をおこなう場合、何らかの衝撃で面接中に倒れてしまう可能性もあります。

未然に防ぐためにも、スマホスタンドなどの購入も検討しましょう。

面接ツールの確認

面接ツールにもzoomやGoogle Meetなど、いくつか種類があるので、面接ツールによって操作方法や機能が異なります。

また、面接する直前になってアプリを開いた瞬間、アップデートが必要な場合もあります。

アップデートの時間が長引いてしまった結果、面接の予定時間に遅れてしまうことも珍しくありません。

そのような事態を防ぐためにも、面接前に必ず一度はチェックしておきましょう。

Web面接のマナー

Web面接のマナー

Web面接をおこなう上でのマナーを紹介します。

開始時間の前にスタンバイしておく

Web面接は対面での面接同様に、5〜10分前にはスタンバイしておくようにしましょう。

時間に余裕を持ってスタンバイしておくことで、通信環境の設定を改めて確認したり、マイクやカメラのチェックを再度おこなう事ができます。

対面での面接と違い、Web面接はイレギュラーな事態が発生しやすいです。

特にWeb面接は経験が少ない人も多いので、対面での面接よりも緊張しやすくなります。

なるべくリラックスした状態で面接をおこなうためにも、時間に余裕を持ちましょう。

通信機器の通知はオフにしておく

通信機器の通知はオフにしておきましょう。

面接途中でSNSの通知音が鳴ってしまうと、集中力が途切れてしまい面接官にも気を遣わせてしまいます。

面接は試験です。

そのため、面接官によっては面接中の通知音だけで面接に対する意識が低いと判断されることもあります。

面接以外の理由で落とされてしまっては非常にもったいないですよね。

スマホはマナーモードか機内モードに設定し、パソコンの通知は非通知にしておきましょう。

身だしなみに気をつける

Web面接でも、対面での面接と同様、身だしなみに気をつけましょう。

男性の場合には髭が剃られているか、髪をワックスで整えられて清潔感があるかチェックされます。

女性の場合には、適度な化粧で髪が長い場合にはゴムでまとめられているかなどが評価項目です。

服装に関しては、対面での面接と同じように、Web面接でもリクルートスーツになります。

Web面接であってもスーツにシワがあったり、ネクタイが曲がっている場合にはすぐに気づかれてしまうので、事前に鏡でチェックしましょう。

服装自由の場合であってもパーカーやスウェットではなく、シンプルなシャツなど無難な格好で臨みましょう。

また、Web面接では、基本的に下半身は映りません。

そのため、上半身だけ身だしなみに気をつけるという人もいますが、全身整えましょう。

面接官によっては、応募者を起立させてズボンなどもしっかり履いているか確かめることもあります。

さくらもち
さくらもち
くれぐれもWeb面接だからといって気を抜かないようにしよう!

Web面接を成功させるためのコツ

Web面接を成功させるためのコツ

Web面接を成功させるためのコツを紹介します。

大きな声でゆっくりと話す

Web面接は対面での面接と異なり、マイクを通して会話をおこないます。

そのため、マイクの性能によって声が聞きづらいこともあります。

また、周囲の騒音やネット環境によって、タイムラグが生じてしまい、対面に比べて伝わりづらいです。

タイミングがずれてしまうと、相槌が上手くいかず、面接官とのコミュニケーションが成立しないこともあるので、なるべく大きな声でゆっくりと話しましょう。

リアクションは大きくする

Web面接では、対面での面接に比べて相手の表情や仕草が分かりづらいので、通常のリアクションでは反応が薄いと思われてしまいます。

そのため、いつもよりもリアクションを大きくするように心がけましょう。

身振り手振りを交えながらリアクションすると、より効果的です。

目線はカメラを意識する

Web面接は画面に映し出されている面接官の目を見るのではなく、カメラを見ましょう。

画面に映し出されている面接官の目を見たまま話しても、カメラは上に設置されているので、伏し目になってしまいます。

面接官からすると、別の方向を向いているように思われてしまうので、常にカメラを意識して面接をおこないましょう。

カンニングペーパーを有効的に使う

Web面接ではカンニングペーパーを有効的に使いましょう。

対面での面接ではカンニングペーパーを使うことができませんが、Web面接では可能です。

あらかじめ用意しておくことで、面接を有利に進めることができます。

しかし、カンニングペーパーを使う上で注意点が2つあります。

1つ目はカンニングペーパーを置く場所です。

手元に置いてしまうと、不自然に目線が移動するのでバレてしまう場合があります。

バレないためにも、画面上に貼り付けるなどの対策をおこないましょう。

2つ目は、読むスピードや抑揚です。

読むスピードがあまりにも早いと、文章を読んでいる感じが伝わります。

また、抑揚が無いと棒読み感が出てしまい、面接官にバレる原因にもなります。

カンニングペーパーを活用する場合には、自分の言葉で考えて話しているように魅せることが何よりも重要です。

スピードと抑揚の付け方を十分に意識しましょう。

聞こえなかった場合には正直に伝える

Web面接では、ネット環境によってタイムラグで相手の声が聞こえないことがあります。

そのときには、正直に聞こえなかったことを伝えましょう。

聞き取れなかったにも関わらず、そのまま話を進めてしまった場合、会話が噛み合わず理解力に乏しいと判断されてしまいます。

さくらもち
さくらもち
Web面接で相手の声が聞き取りづらくなることはよくあるんだよ

面接官もそのことを理解しているので、聞こえなかった場合には「電波の影響で聞こえなかったので、もう一度おっしゃっていただいてもよろしいでしょうか」などと伝えることが大事です。

まとめ

今回は、Web面接をおこなう上でのマナーや事前に必要な準備、Web面接を成功させるためのコツについて紹介しました。

Web面接は、最近になって急激に増えてきましたが、慣れていない人がほとんどです。

そのため、対面での面接に比べて難しいと感じる人も少なくありません。

Web面接に自信がない人や経験が少ない人は今回の記事を参考に、事前準備やコツなどを把握した万全の状態で面接に臨みましょう。