【徹底解説】就職が決まらない場合に取るべき行動や対策・就職できない人の特徴を紹介!

さくらもち
さくらもち
社会人として働くのであれば就職活動が必要だね
就職が決まらない場合はどうしたらいいんだろう
あんこもち
あんこもち

これから就職活動を始めようとする人や、現在、就職活動をおこなっている人の中には、「自分は内定を獲得することができるのだろうか」という不安に悩まされている人も多いのではないのでしょうか。

そこで今回は、就職が決まらない場合に取るべき行動や対策、就職できない人の特徴などについて紹介していきます。

就職活動を控えている人にとっては参考となる記事ですので、是非最後までご覧ください。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

就職が決まらないことに不安になる学生は多い

就職が決まらないことに不安になる学生は多い

株式会社「学情」が調査したあさがくナビ2022登録会員対象者への「2022年卒学生の就職意識調査(就職活動の自信) 」によると、就職活動に不安を感じている学生は90.1%にも及ぶことがわかりました。

また、不安に感じている理由を調査した結果、「志望する企業から内定を獲得できるか不安」という答えが55.4%と、一番高かったのです。

さくらもち
さくらもち
つまり、就職活動をおこなっている半分以上の学生が、就職が決まらないかもしれないという不安を抱えているんだね

就職が決まらない人の特徴

就職が決まらない人の特徴

就職が決まらない人の特徴を紹介します。

応募書類の内容が雑

書類選考の段階で落ちてしまう人は、履歴書などの応募書類に問題があります。

例えば、同じ職種の企業だからと言って、志望動機を使い回していないでしょうか。

企業は、採用する上で応募者の志望動機を特に重視しています。

そのため、志望動機が自社ではなく他社でも当てはまる内容を書いているのであれば、抽象的だと判断されてしまい、面接官の印象に残ることはありません。

文章を使い回すのではなく、 エントリーする企業の強みを見つけて、自分なりの言葉で文章を作成してみましょう。 

また、誤字・脱字が無いかのチェックも重要です。

誤字・脱字があるだけで、採用担当者にマイナスイメージを与えてしまいます。

さくらもち
さくらもち
自分の意識を変えるだけで簡単に防ぐことができるよ!

事前準備がされていない

 就職活動において、企業研究や面接対策などの事前準備をすることは非常に重要です。 

例えば、面接において「入社してからやりたい業務」などの質問を聞かれた場合、あらかじめ企業研究をおこなっているのであれば、問題なく答えることができます。
ところが、企業研究をおこなわずに面接に臨んだ場合、その場で考えなければいけません。そこで上手くまとめることができなければ、面接官が求める答えと異なってしまいます。

その結果、自社に興味が無いと判断されてしまい、不合格となるのです。

就職が決まらない人の多くは 事前準備を怠っていることが多いです。 

もちろん、志望動機などを一言一句、暗記しなければいけないというわけではありません。

しかし、ある程度スムーズに話せるくらいの事前準備はしておきましょう。

ビジネスマナーが悪い

ビジネスマナーが身についていない場合も就職が決まらない原因となります。

ビジネスマナーと言っても、そんなに難しいことではありません。

男性であれば

  • 髪をワックスで整える
  • ネクタイをしっかりと結ぶ

女性であれば

  • 長髪の人は髪をゴムでまとめる
  • 髪の色が明るくないか事前に調整する

などの基本的な身だしなみです。

また、 入室時の挨拶や質問された時の声の大きさなどもビジネスマナーに含まれます。 

面接をおこなう上で、質問に対しての受け答え内容も重要ですが、それ以前に面接官は服装や言葉遣いなどをチェックしています。

気の緩みが表にあらわれればマイナス評価になってしまうので、最低限、面接前に身だしなみを整えて、発声練習をおこなってから面接に挑みましょう。

エントリー数が少ない

あなたは入社したい第一志望の企業がありますか?
就職活動の現実は思っているよりも厳しいものがあり、必ずしも第一志望から内定を貰えるわけではありません。ほとんどの人は第一志望に行くことがで難しいです。
そのような現実から就活生の多くはあらかじめたくさんの企業に応募するのが一般的です。

しかし、就職活動がなかなか上手く行かない人の中には第一志望の企業しか入社したくないという理由で、他の企業にエントリーしないという人もいます。

1社しか応募していない場合と10社以上応募している場合、どちらの方が内定を獲得できる確率が高いでしょうか。

当然、後者ですよね。

第一志望にこだわることも決して悪くはないのですが、 こだわり過ぎには注意しましょう。 

不採用になった時のことも考えて、保険をかけておくことが重要です。

様々な企業にエントリーすることによって、自分の視野を広げる機会にもなるから積極的に応募してみないとね!
あんこもち
あんこもち

就職活動の時間が少ない

就職活動に費やす時間が少ないことも、内定を獲得できない原因となります。

就職活動というのは、人生を左右する一つの分岐点と言っても過言ではありません。

そのため、就職活動期間中は、なるべく時間を割く必要があります。

就職活動は

  • 応募書類の作成
  • 企業研究
  • 面接対策

など、やらなければいけないことが山積みです。

そんな人生を左右する大事な時期に、アルバイトや友人との遊びに時間を費やしてしまってはどうでしょう。
企業研究が中途半端になれば、面接も不採用となってしまいます。
面接の練習をしなければ、当然うまくいきません。

さくらもち
さくらもち
就職活動期間中は、意識を切り替えてスケジュールを立てて行動してみよう!

就職が決まらない時におこなうべき対策や行動

就職が決まらない時におこなうべき対策や行動

就職が決まらない時におこなうべき対策や行動について紹介します。

信頼できる人に相談する

就職が決まらない時には、  1人で悩まず信頼できる人に相談してみましょう。 

うまくいかない場合に1人で考えていても、気分は落ち込んでしまうだけです。

家族や友人、大学の先輩などに就職活動の悩みを打ち明けることによって、思わぬヒントが得られるかもしれません。

また、大学には就職活動をサポートしてくれる進路相談室などもあります。

 エントリーシートの添削や面接練習などもおこなってくれるので、積極的に活用しましょう。 

積極的に活用することで、現状を打破できるかもしれません。

自己分析などを一からやり直してみる

就職活動が上手くいかない場合は、自己分析などを一からやり直してみることもオススメです。

就職活動が始まった当初の段階では、具体的に何をおこなえばいいのかわからないという人も多かったのではないでしょうか。

しかし、実際に就職活動をおこなっていく中で、新たな気づきや発見をすることができます。

 新たな気づきや発見を踏まえた上で、やり直してみると、自分の強みなどを再認識することができます。 
強みを再認識することで、内定を獲得できる確率が大幅に高まるよ!
あんこもち
あんこもち
さくらもち
さくらもち
自己分析に迷ったら、まずは簡単にできるキャラ診断で自分の適正がわかるよ!!
キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)

視野を広げてみる

就職活動をおこなう中で、「大手病」になる人もいます。

大手病とは、中小企業やベンチャー企業にはエントリーせず、大手企業にのみエントリーすることです。

大手病になってしまうと、自分の視野が一気に狭まってしまいます。

確かに大手企業は、教育制度や福利厚生が充実しており、高収入にも期待できるので、魅力的に感じるかもしれません。

 しかし、保守的な社風によって自分のやりたいことができず、出世争いが激しいなどのデメリットもあります。 

最近では終身雇用制度も崩壊しつつあるので、大手企業だからと言って安定とは限りません。

一方で、 中小企業やベンチャー企業では、ある程度の裁量権を持った上で業務を任せてもらえたりもするので、若いうちからスキルアップすることができます。 

もし、会社のネームバリューや福利厚生などで就職先を決めているのであれば、一度、視野を広げてみましょう。

視野を広げてみることで、自分が本来やりたいことなどが見つかるかもしれません。

学歴にこだわらない

就活生の中には、学歴コンプレックスに悩んでいる人も多いはずです。

確かに、就職活動をおこなう上で、学歴というのは企業によって一つの判断基準かもしれません。

 だからと言って、興味のある企業にエントリーしないのは非常にもったいないです。 

例え学歴を一つの判断基準としていていも、面接次第で内定を勝ち取ることは十分可能です。

さくらもち
さくらもち
自分の学歴に固執することなく、自分が挑戦してみたい企業があれば、積極的にエントリーしてみよう!

就職活動がうまくいかない場合の解決方法

就職活動がうまくいかない場合の解決方法

いくら頑張っても就職活動がうまくいかない場合もあるよね…
あんこもち
あんこもち
さくらもち
さくらもち
そんなツライ状況を乗り越えるための解決方法を紹介するよ!

就職活動をストップして休む

就職活動の状況が良くないのであれば、一度ストップして思い切って休んでみましょう。

就職活動がうまくいかない場合、心に不安がつきまといます。

面接官は、今までに数え切れないほどの求職者と面接してきました。
 心の不安がある状態で面接をしたところですぐにバレてしまい、また不採用になるという負のループになりかねません。 

そこで、一度思い切って休んでみることによって、少しは就職活動に対する心の不安が解消されるはずです。

自分の趣味に没頭したり、旅行に出かけるのもいいでしょう。

さくらもち
さくらもち
適度にリフレッシュすることで、就職活動が良い方向にいくかもしれないよ!

不採用についてはすぐに忘れる

不採用になったことをいつまでも引きずるのではなく、すぐに忘れましょう。

不採用の理由は企業によって様々です。

たまたま募集している人材と自分の相性がたまたま合わなかっただけかもしれません。

タイミングなどもあるので、不採用の理由を深く考えないことが重要です。

さくらもち
さくらもち
企業側の都合によって落とされるケースも珍しくないから、全力を出し切って不合格なのであれば、すぐに忘れて次に切り替えよう!

まとめ

今回は、就職が決まらない場合に取るべき行動や対策、就職できない人の特徴などについて紹介しました。

就職が決まらないのは非常にツライです。

しかし、就職活動に対する不安は自分だけではありません。

就活生のほとんどが不安を抱えています。

就職がなかなか決まらないのであれば、今回の記事を参考にして今できる行動や対策を取りましょう。

キャラ診断をする キャラ診断をする(2分で完了)