キャリアアップとは?理想の自分になるための具体的な方法5つも解説

あんこもち
あんこもち
キャリアアップってそもそもどういう意味だっけ?
キャリアアップするためには、何をしたらいいの?
あんこもち
あんこもち

漠然と「キャリアアップしたい」と思ったことがある人はいませんか?

しかし、いざキャリアアップしようと思ったときに 「具体的に何をしたらいいのかわからない」という人は多いです。 

そこでこの記事では、具体的なキャリアアップの仕方についてご紹介します。

この記事をざっくり言うと

✓ キャリアアップとは?

✓ キャリアアップするためのキャリアプランの立て方

✓ キャリアアップするためにやるべき5つのこと

さくらもち
さくらもち
キャリアアップをする方法を知って、今日から行動しましょう。

そもそも「キャリアアップ」とは?

そもそも「キャリアアップ」とは?

キャリアアップという言葉はなんとなく使っていた人が多いと思いますが、どんな意味かご存知ですか?

キャリアアップしたいと思ったことがある人は、まずはその意味から確認しましょう。

キャリアアップとは「能力や経歴をあげる」こと

キャリアアップとは、一言でいうと「能力や経験値を積み上げて、社会的な地位をあげること」を指します。

実際に「キャリアアップした」といえる具体的な例でいうと、以下のような事例があります。

  • 会社から独立して起業する
  • 大きな仕事を任されるようになる
  • 役職がついて年収が上がる
  • やりたかった仕事に転職する
  • 資格を取って仕事の幅が広がる

上記のとおり、キャリアアップは人によって使い方が若干異なり、 幅広い意味で使われる言葉です。 

そのため曖昧な意味のまま使っていることが多いですが、意味が間違っているわけではありません。

スキルアップとの違い

キャリアアップと似た言葉として、スキルアップという言葉もよく聞きますよね。

しかし、キャリアアップと意味は異なり、スキルアップを一言でいうと「能力やスキルそのものが身につくこと」を指します。

例えば、以下はスキルアップに該当します。

  • 経験を積む
  • 資格を取る
  • 専門的な知識を身につける

キャリアアップとの関係性は、イメージとしては 「スキルアップしたことによってキャリアアップができる」 という順番です。

職種によってキャリアアップの意味が違う

キャリアアップとは職種によって、使われ方が異なります。

以下では、それぞれの職種におけるキャリアアップの具体例をご紹介します。

  • 事務職:係長・課長などの役職がつく
  • 保育士:保育園の園長などの管理職になる
  • 看護師:現場を管理する立場になる
  • 派遣社員:正社員雇用になる

職種によって、昇進の基準も違いますし働き方も違います。

そのため職種によっては、キャリアアップという言葉の使い方が異なる場合があります。

キャリアアップするためのキャリアプランのたて方4ステップ

キャリアアップするためのキャリアプランのたて方4ステップ

「管理職になる」「年収をあげる」「転職する」など、キャリアアップする方法はさまざまです。

しかし、キャリアプランを立てる方法は、共通して以下の手順でおこないましょう。

  1. 自分のスキル・経験を棚卸しする
  2. 将来のなりたい自分を想像する
  3. 足りないスキルや経験を整理する
  4. キャリアアップする手段を考える

それでは、以下で詳しくご紹介します。

1. 自分のスキル・経験を棚卸しする

まずは、今の自分にどんなスキルや経験があるのかを整理しましょう。

過去に経験した仕事や実績をまとめて、 自分の長所や短所、知らないうちに選択していることなどを明確にします。 

ポイントは小さなことでも思い出して整理することです。

意外な共通点から自分の強みがわかるかもしれません。

2. 将来なりたい自分を想像する

自分のスキルや経験を書き出したら、次は「将来なりたい自分」を想像しましょう。

ここがキャリアプランを立てる際にもっとも重要な部分です。

なりたい自分、つまり ゴールがなければ途中の道筋を立てることができません。 

「将来なりたい自分」は以下の項目で決めましょう。

  • 最終的にどんな仕事をしたいか
  • 1年後どうなっていたいか
  • 3年後どうなっていたいか
  • 5年後どうなっていたいか
  • 10年後どうなっていたいか

まずはゴールである「最終的などんな仕事をしたいか」を決め、そこにたどり着くまでの中間地点でどうなっていたいかを決めましょう。

ただし、ここで立てたプランは絶対に守らないといけないわけではありません。

会社や家族の都合で環境は変わりますし、数年経てば考えが変わることもあります。

あくまで今の理想だけで決めて大丈夫です。

3. 足りないスキルや経験を整理する

理想の自分像が決まれば、それに向かって「今、何をすべきか」を考えましょう。

まずは直近の目標である1年後の自分と比べて、自分には何が足りていないのかを考えます。

 直近の目標に向けて努力をすることでひとつの課題に集中できる ため、結果が出やすいです。

例えば、いきなり「社長になる」という目標を立ると、何十年後の目標になるので途中でやる気が無くなってしまいますが「まずは3年以内に係長になろう」という小さな目標なら、モチベーションも続きやすいです。

そのため、まずは直近の1年後の目標に対して足りないスキルや経験を洗い出しましょう。

4. キャリアアップする手段を考える

足りないことが整理できれば、後はどんな方法で達成するかを決めましょう。

キャリアアップの手段は、最終的な自分の理想によっても選ぶ適切な手段は異なります。

以下では、具体的な例をご紹介します。

  • 今の職場で年収を上げたいので、資格を取得する
  • エンジニアとしてアプリ開発を経験したいので、転職をする
  • 派遣契約から正規雇用してもらうために、積極的に仕事を覚える

いずれにせよ、 キャリアアップするためには「スキルアップ」も必要です。 

計画を立てて、ひとつずつ実行していきましょう。

キャリアアップをする方法は3つ

キャリアアップをする方法は3つ

自分で立てたキャリアプランを実現するためには、以下の3つの方法があります。

  1. 今の職場で成果を出す
  2. 同じ職種の別会社へ転職する
  3. 別の職種へ転職する

あなたのキャリアプランに適した方法を選びましょう。

それでは詳しくご紹介します。

1. 今の職場で成果を出す

「年収アップ」や「役職につく」ことを目標としている方は、今の職場で成果を出してキャリアアップする方法を選びましょう。

今の職場でキャリアアップを目指すことは、 今までの成果や信頼関係がすでに築けている状態から評価してもらえる というメリットがあります。

今の職場からキャリアアップすることを考えている場合は、具体的には以下の行動をとりましょう。

  • 資格の勉強を始める
  • 専門的な知識を身につける
  • マネジメントを学んで管理職を目指す

収入アップを目指している方は、上記の方法でキャリアアップを目指すことがおすすめです。

2. 同じ職種の別会社へ転職する

同じ職種でも、転職するだけでキャリアアップできる可能性は上がります。

なぜなら「会社の待遇」や「あなたを評価する人」などの環境が変わるからです。

例えば、アパレル関係の仕事をしている場合、同じ「服を売る」という仕事内容だとしても、高級ブランド品を扱うお店で働く方が年収は高いのです。

上記の例のように、会社やお店が変わるだけで年収が上がるパターンはあります。

また、今までどれだけ頑張っても評価されなかったという方でも、 上司が変わることによって評価される可能性もありますよ。 

3. 別の職種へ転職する

別の職種へ転職することを「キャリアチェンジ」といいますが、それによって好条件の仕事に就くことができれば、キャリアアップと言えます。

自分が本当にやりたかったことを仕事にできれば、成果も出しやすくなります。

逆に、自分が何をやりたいかわからないという方も、 転職することで自分がやりたいことが見つかる可能性もありますよ。 

おすすめの転職サービスが知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

キャリアアップするために、今後やるべき5つのこと

キャリアアップするために、今後やるべき5つのこと

キャリアアップするためには、以下の5つのことを実行しましょう。

  1. 今の職場で実績をあげる
  2. なりたい自分を明確にする
  3. 新しいスキルを身につける
  4. 定期的にキャリアプランを見直す
  5. 社内で積極的にコミュニケーションを取る

将来的に転職を考えている方でも、今の会社でできることはあります。

その場合はここで何を積み上げるかということが重要になります。今後、なりたい自分になるために動きやすくなりますよ。

それでは詳しく見ていきましょう。

1. 今の職場で実績をあげる

最短でできるキャリアアップは、今の職場で実績を上げることです。

現職で実績をあげて「理想の自分へ近づくことができる」のは、以下の理由があります。

  • そのまま昇進できる可能性がある
  • その実績を元に転職活動でアピールできる

つまり、将来的に転職を考えている方でも、現職で実績をあげることは重要です。

実績をあげるためには、 実際にキャリアアップをしている上司や先輩に「何をしたらいいか」聞いてみる のもいいでしょう。

2. なりたい自分を明確にする

なりたい自分を明確にしておくことで、キャリアアップのために「これから何をすべきか」も明確にわかるようになります。

例えば、 将来はアプリ開発をしたいのに今は工場で働いているという場合は「キャリアアップのためには転職すべきだ」 ということが分かりますよね。

なりたい自分がふわふわしていると「結局、キャリアアップのためには何をしたらいいんだろう」となってしまうのです。

理想の自分を決めてそれに沿って細かい目標設定をすることで、効率よくキャリアアップできるようになります。

3. 新しいスキルを身につける

スキルを身に着けておくことで、キャリアアップしやすくなります。

これも、 将来の「理想の姿」を明確にしておくことで「どんなスキルを身につけるべきか」が分かります。 

例えば、エンジニアになりたいなら、帰宅してからや休日に少しでもプログラミングの勉強をする。

今の職場でもいいから年収を上げたいのが目標なら、資格の勉強をするなど。

これも目標によって違いますが、スキルアップは直接キャリアアップに繋がりやすいです。

4. 定期的にキャリアプランを見直す

キャリアプランは環境や時間経過で変わってくるので、定期的に見直すことが重要です。

定期的にキャリアプランを見直すことで、計画に対して遅れている場合も修正がしやすいです。自分が今「目標のキャリア」に対してどの段階にいるかも把握できるますよね。

また、 キャリアプランを見直すことでモチベーションの継続にも繋がります。 

長期の目標であるほど、キャリアアップのモチベーションは切れやすいと言われます。

定期的に見直して理想の自分を再認識することで、モチベーションを保ちながら、キャリアアップを目指しましょう。

5. 社内で積極的にコミュニケーションを取る

社内で積極的にコミュニケーションを取ることも、キャリアアップには重要です。

とくに、あなたが「今の職場でキャリアアップしたい」と考えている場合には、会社の人とコミュニケーションは積極的にとりましょう。

なぜなら、ほとんどの会社で昇進のためにコミュニケーション能力を重視しているからです。

管理職になれば部下と会話をする機会も増えますし、クライアントと交渉する場面もあります。

そのため、役職が上がるほどコミュニケーション能力は重要になります。

また、将来的に転職を考えている場合も面接などでコミュニケーション能力は重視されるため、 社内での会話もコミュニケーションスキルを高めるために利用してもいいでしょう。 

まとめ

この記事では「キャリアアップとは何か」から、キャリアアップするためにやるべきことをご紹介しました。

キャリアアップしたいと考えた方は、まず自分の理想像を決めることが重要です。

そこから逆算して「今の自分は何をすべきか」を考えてキャリアプランを考えましょう。